VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Oculus Riftのビジネス向けキットが登場 トラッキングセンサーの数が増え、サポートも充実

10月11日〜12日にかけてカリフォルニアのサンノゼで開催された開発者イベント、Oculus Connect 4では新型デバイスやアプリのアップデートなど複数のアナウンスが発表された。同時にOculus Riftのビジネス向けのパッケージも新しく登場した。

概要

Oculus Riftの商用キット

Riftのビジネス向けキットである「Oculus for Business」の内容はそれぞれ、Riftヘッドセット、Touchコントローラー、トラッキングセンサーが3つ、そしてフェイス用フォームが3つ同梱されている。

また、本キットにはビジネス向けとして商用利用のためのライセンス供与、法人向けの保証、また手厚いカスタマーサポートが付属する。

Riftを活用したデモを発表

「Oculus for Business」はフェイスブックのVR担当であるHugo Barra氏によって紹介された。同氏はプレゼンにおいてOculus Riftをエンタープライズ分野における活用例を二つ示し、アウディとシスコシステムズでのRift活用例を紹介した。

アウディの例では、同社が世界中に展開する数百に及ぶショールームで取り入れているVRシステムを使って、カスタマイズした車をバーチャル空間で閲覧できるシステムを紹介した。またシスコの例では、同社のビデオ会議ツール「Spark」にRiftを取り入れる活用例が紹介された。

商用分野でもRiftの普及は進むか

Oculus RiftはHTC Viveに比べてエンタープライズ、商用分野での活用が遅れていると言われているが、ビジネス向けキットが登場したことによって、同デバイスがゲームのみならずより様々な分野で活用される可能性がある。

Oculusの公式ブログではOculus Riftを「生産性が向上し、トレーニング促進に役立つ。旅行や教育、医療、建築、生産、自動車業界、リテールなどの様々な分野において、従業員、顧客ともにメリットをもたらす」とのことだ。

価格は約10万円

「Oculus for Business」キットは現在予約を受け付けており、Oculusの公式ページで注文することができる。価格は900ドル(約10万円)で、同キットの公式サイトにて予約を受け付けている。

公式サイトによると、ビジネス向けキットは米国、カナダ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイスランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、スペイン、スウェーデン、スイスそしてイギリスに向けて出荷を行なっている。

日本での出荷予定は未定だが、同キットの日本語版のサイトも新設されているので、近いうちに日本でも発売開始となる可能性がある。続報に注目したい。

コンシューマー向けRiftキットは再び値下げ

Oculus Riftは今夏にサマーセールを行い、同デバイスの同梱キットを5万円で販売したことは記憶に新しい。サマーセールの効果もあってSteamユーザー内のシェア率ではライバルのHTC Viveとの差を大幅に埋める結果となった。

セールの終了とともに同キットは63,800円に価格が引き上げられたが、Oculus Connect 4では再び価格が引き下げられ、サマーセール時と同じ5万円での提供を開始する。今回は一時的なセールではなく、基本価格の引き下げとなる。

5万円の新パッケージには、Oculus Rift本体とTouchコントローラー、トラッキングセンサー、そして6本のアプリケーションが付属するとのことだ。

参考:新価格は5万円!Oculus Riftが3度めの値下げ

低価格なスタンドアロン型ヘッドセットも発表

Oculusはこの他にも新型のヘッドセットを2機種発表した。「Oculus Go」と「Santa Cruz」はワイヤレスのスタンドアロン型ヘッドセットであり、使用時にPC接続やスマートフォンを差し込む必要がなく、手軽に利用できる。

「Oculus Go」

Oculus Connectにて発表された新型ヘッドセット「Oculus Go」はスタンドアロン型のVRヘッドセットだ。セットアップの手間がかからず、価格も199ドル(約2.2万円)と低価格だ。

本デバイスはGoogle DaydreamやGear VRのように1つのコントローラーが付属しており、位置トラッキングに対応していない。そのため頭の動きだけをトラッキングすることができる。ディスプレイ解像度や視野角などに関しては現在未公表だが、2018年の始めの出荷を予定している。

PC接続型ヘッドセットの場合、セットアップ時のセンサーの設置やケーブルの多さに頭を抱えてしまうユーザーも多い。しかしスタンドアロン型ヘッドセットであればPCのセットアップも不要で、電子機器に詳しくないユーザーでも手軽に利用できる。

参考:199ドルで来年登場!Oculusの独立型VRヘッドセット「Oculus Go」発表

「Santa Cruz」

また、「Oculus Go」と同じくワイヤレスのスタンドアロン型ヘッドセットである「Santa Cruz」も発表された。本デバイスは2016年のOculus Connectにて発表されており、こちらは位置トラッキングに対応している。そのためバーチャル空間の中を歩き回ることが可能だ。

「Santa Cruz」のスペックなど詳細は未公表であるが、2018年中に開発者版を出荷する予定とのことだ。続報に注目したい。

参考:「Project Santa Cruz」の第二段階はスタンドアロン×ハンドトラッキング

参照元:Road to VR Oculus Gets Down to Business With New Rift Bundle Aimed at Commercial Use


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む