HTC、強化された戦略パートナーと共にTGS 2016に初出展。「VIVE」試遊ブースも設置 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

HTC、強化された戦略パートナーと共にTGS 2016に初出展。「VIVE」試遊ブースも設置

HTCが東京ゲームショウ2016に初出展。戦略パートナー企業との強化されたパートナーシップと共に、同社のVR製品「VIVE」を試遊できるブースを提供する。

<以下、各企業から発表文の内容をそのまま掲載しています>

HTC CORPORATIONは、(以下、HTC)は本日、東京ゲームショウ 2016(会期:ビジネスデイ 9月15日~16日、一般公開 9月17日~18日)に初出展することを発表いたしました。戦略パートナー企業様との強化されたパートナーシップと共に、同社のVR製品「VIVE」を試遊できるブースを提供いたします。

vive_booth VR

2016年は「VR元年」と呼ばれ、国内外でVR市場は拡大を続けています。そんな中、東京ゲームショウ 2016では、初めて「VRエリア」が開設され、30以上の企業が出展します。HTCは今回、このVRエリアに戦略パートナーと共に出展し、包括的なソリューションをご紹介いたします。

HTCブースへ訪問いただければ、東京ゲームショウにて初公開となる、株式会社スクウェア・エニックス提供の「乖離性ミリオンアーサーVR」や、KDDI株式会社提供の、国内通信事業者初となる複数人参加型のau次世代VRマルチコミュニケーション「Linked-door loves Space Channel 5」などをご体感いただけます。

Vive エコシステムのパートナーシップ強化の一環として、国内販売パートナーの店舗において、「乖離性ミリオンアーサーVR」の試遊体験がいち早く可能になります(詳細、後日発表)。au直営店では、Viveが無料で体験できるイベントを、週末などに開催しています。

より没入感があり、迫力のあるVR体験は、高いパフォーマンスのハードウェアによりもたらされます。AMD、Intel、MSI、そしてNVDIA の最新のPC、最新のプロセッサー、最新のグラフィックボードを活用し、最高のバーチャルリアリティ・パフォーマンスを実現します。

さらにHTCは、より多くのお客様にViveをお届けするために、最新のPCとのバンドルセールを行うことを発表します。Viveに最適化された4つの強力なMSIゲーミングノートの中から、Viveとバンドルする製品を選ぶことができるセールで、明日から予約を開始します。

MSIのグローバルセールス・マーケティングVP 郭 緒光は、次のように述べています。「今年で創業30年、世界のプロゲーマー集団を魅了し続け、絶大な人気を誇るMSIゲーミングノートがHTC VIVEとのバンドルしたこのプレミアムパッケージを販売する事を心より嬉しく思います。8月に世界に先駆けて発表したGTX10シリーズ搭載ゲーミングノートはHTC VIVEに最適化しており、ワンクリックでHTC VIVEを楽しむ事ができるプレミアムパッケージとなっています。ビッグカメラグループ、アプライド株式会社、パソコンSHOPアーク、PCワンズといったMSI取扱販売店にて10月上旬に販売する予定です。各店舗では体験コーナーを設置予定ですので、是非店頭でお楽しみください。また本日この場でMSIがVIVE専用にチューニングしたバックパックPC“VR One”も披露させ頂きますので、是非ご覧ください。」(※製品詳細・取扱店舗はこちらをご参照ください)

HTCは、戦略パートナー様(インテル株式会社様、エムエスアイコンピュータージャパン株式会社様、エヌビディア ジャパン様、グリー株式会社様、KDDI株式会社様、株式会社サードウェーブデジノス様、株式会社スクウェア・エニックス様、株式会社デジカ様、株式会社ドスパラ様、株式会社バンダイナムコエンターテインメント様、株式会社Project White TSUKUMO様、日本AMD株式会社様、株式会社ユニットコム様)とともに、体験してこそ分かるVRの世界と消費者の接点を増やし、仮想空間ならでの豊かな体験を、最大限に消費者にもたらすよう尽力します。

HTC Corporationの北アジア統括代表取締役 ジャック・トンは次のように述べています。「この度、日本最大のゲームショウである、『東京ゲームショウ 2016』に戦略パートナー様と共に、出展できることを、大変うれしく思います。VR市場は目覚ましく成長し、その期待も日に日に高くなっています。ゲーム産業はVRと最も親和性が高い一つの産業です。我々は、Viveの優れたVR技術で、お客様に感動的な没入体験を提供しております。HTC ブースではViveを取り巻くエコシステムを形成する国内外の戦略パートナー様と共に、包括的なソリューションをご紹介いたします。ぜひとも東京ゲームショウではHTCブースにお越しください。
また、今回、ViveをMSIの最新ゲーミングノートとバンドルしたプレミアムパッケージで、お客様にご提供できることを大変うれしく思います。東京だけでなく、大阪、愛知、広島、愛媛、北九州といった全国で展開いたしますので、ぜひ従来のVive販売パートナー様の店舗に加え、新たなパッケージ販売店様にも足をお運びください。」

イベント名: 東京ゲームショウ 2016
会期: ビジネスデイ 9月15日~16日 10:00〜17:00
一般公開   9月17日~18日 10:00〜17:00
会場: 幕張メッセ(住所:〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2−1)
交通: JR京葉線 - 海浜幕張駅から徒歩約5分
地図: https://www.m-messe.co.jp/access/
ブース位置: HALL 9 / 9-W14
試遊方法: 1. 一般公開日では、試遊券1枚でお客様1名につき、10分間の試遊体験を行うことができます。
2. 「セントラルモールHALL 8」前の試遊券配布場所で、希望時間と希望コンテンツを選び、試遊券を受け取ってください。
3. 指定時間にHTCブース(HALL 9 / 9-W14)に行き、試遊券と引き換えに体験することができます。
※本オペレーションは予告なく変更される可能性がございます。詳しくは当日の東京ゲームショウ内でのアナウンスをご確認ください。
試遊ゲーム: 乖離性(かいりせい)ミリオンアーサーVR(スクウェア・エニックス)
Hop Step Sing!(AMD, 講談社)
ホラー実体験室「脱出病棟Ω(オメガ)」(バンダイナムコ)
Linked-door loves Space Channel 5(KDDI)
など
(試遊コンテンツは予告なく変更される場合がございます)

https://www.htc.com/jp/about/newsroom/2016/2016-09-12-tokyo-game-show/

koide yutaro


これからますます発展すると予想されるVR。コンテンツだけでなくその技術についても非常に気になっている技術系卒です。

最新ニュースを読む