VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

HTCがアイトラッキング機能を搭載した「Vive Pro Eye」を発表!

米国で開催中の家電見本市CES 2019にて、HTCが新型ヘッドセット「Vive Pro Eye」を発表しました。

アイトラッキング機能を搭載したVive Pro Eyeは、2019年第2四半期(4~6月)の発売を予定しています。


HTCが新型HMD「Vive Pro Eye」を発表

2019年1月8日より、米国ネバダ州ラスベガスにて、世界最大の家電見本市CES 2019が開催されています。

イベントに先立って開催されたプレス向けのカンファレンスにて、HTCは新型VRヘッドセットの「Vive Pro Eye」と、一体型VRヘッドセット「Vive Cosmos」を併せて発表しました。

また、VRコンテンツの無制限サブスクリプションサービス「Viveport Infinity」や、VR用プラットフォーム「Vive Reality System」など、複数の新製品・サービスが登場しました。

アイトラッキング機能を搭載した「HTC Vive Pro Eye」

HTC Vive Pro Eyeの最大の特徴として、アイトラッキング機能を搭載していることが挙げられます。

ユーザーの目線を追跡することが可能になり、目線のみでコンテンツを操作できます。HTCは米国MLBなどと提携してVive Pro Eyeのデモを制作し、会場で展示しています。

この「MLBホームランダービー」というゲーム体験では、既存のコントローラーを使わずに目線のみでメニュー選択を行えます。

視線追跡が可能なHMDとして、主にネットカフェなどで導入されている「FOVE」が挙げられますが、FOVEと比較した際のVive Pro Eyeの視線追跡の精度が気になるところです。

また、アイトラッキングによって、VR内の映像をより自然に表示することが可能になります。

アイトラッキングで、より自然に見えるVR映像が可能に

VR体験の質を上げるために、人間の視覚と殆ど同じ映像を表示する技術が開発されており、「フォービエイテッド・レンダリング」と呼ばれています。

これはアイトラキングを使用した映像表示技術で、ユーザーの目線が当たっている部分の映像だけをハッキリと表示して、それ以外の部分をぼかして表示します。

Facebookが開発中の「DeepFocus」

人間の目は、視線が集中している部分だけがハッキリと見えて、それ以外の部分はぼやけて見えますが、これと同じ見え方をVRで再現します。

同様の技術はグーグルも開発しており、Oculusもアイトラッキングを搭載した「Half Dome」というHMDを開発しています。

ですが、Half Domeは現段階でプロトタイプであるため、アイトラッキングを搭載したHMDをいち早く市場向けに発表したHTCが、Oculusに一歩先んじた形になります。

VTuberの表情がよりリアルに!

また、Vive Pro Eyeは、日本市場向けにVR空間のライブ配信用サービスの「バーチャルキャスト」に対応することが決定しています。

これによって、バーチャルユーチューバーの配信時などにVive Pro Eyeを使用すると、アイトラッキングによってユーザーの視線やまばたきをリアルタイムにアバターとリンクします。

viveproeye動画

アバターはVRM形式のものに対応しており、従来のアバターの表情をよりリアルに表現できます。配信中に観客に向かってリアルなウインクをすることもできます。

現在のところ、ビジネス向けの「VirtualCast Enterprise版」のみの対応ですが、今後は一般向けの「VirtualCast Consumer版」にも対応する予定です。



一体型VRヘッドセット「Vive Cosmos」など様々なサービスも発表!

また、HTCは一体型HMDの「Vive Cosmos」を発表しており、コチラは外部接続のPCやベースステーションなしで単体動作します。

Vive Cosmosのスペックや価格などは未公表ですが、2019年始めにOculusが発売予定の一体型HMD「Oculus Quest」のライバル機種になりそうです。

デザインはPC接続型のViveよりも丸っこい形状で、フリップアップ(ディスプレイ部分を跳ね上げる)が可能です。

また、紹介ビデオではスマートフォンが映っていることから、スマホからの外部操作も可能になるようですが、詳細は現時点で不明です。

HTCによると、Vive Cosmosは「2019年の早い段階」に開発者キットを出荷する予定で、デバイスのスペックや価格は今後発表される見通しです。

新型プラットフォーム「Vive Reality System」に対応

そして、Vive CosmosはHTCが新たに開発したVR用プラットフォーム「Vive Reality System」に対応することが発表されています。

Vive Reality Systemは、様々なVRコンテンツを管理・検索したり、アバターの設定が可能であるなど、Oculus HomeやSteam VR HomeのようなVR用のOSです。

Vive Cosmos向けに2019年後半からの配信を予定しており、その他のVive機器にも対応していくとのことです。

無制限のサブスクリプション「Viveport Infinity」

そして、Viveコンテンツ専用のサブスクリプションサービス「Viveport」もアップデートが行われ、リニューアルした「Viveport Infinity」では、数百のVive用コンテンツに無制限でアクセスできます。

Viveport Infinityでは500以上ものコンテンツをダウンロード可能で、購入すると数十万円分のアプリを定額でプレイできます。

また、Vive機器だけでなく、Oculus Riftなどの他社製のVR機器からもアクセス可能とのことで、2019年4月5日のVive Dayからのローンチを予定しています。

まとめ

現在開催中のCES 2019で、HTCが複数のHMDとサービスを発表しました。

Vive Pro Eyeはアイトラッキングに対応したHMDで、視線追跡によるコンテンツ操作や、アイトラッキングを使用して人間の視覚に応じた映像表示が可能になります。

また、同時に発表された一体型HMDのVive Cosmosは、HTCが新たに開発したVR用プラットフォームのVive Reality Systemに対応しています。

デバイスのスペックや価格などは未公表ですが、年明け早々VR業界を賑わせているこれら新型デバイス、発売が楽しみですね!

【関連リンク】
VRFocus
プレスリリース









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

 

最新ニュースを読む