VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

さらにハイレベルのVR撮影が可能に!Insta360の新製品「Insta360 Pro2」登場!

360度カメラ「Insta360シリーズ」(Shenzhen Arashi Vision社)の国内代表代理店を務める株式会社ハコスコは「Insta360 Pro」の上位機種となる「Insta360 Pro 2」の発売を発表しました。


「Insta360 Pro 2」の特長

Insta360 Pro 2は8Kのステレオ3D動画を撮影できるだけでなく、強力な手ブレ補正機能、遠距離モニタリング、簡便化されたポストプロダクション、そしてスマホなどのデバイスでも8Kの360度動画を再生可能にする技術が搭載されています。

6台の4Kカメラであらゆる方向を撮影!3D8K映像!

Insta360 pro2撮影

Insta360 Pro 2は6台の4Kカメラであらゆる方向を一瞬で撮影します。

撮影後の写真と動画は8Kの360度3D画像に合成され、没入感の高い美しい3D VR映像として体験することができます。

使用できる撮影モードは

・8K 3D(30FPS)
・8K 2D(60FPS)
・6K 3D(60FPS)
・4K 3D(120FPS)

で、カメラに内蔵する新しいHDR機能により幅広いダイナミックレンジで光を自然に捉えます。

さらにi-Logモードを使うことで、編集段階での色補正が自由にできます。

Insta360独自の手ブレ補正機能搭載!

VRカメラInsta360 pro手ブレ

Insta360 Pro 2は、プロのVR撮影においても実用的なInsta360独自のFlowState手ブレ補正システムを搭載しています。

Insta360 Pro 2では、FlowState技術を用いて、ジンバルなしでもジンバルを使ったようなプロ級の手ブレ補正効果をもたらします。

Insta360 Pro 2は超精密な9軸ジャイロスコープで動きを検知し、Insta360のソフトウェアで自動的に撮影映像に強力な手ブレ補正をかけます。

ダイナミックで動的なカメラワークは、ストーリーを伝えるのに非常に効果的で、Insta Pro 2はそれを可能にしています。

遠距離でのプレビュー撮影が可能に!

Insta360 Pro2

Insta360 Pro 2では、新しいFarSight技術を用いて、高い画質で遅延の少ない360度ライブ映像モニタリングシステムを実現し、遠距離のプレビューで撮影を確認できるようになりました。

FarSightの発信機と受信機を通じて、クリエイターは地上距離では300メートル、あるいは地上と空中なら3キロメートルの遠距離から撮影を確認しディレクションすることができます。

FarSightは5.18Ghzの信号を用い、自動的にチャンネルを変更することでノイズを最小限にしています。



Insta360 Pro2はモバイル撮影もバッチリ!

Insta360Pro2でモバイル撮影

Insta360 Pro2の重さは持ち運びに困らない1386gで、モバイル撮影にも向いています。

更にバッテリーはホットスワップ対応で、ロケ撮影におけるカメラの連続録画時間の問題も解決できます。

360度音響を実現する4つのマイクを内臓!

オーディオについては、360度音響を実現する4つの内蔵マイクに加えて、USB及び3.5mmのオーディオ用端子がそれぞれ本体の上部と下部に準備されていて、それらの入力端子を用いることで、より高い音声効果や特殊な音声収録も可能になりました。

スマホやVRヘッドセットでも8Kのクリアな画質が楽しめる!

スマホやOculus Go、Samsung Gear VRなどのVRヘッドセットでは、最大4Kの動画しか再生できませんが、Insta360開発のクリスタルビュー(CrystalView)技術を用いれば、Insta360 Pro 2で撮影したコンテンツを専用フォーマットに変換し、主流のスマホやヘッドセットでも8Kで再生できるようになります。

4K配信しながら8K動画を記録!

Insta360 Pro 2は、2Dと3Dのいずれでも4Kのライブストリーミングを行うことができます。

また、4Kの配信を行いながら8Kのオリジナルファイルを同時に記録できるので、配信後のポストプロセスで最高品質の動画を制作することが可能です。



GPS内蔵で位置情報関連サービスでも使用可能!

