PlayStation VR対応,「World War Toons」のキャラクターにゴリラとイエティが実装されることが明らかに | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

PlayStation VR対応,「World War Toons」のキャラクターにゴリラとイエティが実装されることが明らかに

既に明らかとなっている4体のキャラクターに加え、新たに2体が公開

tom-yeti-and-kongo

PlayStation VR対応の「World War Toons」のキャラクターにゴリラとイエティが実装されることが明らかになった。

Reload Studios制作のこのゲームは既に4体のキャラクター(スナイパークラスの女2体、オフィサークラスの2体)が公開されていたが、また新たに2体が明らかとなった。

Kongo(ゴリラ)とTom Yeti(イエティ)

このゴリラとイエティはただのゴリラとイエティではなく、一風変わった特徴がある。

Kongo(ゴリラ)

Kongoは、新しい実験によって、IQが100まで引き上げられた知能のあるゴリラで、その頭脳とパワー、所持している三つのパンツァーシュレック(対戦車ロケット擲弾発射器)を使用する。

彼を止めることはできない。

Tom Yeti(イエティ)

Kongoとは打って変わり、Tom Yeti(イエティ)は、大げさなどたばた芝居をするスイス歌手さながらの「幸せ自家製造機」のようなキャラクターである。

フレンドリーなやつであるが、武装した敵には強いとのこと。

発売日、価格

World War Toonsは、PlayStation VRの発売と同時に無料で配信され、今後はOculus Riftにも対応していく予定だ。

参照:Vrfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2016/09/a-gorilla-and-yeti-join-the-fight-in-world-war-toons-latest-character-reveal/

     

     

Kawasaki


1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。