VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Oculus Rift S 最新情報まとめ!旧Riftとどう違うのか?スペックなどRift Sのあらゆる情報を紹介!

最新VRヘッドセット「OculusRift S」が2019年5月21日に発売決定!

開発が進められていたOculusRIftの新モデル「Oculus Rift S」の発売日が正式に決定したことで、大きな注目を集めています。

OculusRift Sは先代のOculusRiftからどのような進化を遂げたのか?

OculusRift Sのスペックなど、先代機からの違いなどをまとめて紹介します。


OculusRift Sとは?

OculusRift SとはどんなVRヘッドセットか

OculusRift Sとは、2019年5月21日発売予定のOculus社の新型VRヘッドセットです。

PC向けVRヘッドセットOculusRiftの後継機として開発され、

  • ・トラッキング方式
  • ・デザイン
  • ・解像度

などに改良が加えられ、「Riftの上位機種」として快適で使いやすいモデルと進化しています。

OculusRiftとどこが違う?OculusRift Sの特徴

OculusRift SはOculus Riftの上機種として、7つの点で大きなアップグレードが施されています。

①:解像度が向上!鮮明な映像を表示!

オキュラスリフトS解像度

Rift Sの改良点として先ず挙げられるのが解像度です。

従来のOculus Riftの解像度は片目1,080 x 1,200でしたが、Rift Sでは1,280 x 1,440に向上しています。

従来のRiftに比べて1.4倍のピクセル数が表示できます。

また、ディスプレイパネルをOLEDからLCDに変更されたことにより、VR体験中にディスプレイに網目模様が見える

「スクリーンドア効果」

の軽減や、映像のムラなどを抑えています。

リフレッシュレートは90Hzから80Hzへとやや減少していますが、違和感を感じるような不具合は特にないようです。

②:トラッキング方式変更!外部センサーが不要に

OculusRift Sのインサイトトラッキング機能

従来のOculusRiftでは頭の位置や手の位置を捕捉するためにトラッキング用に外部センサーが必要でしたが、Oculus RiftSでは新たに「Oculus Insight」というトラッキング技術を採用したことにより、外部センサーが不要となりました。

OculusRIft Sに内蔵された5台のカメラによって、ユーザーや手に持ったコントローラーの位置や動きなどをVR空間へ反映させます。

外部センサーが不要となったことにより、セットアップの手間が省け、またセンサーの位置を動かすたびにトラッキングの設定をやり直す必要がなく、より広範囲のプレイエリアを確保することが出来ます。

③:内蔵カメラで周囲の状況を確認できる

OculusRift Sは装着したままで周囲の状況を確認可能

Oculus Rift SはOculusが開発した「パススルー+(Passthrough+)機能」によって、前方に内蔵された2基カメラを通して、VRヘッドセットを装着したまま周囲の状況を確認することができます。

これにより、従来はVRヘッドセットを着けたり外したりしていたプレイエリアの設定を、OculusRift Sを装着したまま行えるようになっています。

④:デザインを刷新!装着感が向上!

オキュラスリフトS装着感

Oculus Rift Sではデザインも刷新されており、装着感が向上しています。

旧Riftではマジックテープを使ったベルトで固定していましたが、Rift SではPSVRのようにダイヤル式となっています。

PSVRのように後部にあるツマミを回して固定する形になっており、後部に重量がかかることで全体のバランスを保ち、装着者への負担を軽減しています。

また、デバイス下部にあるボタンによって、ディスプレイを前後に動かすことも可能となっており、ユーザーの顔の形によりフィットした装着も可能となっています。

⑤:外付けヘッドフォンが使用可能に!

 OculusRiftSの改良されたオーディオスピーカー

旧Riftに内蔵されていたヘッドフォンはRift Sでは廃止され、内蔵のスピーカーもしくは、3.5ミリジャックの外付けヘッドフォンが使用出来るようになっています。

外付けヘッドフォンを接続していないときは、Oculus GoのようにRift Sの内蔵スピーカーから音が出る仕組みです。

旧Riftのヘッドフォンは音質がさほど評判が良くなかったので、高音質なヘッドフォンを使えばよりVR体験の没入感が上がりそうです。

⑥:IPD調整機構が無くなった

OculusRift SではIPD調整機構が消失

旧RiftではIPD(瞳孔間距離)を調整ダイヤルで手動で行なっていましたが、Rift SではIPD調整ダイヤルを廃止し、ソフトウェアで調整を行うようになっています。

どちらかというとコストカットという観点からの変更と言われていますが、この変更が使いやすさにどのように影響するかはまだよくわかっていません。

⑦:コントローラーも新モデル!OculusQuestと互換!

