VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

デヴィッド・ボウイの楽曲「Lazarus」をテーマにしたミュージカルが360°動画化

2017/04/25 14:46

海外メディアVRFocusは、2017年4月14日の記事において、デヴィッド・ボウイの楽曲「Lazarus」に関する360°動画について報じた。

20170417_lazarus_1

昨年死去したデヴィッド・ボウイの最後のアルバム「Blackstar」収録の楽曲「Lazarus」をテーマにしたミュージカル「Lazarus」は、昨年ロンドンとニューヨークで上演され、大きな反響があった(下の動画を参照)。

同メディアによると、2017年4月30日、イギリス・ロンドンにあるVictoria and Albert美術館で同ミュージカルを360°カメラで収録する試みが行われる。

同美術館は、イギリスで制作・公開された演劇とミュージカルを撮影した動画を収集しており、こうした舞台芸術の動画収集活動の25周年を記念して、ミュージカル「Lazarus」を360°カメラで収録する。

もっとも、上記の収録では360°カメラで収録することに合わせて、ミュージカルの演出を変えることはしないようだ。

なお、同360°動画が一般視聴者に公開されるかどうかは、現時点では不明である。

VRミュージックビデオ事例

本記事はデヴィッド・ボウイの楽曲「Lazarus」をテーマにしたミュージカルの360°動画だが、昨今様々なミュージシャンがVRを活用したミュージック・ビデオを公開している。

その先駆けと言える存在は、アイスランドのミュージシャン「Björk」だ。

彼女は多彩なジャンルの音楽に影響を受け、常に斬新で革新的な音楽を生み出すことで知られ、過去グラミー賞を12回、アカデミー賞に1回ノミネートされるなど、華々しい経歴の持ち主。

その彼女が他のミュージシャンよりも早くミュージック・ビデオに取り入れたのがVRだ。

既に多くのVRミュージック・ビデオを公開している彼女だが、昨年自らの楽曲を音源として制作したVRミュージックコンテンツを披露するワールドツアーも開催。その開催地には日本も含まれており、2016年6月29日から7月18日まで日本科学未来館で「Bjork Digital」展が催されていた。

他にも人気ブリティッシュバーチャルバンド「Gorillaz」が360°ミュージックビデオ「Saturnz Barz (Spirit House)」を公開し、リリース後48時間でYoutubeの再生回数が300万回を越え、360°ミュージック・ビデオとしては最高の再生回数を達成。

アメリカの人気ヘビメタバンド「Disturbed」がサイモン&ガーファンクルの名曲「The Sound of Silence」をカバーした際、VRミュージック・ビデオを公開。

日本でもLINE MUSIC®配信チャートで1位を獲得した「山猿」が新作MVに通常版の他、VRミュージック・ビデオも配信すると発表。

国内外問わず、音楽xVRの組み合わせが広がりを見せている。

今までは平面でザックリとしか伝えられなかった世界観が、360°VR映像を通じて、より本質的に伝えたいメッセージが届くように変わっていく。

これらの事例を見ていくと、今後ミュージック・ビデオが2DからVRに置き換わることで、音楽だけでなく、VRミュージックビデオの演出などトータル評価に変り、その結果、今までとは違うミュージシャンが表舞台に出てくるようになる可能性も高い。

エンターテインメント分野はVRに最も相性がいいカテゴリーな分、様々なコンテンツが早い段階で生まれてくるはずなので、今後の音楽シーンにどうVRが活かされていくのか?非常に注目だ。

[関連記事]
ビョークのVRミュージックビデオ「NotGet VR」制作の舞台裏
Gorillazの360°ミュージックビデオ、YouTubeで最も再生されている360°ミュージックビデオに!
アメリカの人気ヘビメタバンド『Disturbed』がヒットソング「The Sound of Silence」をカバー、VRミュージックビデオを公開
LINE MUSIC®配信チャートで1位を獲得の、山猿新作アルバムは、豪華”VRMV”も配信

デヴィッド・ボウイの楽曲「Lazarus」をテーマにしたミュージカル「Lazarus」を360°動画化することを報じたVRFocusの記事
https://www.vrfocus.com/2017/04/david-bowie-musical-returns-in-vr-form/

上記記事のソースとなった Victoria and Albert美術館のニュースページ
https://www.vam.ac.uk/shop/whatson/index/view/id/5051/event/From-VHS-to-VR--recording-theatre-for-the-national-video-archive-of-performance/dt/2017-04-30/eType/1/free/1

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む