VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR用途にも適した個人用スピーカーJBL Soundgear

2018/04/12 16:17

JBL Soundgear
JBL Soundgear

ネックピローのような形のパーソナルスピーカー

映像とともにVRへの没入感を大きく左右する要素である音声。良い音でVRを体験すれば、その世界にいる感覚は高まる。

VRヘッドセットを使うときにはイヤホンやヘッドホンで音声を聞くのが一般的だが、耳にイヤホンをはめているのが苦手、ヘッドホンが蒸れると感じる場合にはパーソナルスピーカーを試すのも良いかもしれない。

JBL SoundgearはVR専用に開発されたデバイスではないが、その性質からVRゲームをするときに使うにも適している。



JBL Soundgear

首にかけるスピーカー

首にかけるスピーカー

Bluetooth接続に対応した持ち運べるスピーカーも存在するが、一般的なスピーカーはどこかに設置して使うものであって、自分が身につけて持ち歩くようなものではない。しかし、JBL Soundgearはユーザ自身が身に付けることを前提に設計されたパーソナルスピーカーだ。

ユーザの首にフィットするネックピローのような形状となっており、着用した状態でバーチャルサラウンドサウンドを楽しむことができるという。

イヤホンとスピーカーの間

移動しながら音楽を聞きたいなら、イヤホンを使うのが一般的だ。イヤホンにも様々なタイプがあり、遮音性が高いものであれば周囲の騒音があっても音楽に集中しやすくしてくれる。

あるいは、耳に差し込むのではなく耳を覆うタイプのヘッドホンを使う方法もある。イヤホンを使うときのタッチノイズが気になるユーザや、より良い音を追求するユーザはヘッドホンを選ぶ方が満足感が高いだろう。

移動せずに単に音楽を聞くだけであれば、普通のスピーカーを使えば良い。

一見するとSoundgearを使う必要はないように思えるが、特定の状況では首にかけるスピーカーという独特のデバイスが役に立つこともあるかもしれない。

周囲の音が聞こえる

再生する音の質にこだわったイヤホンやヘッドホンは本体の遮音性が高かったり、ノイズキャンセリング機能によって周囲の音が聞こえにくいようにしてくれる。こうした特徴は電車や飛行機といった乗り物で音楽を聞きたいときには便利だが、話しかけられたときなど周囲の音が聞こえないと不便なこともある。

Soundgearは耳を塞ぐことがないため、周囲の音がそのまま耳に入ってくる。音楽を聞きながらも、呼びかけられたらすぐに返事をすることができるのだ。仕事中に音楽を聞くことが許されている職場や、家事をしながら音楽を聞きたいときなどに便利だろう。

マイク内蔵

このSoundgearには、Bluetoothで使用できるマイクも内蔵されている。そのため、スマートフォンと接続して使っているときに着信があってもそのまま応答できる。

想定される用途

Gear VR

SoundgearはVRデバイスと相性が良い

VRヘッドセットとの組み合わせ

VRヘッドセットを使う場合には、ユーザが持っている適当なヘッドホンやイヤホンを組み合わせて使うか、各デバイスでの使用を想定してデザインされたデバイス(HTC公式のViveデラックスオーディオストラップや、PSVR用に開発されたMantisなど)を使うことになる。

しかし専用品でないとヘッドセットを固定するバンドとヘッドホンがぶつかることもある。専用品は快適性を考えて設計されているが、合わせて買うとなると単体でも安くないVRデバイスの導入コストがさらに大きくなってしまう。

そこでSoundgearを利用するという方法だ。

Soundgearは肩に乗せるという独特の形状のためにヘッドセットと干渉することがなく、VRゲームのプレイ中に身体を動かしてもずり落ちにくい。VRデバイス専用に設計されたものではないので、VR以外でもスマートフォンやミュージックプレイヤーとBluetooth接続して使用することができる。

しかも、擬似的なものながら小さめの音でサラウンド効果が得られるというのでVRの没入感アップにも一役買う。ヘッドホンと違ってスピーカーなので周囲の人にも音が聞こえてしまうという欠点はあるが、それでもサラウンドシステムよりは静かだ。

日常生活に取り入れる

通勤通学の最中に電車内で使うといった用途には向かないSoundgearだが、自宅で何かをしながら音楽を聞きたいというニーズにはピッタリだ。一般的なスピーカーシステムと違って一箇所に留まる必要がないため、家の中を動き回っていても良い音が楽しめる。

周囲の音がそのまま聞こえる点も、「ながら聞き」に向いていると言えるだろう。ユーザによっては、テレビを見ながらラジオも聞くといった器用なこともできるかもしれない。

 

Soundgearは、199.99ポンド(2.8万円)で11月に発売される予定だ。VRデバイス専用と考えると少々高いが、音楽を聞くときにも使えるので価値をどう捉えるかはユーザ次第だ。

イヤホンでも普通のスピーカーでもない新しいジャンルの音楽再生機器として、用途を見いだせる人には嬉しいデバイスかもしれない。Techradarによれば、使用感は「驚くほど快適」だという。

 

参照元サイト名:Techradar
URL:http://www.techradar.com/reviews/jbl-soundgear




ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

最新ニュースを読む