VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR空間の撮影が可能に!VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」にカメラ機能搭載!

イメージ

株式会社Psychic VR Labは2019年1月30日(水)、同社が運営するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」に、VR空間を手軽に撮影できるカメラ機能を搭載したことを発表しました。


「STYLY」にカメラ機能が登場!

今回「STYLY」に搭載されたカメラ機能は、VR空間を箱庭視点で簡単に編集できる「STYLY WebEditor」の動画撮影を行うことができ、いろいろなプロモーションムービーを撮影することが可能です。

VR空間を撮影した動画を公開するだけなので、HMDを持っていない人に対してもVR作品の魅力を余すことなく伝えることができるようになっています。

この機能には

・マニュアルモード

・自動モード

の2種類があり、いずれかを選んで撮影することができます。

イメージ

左:マニュアルモードイメージ
右:自動モードイメージ

また撮影した動画はWebM形式で自動保存されるようになっています。

STYLY WebEditor カメラ機能の使い方(英語)

「STYLY」とは

「STYLY」とはWEBブラウザ上で誰もが簡単にVR空間を作ることができるプラットフォームです。

VR空間にギャラリーなどを自由に作ることができるため、アーティストやVTuberなどの活躍の場として活用することができます。

また、Youtube、SoundoCloud、Instagramといったサービスとも連携しているため、複雑な操作は一切必要なく、各種素材を取り込んで空間制作に活用することができます。

「STYLY」公式サイト(英語)



マニュアルモード

マニュアルモード撮影はVR空間を、

・WASDキーで前後左右に

・EQキーで上下に

移動しながら撮影することができるモードで、カメラスピードの変更だけでなくズームインやズームアウトを駆使しながら、イメージどおりの動画をに撮影することが可能です。

自動モード

自動モード撮影は、軸を中心として回転する動画を撮影することができるモードです。

このモードではVR空間内に軸を設定して、それを中心に撮影します。

また

・回転の半径

・カメラの角度

・カメラの高さ

・カメラを反転

ができるので、たくさんのバリエーションの動画を撮影することが可能です。

まとめ

VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」に今回、VR空間を撮影できるカメラ機能が搭載されました。

自分が作ったVR空間を撮影して動画を公開することにより、HMDを持っていない人にもVR作品を存分にアピールすることが可能になりました。

こういった機能の拡充が進むことにより、今までHMDを持っている人しかVR作品を楽しめなかったのが誰でも存分に楽しめるようになりますね。

関連記事:「STYLY」にVR空間を編集できる「VR Editor」が登場[VR Inside]

ソース:「STYLY」プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む