Insta360 Pro 2はGPSモジュールを内蔵しているため、上部のアンテナでGPS信号を強化することができます。

GPSデータは自動的に保存され、Google ストリートビューや、そのほかの計測サービスで簡単に使用できます。

Adobe Premiere Proでの「No-Stitch」編集

Insta360 Pro 2はAdobe Premiere Proで編集作業を行う際、より便利なスティッチングと編集ができるように設計されました。

動画撮影する際、高画質の動画のほかに、低画質のプロキシ素材が自動的に保存されます。

撮影したオリジナルの映像ファイルをAdobe Premiere Proにインポートすれば、プロキシ素材ファイルも自動的に認識され、スティッチ後の画像を瞬時に確認できます。

プロキシ素材を用いて編集が終わり動画をエクスポートする段階になると、動画の編集とスティッチングはInsta360のアルゴリズムに置き換わり、高画質で出力されるようになります。

これにより編集作業がより効率よく、時間の無駄も少なく、編集環境でのマシンスペックの要求も低くなります。

Insta360 Pro 仕様

レンズ 200° 6×F2.4 魚眼レンズ
本体サイズ 直径143mm
重量
(バッテリー含む)
1550g
ISO感度範囲 100~6400
露出モード 自動
手動
レンズ別の調整
シャッター速度優先 (写真のみ)
ISO感度優先 (写真のみ)
ISO上限値は動画撮影モードで設定可能
ホワイトバランス 自動、手動
静止画撮影モード 静止画
バースト(10枚の連続撮影)
AEB
タイムラプス (全てのモードでRAW撮影可能)
静止画フォーマット JPEG / DNG
動画モード 標準撮影、高FPS撮影
補足:i-logはすべてのモードで対応可能ですが、HDRは標準撮影の一部の解像度にしか対応できません
動画フォーマット MP4
エンコードフォーマット カメラ処理の場合はH264、後処理スティッチングの場合はH265
ライブストリーミング 本体サーバー配信
外部サーバー配信
HDMI出力(4K配信中に8K記録が可能)
ストリーミングプロトコル rtsp、rtmp、hls
ストレージ 6枚のMicroSDカード+1枚のSDカード
静止画解像度 後処理スティッチング:
7680 x 7680 (3D)
7680 x 3840 (2D)
12000 x 12000 12K
超高画質(10枚写真合成)(2D/3D)
リアルタイムスティッチング:
7680 x 7680 (3D)
7680 x 3840 (2D)
動画解像度 後処理スティッチング:
7680 x 3840 @30fps HDR (8K 2D)
7680 x 7680 @30fps (8K 3D)
7680 x 3840 @60fps(8K 2D)
6400 x 6400 @60fps (6K 3D/2D)
3840 x 3840 @120fps (4K 3D/2D Binning)
リアルタイムスティッチング:
3840 x 3840 @30fps (3D)
3840 x 1920 @30fps (2D)
レンズあたりのビットレート 最大120Mbps
電源 12V 5A
バッテリー容量 5100mAh
バッテリー動作時間 50分 ホットスワップ
動作温度 0~40℃
WiFi 802.11 b/g/n, 2.4GHz
広い空き地の場合20メートル範囲で接続可能。
最大30fpsでのプレビューが可能(5m範囲内)
Ethernetポート 内蔵
HDMIポート 内蔵
リアルタイムモニター FarSight機能により、遮るものがなければ3キロ、遮蔽物があっても300mの距離でリアルタイムモニター可能。
オーディオ 4 x モノラルマイク
オーディオフォーマット AAC
空間音響 Ambisonic
ジャイロセンサー 9軸センサー
スタビライゼーション FlowState スタビライゼーション
ステイッチング Optical Flow / Template
コントロールソフトウェア
対応OS
Windows / Mac / iOS / Android

>>「Insta360 Pro 2」詳細ページ(購入もこちら)

まとめ

Insta360 Pro2は、Insta360 Proのコンパクトさのままアップグレードされ、手軽に、美しく、高品位な360°VRの8K3D動画撮影が可能になりました。

また、Insta360 Pro2付属のFarSight機能を使って、標準で300m、遮るものがなければ3キロ離れた距離からでも高品位な映像をリアルタイムでモニターできるようになり、これからのリモート撮影の新基準となるのではないでしょうか。

そしてなによりプロ級の手ブレ補正効果をもたらす「手ブレ防止機能」が搭載されて、ダイナミックで動的な撮影ができるようになりました。

Insta360 Pro2によって、今後新しい360度カメラワークが誕生すると思うと楽しみです。

ソース:「Insta360 Pro 2」プレスリリース[Value Press]










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む