宮本茂「マリオとVRの相性はあまりよくない」スーパーマリオの生みの親がマリオとVRについてコメント | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

宮本茂「マリオとVRの相性はあまりよくない」スーパーマリオの生みの親がマリオとVRについてコメント

2016/09/12 17:27

スーパーマリオの生みの親、宮本茂と任天堂社長、君島達巳のVRに対する考え。

shigerumiyamoto

任天堂から「Super Mario」のゲームがiOSで登場するが、スーパーマリオの生みの親である宮本茂の最近行われたインタビューによると、彼は繰り返し「マリオはVRとはあまり合わない」と、VRに対する会社のスタンスを語っていた。

「マリオとVRの相性はあまりよくない」

USA Todayの、もしもマリオがVRで登場したらという問いに、宮本は以下のように答えている。

「新しいプラットフォームに適応することは、マリオを身近に感じてもらい続けるための鍵であるため、マリオをVRに適応することは、賛成と応えることでしょう。

しかし、私たちは、家族と一緒にマリオをプレイして欲しいのですが、VRはその願いとは少し離れたところにいます。

また、長い時間プレイしてもらいたいという思いもあり、その思いもまた、VRには適していません。」

「VRは任天堂の利益増加に繋がる」

6月に開催された、任天堂の76周年定期株主総会のQ&Aで、任天堂社長の君島達巳は「任天堂の利益増加のためには」について関する質問で、VRに対する会社のスタンスを演説した。

「VRに集中すること、お年寄りのために認知症を防止するようなエクササイズや、そういった様々な努力をVRのソフトウェアで形にすること。」

今後

VR開発に関して、任天堂が核心をついたコメントをしたのは現在のところこれだけだが、ARタイトルのPokemon GOの成功により、誰もが知るマリオもVR界隈に登場する可能性が高い。

次の任天堂のよる発表は次の「NX」と呼ばれるコンソールで行われることが期待される。

参照:Vrfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2016/09/miyamoto-thinks-mario-doesnt-really-fit-well-with-vr/

Kawasaki


1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。

最新ニュースを読む