VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

HoloLensを使った施設案内が登場!「Holo Attendant」リリース!ビジネス EXPOへ出展も

イメージ

株式会社ハニカムラボは2019年4月4日(木)、HoloLensをつけるとキャラクターが施設内を案内してくれるソリューション「Holo Attendant」をリリースしました。

このソリューションは4月10日(水)に大阪で開催される「VR/AR/MR ビジネス EXPO 2019 OSAKA」に出展されます。


「Holo Attendant」とは

今回ハニカムラボからリリースされた「Holo Attendant」は、Microsoftが提供しているヘッドマウント型デバイス「HoloLens」を使用した施設案内ソリューションです。

HoloLensは世界初の自己完結型ホログラフィックコンピュータを搭載しており、現実世界に表示されるホログラムとのインタラクションを可能にしています。

そんなHoloLensを付けて利用するこのソリューションは、

現実世界にキャラクターを映し出し、そのキャラが施設内を案内してくれる

というものです。

イメージ

Web上の設定画面から任意の地点や内容を設定するだけでキャラクターが案内してくれるので、

・商業施設

・美術館

などの現実の施設や

・工場見学

・会社案内

などのシーンでの活用が期待できます。

「Holo Attendant」使用方法

イメージ

設定画面にHoloLensで3Dスキャンした現実空間を取り込み、その空間の中で案内したいポイントを設定します。

各ポイントにはキャラのセリフやアクションを設定することが可能で、またポイント間の移動ルートを指定、作成することもできます。



ビジネス EXPO 2019へ出展!

「Holo Attendant」は、2019年4月10日(水)にグランキューブ大阪で開催される「VR/AR/MR ビジネス EXPO 2019 OSAKA」に出展されます。

会場のハニカムラボブースでは同ソリューションの

・HoloLensビューア(案内される側)

・設定画面(案内の内容を作成する側)

のデモが体験できます。

出展概要

イベント名:VR/AR/MR ビジネス EXPO 2019 OSAKA

会期:2019年4月10日(水)10:00~17:00

会場:グランキューブ大阪 3階 イベントホールD+E

公式サイト

まとめ

MicrosoftのMRデバイス「HoloLens」を使った施設案内ソリューション「Holo Attendant」がリリースされました。

このソリューションはHoloLensを通して表示されるホログラフィックのキャラクターが施設内のいろいろな場所へ連れて行ってくれたり解説してくれたりするもので、VR内覧などとは違い、現実空間を自分で移動しながら案内を受けることができます。

現実空間で目の前にキャラクターが現れて対象物の案内や解説をしてくれるとは、まさに近未来を描いたマンガや映画の世界を実現したようですね。

また4月10日に開催される「VR/AR/MR ビジネス EXPO 2019 OSAKA」でデモが展示されるので、活用してみたいと思う方は是非参加してみてはいかがでしょうか。

ソース:「Holo Attendant」プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む