VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

魔法を駆使するVRファンタジー「Mage Guard: The Last Grimoire」が登場 - VR Inside

魔法を駆使するVRファンタジー「Mage Guard: The Last Grimoire」が登場

        2017/08/31

Hashbang GamesによるVRゲームの処女作「Mage Guard: The Last Grimore」がリリースされた。

本作はコントローラー操作によって魔法を駆使して敵の軍勢を撃退するアクションゲームで、現在アーリーアクセス版がリリースされている。

Oculus RiftとHTC Viveに対応しており、RazerによるVRヘッドセットOSVRでのプレイにも対応する予定。

「In Mage Guard: The Last Grimoire」について

概要

「In Mage Guard: The Last Grimoire」では、プレイヤーは「Mage」というギルドに所属して、同ギルドの中心にある遺跡「The Grimoire」を護衛する任務に就く。

ゲームの舞台になるのは魔法によって支配された世界で、ここに住む人間で魔法を使う能力を持つ者は何らかのギルドに入団する必要があり、魔法使いは自らの安全や、魔法を使えない住民を様々な脅威から守る。

しかし、ギルド内に存在する過激派たちが暴走を起こし、町中を焼き払ったり誘拐、略奪を働いたり、主導権を奪おうと反乱を起こし、ギルドのアーカイブの中心部に存在する「The Grimoire」を奪取しようと奇襲をかけてくる。

「The Grimoire」はギルドの図書館の中心部に存在し、ゲームが開始するとここに敵の軍勢が攻め込んでくる。プレイヤーは様々な魔法を駆使して彼らを撃退しなければならず、遺跡を奪取された時点でゲームオーバーとなる。

また、ゲームには「Naria」というインストラクターが登場し、様々な局面でプレイヤーをサポートする役目を果たす。

アーリーアクセス版について

アーリーアクセス版では3つのレベルでのゲームをプレイ可能で、火と氷を用いた2種類の魔法を使うことができるが、ゲームの進行に応じて様々な種類の魔法がアンロックできる。

アーリーアクセスの期間は2018年末までを予定しているが、ゲームのセールスに応じてフルバージョンのリリースが早まる可能性もあり、追加するコンテンツが増えることもある。

プレイヤーからのフィードバックを得ることを目的としたアーリーアクセスのリリースであり、フルバージョンに追加される内容はフィードバックによっても変わる。

ゲームの価格はフルバージョンのリリース後も同価格。またダウンロードコンテンツの追加も予定しているが、こちらはタイトルのセールスに応じて決めるとのこと。

フルバージョンではプレイ中に使用できる魔法の種類が増えるほか、登場する敵の種類も増える。またMac OS Xでのプレイやマルチプレイ機能も追加する予定。

スペック要件

「In Mage Guard: The Last Grimoire」の動作環境は以下の通り。(推奨環境)

OS Windows 10
プロセッサー Intel i7 or Amd FX
メモリー 16 GB RAM
グラフィック GeForce GTX 970 or AMD Radeon R9 290 or better
DirectX Version 11
ストレージ 1 GB 利用可能

魔法を駆使するVRアクション・アドベンチャーゲーム

「The Wizards」

「The Wizards」ではプレイヤーは魔法使いとなり、コントローラーのジェスチャーによって呪文を唱えるアクション・アドベンチャーゲーム。

コントローラー操作で強力な魔法を呼び起こして、怪物の軍団と戦う本作は、中世ヨーロッパを彷彿とさせるファンタジーな世界観が特徴。

美麗なグラフィック、VR酔いをしにくいポイント移動システムなど、アーリーアクセス版でありながら高いゲーム性を備えている。

「The Unspoken」

魔術バトルゲーム「The Unspoken」Oculus Rift対応のゲームで、Touchコントローラーを用いて呪文をかけることができる。

シングルプレイ、一対一のデュエルゲームとしてのマルチプレイでもプレイ可能。

本作では、プレイヤーはアナキストとキネシストのどちらかを選んでプレイする。アナキストは火の弾を投げたり、ロケットの雨をライバルに向かって降らせたり、シールドを作り出すことができる。

またキネシストは物を自由に動かすことが可能で、車を浮かせたり、投げつけたりすることもできる。

その他にもカラスの骨を使って「Dark Flock」という破滅的な威力を持つ呪文をかけたり、モンスターを呼び出すこともできる。

「The Soulkeeper」

「The SoulKeeper」は、ゼルダの伝説やファイナルファンタジーのような王道RPGジャンルに属するダークファンタジーVRアクションだ。

舞台になるのは「Gerindak」と呼ばれる伝承とアドベンチャーの世界で、様々なキャラクターが絡み合ったストーリー展開が特徴。

ゲーム内ではバトルが重要な要素となり、ソードを振り回したり魔法やツールを活用したり、弓を放ったりなど、多種多様なスキルを使いながら、襲いかかってくる敵と戦う。

参照元:VRFocus

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。