コーネル大学が開発した触覚フィードバック技術「Omnipulse」 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

コーネル大学が開発した触覚フィードバック技術「Omnipulse」

コーネル大学Organic Robotics Labが開発した触覚フィードバック技術"Omnipulse"がGTC 2017で発表、デモが披露された。ゴム状のシートに内蔵された空気圧を調整するシステムによって触覚を再現する。

omnipulse-haptic-skin-1021x580

体験のリアルさを重視するVRに、よりリアルさをもたらす技術として最近注目を集めているのが、ハプティクス(触角)技術だ。

VR空間の中で触れたものの触感や、振動を再現するための技術であり、様々なデバイスや技術が研究、開発されている。

コーネル大学Organic Robotics Labが開発した"Omnipulse"は、ハプティクス、ひいてはVR体験の質をさらに進化させるものだ。

5月8から11日にかけてカリフォルニア州サンノゼで開催されたGTC2017にて発表、デモが披露された。

ナチュラルな触感を再現するゴムシート状デバイス

Omnipulseの特徴は、大きく3つに分けることができる。

ゴムシート状

Omnipulseはゴム製であり、シート状のデバイスだ。

シートには空気を送り込む空間が計12個内蔵されており、そこに空気圧を送り込む。

VRの映像に併せて、空気圧の量やそれを送り込む箇所を調節することによって、触感や振動を適切に再現する。

様々なデバイスに対応

Omnipulseはゴムシート状であるため、これをヘッドセットのコントローラーやグローブ、もしくは全身装着型のVRスーツに巻きつける形で使用する。

デモはHTC Viveのコントローラーに取り付けられ、NVIDIAの開発したアプリ"VR Funhouse"をプレイすることによって体験することが出来た。

ゴム製であるため身体にもフィットしやすく、他の触角デバイスのように重量や装着感を感じることがなく、VR内での触感をより自然なものに感じることができる。

また、コントローラーからグローブ、スーツ型デバイスなど、様々な形状のデバイスに装着することができるという柔軟性も、ゴムという素材ならではの強みだ。

リアルな触感を再現

現行の触覚フィードバックデバイスが再現する触感の多くは人工的に感じられ、自然さとリアルさの再現においてはまだ開発段階にある。

しかし、Omnipulseの最大の強みとも言えるのは、それが再現する触感の"Organic"さ、つまり、より自然でリアルな触感に近づく、という点にある。

VR Funhouseのプレイ中に体感する触感、たとえば銃を発射した時の反動、オブジェクトをハンマーで、もしくは手で叩いた時の衝撃、また水鉄砲を発射した時の微妙な感覚までもが、まるで現実世界でそれらを行なっている時に感じるかのように、リアルに再現することが可能だ。

コーネル大学Organic Robotics Labとは

Organic Robotics Labは、ロボット工学の研究をするコーネル大学内のラボだ。

生物を模したロボットの開発、ソフトセンサーおよびディスプレイの開発、先進的な機械生産の手法の研究をメインに開発・研究を行なっている。

ラボはRob Shepherd教授によって率いられ、皮膚や心臓など生体器官を人工的に再現する取り組みをしている。


ディスカバリーチャンネルで特集された、タコやイカなどの電界発光する皮膚を人工的に再現する取り組み。


柔軟素材で構成されたロボットが、歩いたり地面を這ったりと、自然の生物のような動きをする。

触角フィードバックで進化するVR体験

触角フィードバック技術については様々な企業や研究機関が開発しており、これまでにも様々なデバイスが発表されている。

EXOS

日本のスタートアップ企業イクシー(exiii)が手がけるEXOS(エクソス)は、SFチックなスタイリッシュなデザインが特徴のグローブ型の触角フィードバックデバイス。

内臓の角度センサーとモーターによってユーザーの手指に反力を加えることによって、実際にモノに触れているかのような感覚を再現する。

用途はVRに限らず、ロボットやドローンの操作、リハビリなどの幅広い活用を考慮した設計がされている。

現在、EXOSはまだ開発段階で、デベロッパーやパートナー企業向けの提供を検討しているとのこと。

シナスタジア・スーツ

20170522-rezinfinite-06

PSVRソフト"Rez Infinite"の没入感あふれるVR体験を拡張するために開発された触角フィードバックデバイス。

全身装着型で、26個の振動素子を内臓しており、ゲームの進行に併せて位置や強弱に微妙な調整を施した振動が発生し、没入感を高める。

『Rez Infinite』シナスタジア・スーツ2.0究極体験! コンプリート・パックは本日再販開始

視覚と聴覚によって大部分が成り立つ現行のVR体験に触覚が加われば、それはより没入感が高まり、現実世界での体験との差が縮まっていくだろう。

触角フィードバックはまだ開発が始まったばかりの段階であり、大きな可能性を感じさせる技術だ。

参照元:RoadtoVR

参照元:Organic Robotics Lab

daisuke


ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。

最新ニュースを読む