マイクロソフトがHoloLensを利用してSNSで流行のマネキンチャレンジに挑戦 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

マイクロソフトがHoloLensを利用してSNSで流行のマネキンチャレンジに挑戦

2016/11/23 16:32

2016年、SNSではマネキンチャレンジが流行した。今回、MicrosoftはHoloLensを使って現実とARを融合させた映像を作成した。この記事でその動画を見ることができる。

microsoft

VRScoutは、Microsoftが同社のHoloLensを利用したマネキンチャレンジ動画を作成したことを伝えている。

Microsoftはマネキンチャレンジに挑戦した。マネキンチャレンジは、2016年にSNS上で大流行した。始まりはTwitterのハッシュタグ#MannequinChallengeを付けて投稿された動画だった。マネキンチャレンジは、短いビデオクリップの中でまるで凍ってしまったかのように固まったシーンを映すものである。

ゆっくりとした踊りから、突然激しいダンスを始めるハーレムシェイクや頭から氷をかぶるアイスバケツチャレンジでは、各企業やブランドが動画を作成している。マネキンチャレンジも例外ではない。子供向け番組の『セサミストリート』やNFLチームが挑戦している。

今回は、大企業Microsoftがマネキンチャレンジの動画を作成した。Microsoftはただ動画を作成するだけでなく、ユニークなアレンジを加えている。ソフトウェア製作者がHoloLensを使ってパンケーキやドラゴンのような架空のオブジェクトを映像内に作成している。Microsoftは、この架空オブジェクトと現実世界の融合を「mixed reality」と呼んでいる。上の動画では、ジョージ・タケイも登場して、モニターの一つを見ている。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=tjshzgFxbWA&w=560&h=315]

 

参照元サイト名:vrscout
URL:http://vrscout.com/news/microsoft-hololens-mixed-reality-mannequin-challenge/

     

     

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。