オキュラスリフトSコントローラー

Oculus Rift Sには新型のVRコントローラーが採用されています。

手の位置をよりトラッキングしやすいように、コントローラーを握った手の上部を我が囲むような形状となっています。

Rift Sに採用されたVRコントローラーは同時期に発売される、スタンドアロン型VRヘッドセット「OculusQuest」と同じモデルとなっており、Rift SとQuestの両機種で使いまわすことも出来るようです。

旧 RiftとRift Sの比較表

OculusRiftとOculus Rift Sの違いをわかりやすくて表にまとめました。

デバイス名 Rift Rift S
解像度(片目) 1,080×1200 1,280×1,440
ディスプレイ 有機ELパネル 液晶パネル
レンズ フレネルレンズ 新型フレネルレンズ
リフレッシュレート 90Hz 80Hz
視野角 110度 Riftと同程度
ヘッドホン ヘッドフォン一体型 スピーカー内蔵
外部センサー 必要 不要
IPD調節 ダイヤル調節 ソフトウェア調節
重量 約470g Riftより少し重い
ヘッドストラップ マジックテープ ダイヤル式

OculusRift Sで遊べるコンテンツは?

オキュラスリフトSゲーム

OculusRift Sは旧OculusRiftと共通のプラットフォームを使えるようになっています。

そのため、Rift対応の数百タイトルものVRゲームを、Rift Sでもそのまま遊ぶことができます。

もちろん、これからリリースされる新作VRゲームもプレイすることが可能です。





OculusRift Sの価格は49,800円!Amazonでも購入可能!

OculusRift Sの商品全景

2019年5月1日にOculusRift Sの予約受付が開始されたことで、正式に国内販売価格が49,800円(送料・税込)と判明しました。

購入はOculus公式サイトの他、Amazonでも購入が可能となっています。

>>Oculus公式サイト

>>Amazon[OculusRift S]

「Oculus Rift S」 概要

解像度:片目1280×1440、LCDパネル

視野角:Riftと同程度(具体的な数値等は不明)

レンズ:新型フレネルレンズ

オーディオ:ヘッドホン内蔵/外部端子あり

リフレッシュレート:80Hz

IPD調整:ソフトウェア調整

トラッキング:インサイドアウト方式、6DoF

重量:Rift(約470g)よりもほんの少し重い

価格:49,800円(送料・税込)

Rift Sに必要なPCスペック

オキュラスリフトSはPC用VRヘッドセットなので、利用するにはPCが必要となります。

Oculus社が発表しているオキュラスリフトSの推奨PCスペックと最小スペックはそれぞれ以下の通りです。

推奨スペック

グラフィックカード:NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上

代替可能なグラフィックカード:NVIDIA GTX 970 / AMD Radeon R9 290以上

CPU:Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上

メモリ:8GB以上のRAM

ビデオ出力:DisplayPortTM 1.2 / miniDisplayPort (アダプター同梱)

USBポート:USB 3.0ポート1つ

OS:Windows 10

最小スペック

グラフィックカード:NVIDIA GTX 1050Ti / AMD Radeon RX 470以上

代替可能なグラフィックカード:NVIDIA GTX 960 / AMD Radeon R9 290以上

CPU:Intel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200、FX4350以上

メモリ:8GB以上のRAM

ビデオ出力:DisplayPortTM 1.2 / miniDisplayPort (アダプター同梱)

USBポート:USB 3.0ポート1つ

OS:Windows 10

まとめ

2019年5月21日ついにOculusRift Sが発売されることになりました。

従来のRiftに比べて解像度が向上した他、デバイスの装着性や外部のトラッキングセンサーが不要になるなど、様々な点で改良されています。

現行のOculus Riftに比べて、性能的に各段に優れたものではなくても、これからVRを初めてみる方には、扱いやすく、また価格も手頃であるためオススメできそうですね。

Rift Sと同時期にスタンドアロン型のVRヘッドセット「Oculus Quest」も発売されるため、2019年はVRハードウェアが飛躍する年になりそうです。

↓↓こちらの記事も読まれています↓↓

 
参考サイト:Oculus Rift S[公式サイト]









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む