VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR空間で物件の内覧が可能に!「VR-CMS」の販売開始!コンテンツ東京2019へ出展も

イメージ

グローバルITソリューション企業の株式会社コウェルは2019年3月15日(金)、竣工前の物件のモデルルームをVR空間で内見できるVRコンテンツ・マネジメント・システム「VR-CMS for Real Estate」の販売を開始したことを発表しました。

また4月3日(水)から開催される「コンテンツ東京2019」への出展も予定されています。


「VR-CMS for Real Estate」とは

「VR-CMS for Real Estate」は、VR空間に

・マンション

・一戸建

といった施工前の物件の部屋をリアルに再現し、それを内見することが可能なVRシステムです。

モデルルームを再現できる3DCGコンテンツ・マネジメント機能に加えて、家具などを自由に配置することができるVRホームステージング機能が搭載されています。

イメージ

事前に登録した

複数の間取り・インテリアを瞬時に切り替えることが可能で、狭い設置スペースにいながら様々な部屋の仮想内見をすることができます。

イメージ

さらにシステムに登録した家具や建材は複数の物件で再利用することも可能です。

・ソファ

・椅子

・壁紙

といった家具や建材の変更を行うことで、顧客と具体的なイメージを共有しながら話を進めることができます。

「VR-CMS for Real Estate」3つの特徴

「VR-CMS for Real Estate」には以下の3つの特徴があります。

新築物件のVRモデルルームとして利用が可能

部屋をVR空間に3DCGで再現するために、写真画像をベースとした不動産VRサービスでは対応できなかった未竣工物件にも対応しています。

また複数パターンの部屋とインテリアを登録しておけば、限られたスペースにいながらも、複数の様々なバリエーションの間取りやインテリアのVR内見が可能です。

VRホームステージングが可能

椅子や机などの家具、さらには床材の変更できる上に、VR空間内を移動することもできるので生活動線の確認も可能です。

イメージ

繰り返し使えるCMS搭載

このシステムでは部屋などの場面や家具・建材等などを登録・管理することが可能で、

・複数物件で繰り返し利用

・部屋の形状や柱等の描画機能をブラウザで利用

することができます。

イメージ

また家具・建材は各カテゴリーに分類し登録・管理することが可能で、標準で約100種類の家具・建材データが用意されています。

イメージ



「VR-CMS for Real Estate」価格

初期費用:200,000円

月額費用:200,000円

現地セットアップ費用:100,000円

※利用にはHTC-VIVEと対応PC、インターネット接続環境が必要。

「VR-CMS for Real Estate」公式サイト

コンテンツ東京2019への出展も!

また 2019年4月3日(水)~5日(金)に東京ビッグサイトで開かれる「コンテンツ東京2019」のVR分野で、今回発表された不動産業界向けのVR-CMSが出展されます。

同社ブースでは他にも、VR教育コンテンツやVRゲーム、イベント用ARアプリなどが展示される予定です。

「VR-CMS for Real Estate」展示会情報

展示会名:コンテンツ東京2019内 先端デジタルテクノロジー展(AR・VR・MRワールド)

開催日時:2019年4月3日(水)~5日(金) 10:00~18:00

会場:東京ビッグサイト 西ホール

ブース番号:1-31

公式サイト

出展詳細ページ

まとめ

施工前の物件のお部屋をVR空間にリアルに再現して、それを内見することができるVRシステムが登場しました。

これまでもVR内見システムは出ていますが、そのほとんどのものが施工後の物件の写真などをベースに映像を作っています。

今回登場した「VR-CMS for Real Estate」はVR空間に部屋をリアルに再現できるため、施工前の部屋でも映像にすることができ、また狭い設置スペースにいながらもいろんな形の部屋を内見することが可能です。

一生に一度とも言えるほと高額な買い物である住宅は慎重によく考えて購入したいもの。VRを使っていろんなイメージをつかむことができれば、住宅を購入する際の非常に有益な判断材料になりますね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む