VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR動画を手軽に空間音声VRへ!「360VR空間音声変換サービス」9月より提供開始!

360度VR動画サービス「ぐるりVR」を展開する株式会社ユニモトは8月28日(火)、独自の特許技術である空間音声機能を活用した、VR動画変換サービス「360VR空間音声変換サービス」を2018年9月より提供開始すると発表しました。


「360VR空間音声変換サービス」とは?

試聴する映像の方向と音が聞こえてくる方向が連動した空間音声対応のVR動画は、空間音声に対応していない従来のVR動画よりも違和感が少なく、より高度なVR体験が得られます。

しかし、空間音声対応のVR動画の作成には専用の音声収録機材等を用いて収録する必要があるため、既に従来のステレオ音声で収録・作成されているVR動画を空間音声対応する場合には撮影や音声収録を再度行い、初めから作り直す必要がありました。

今回リリースされる「360VR空間音声変換サービス」では、既存のVR動画から、撮影や音声収録をやり直すことなく、手軽に空間音声対応VR動画を作成することができるようになります。

「360VR空間音声変換サービス」はステレオ音声のVR動画をもとに、空間音声対応VR動画(YouTubeやGearVR、OculusGoなどで再生可能な形式)を作成します。

超解像技術による2K解像度から4K解像度への高精細化や、フレーム補間技術による30FPSから60FPSへの高フレームレート化を行うことも可能です。

さらなる高品質を希望する場合には、空間音声に対応した専用の収録機材等を用いた、新規のVR動画の製作を依頼することも可能です。

なお、「360VR空間音声変換サービス」は法人専用になっています。



「360VR空間音声変換サービス」の価格

長さが3分までの動画の場合は98,000円という価格が設定されており、動画の長さやオプションにより変動します。

「360VR空間音声変換サービス」についての問い合わせは「ぐるりVR」公式サイトまで。

まとめ

一般的なステレオのVR動画の場合、視聴方向が変わっても音声は変化しませんが、空間音声のVR動画では、視聴方向と連動して音声の聞こえる方向が変化するため、迫力ある動画を楽しむことができます。

しかし、空間音声対応のVR動画の作成には、専用の音声収録機材等を用いて収録する必要があるなど、技術と手間がありました。

今回の「360VR空間音声変換サービス」では、ユニモト社独自の特許技術である空間音声機能を活用することで、その課題をクリアすることに成功しました。

従来の「映像を主としたVR」から「映像のVR+音声のVR」へと進化し、今後はより高次元のVR体験を手軽に楽しむことができるようになりますね。

ソース:「360VR空間音声変換サービス」プレスリリース[ぐるりVR公式サイト]










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む