VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで併設の託児所などを内覧!物流企業が「バーチャル内覧アプリケーション」をリリース!

ESR株式会社は、SOOTH株式会社の技術協力により、国内にあるESR物流施設に併設する「ラウンジ」と「託児所」をVRで内覧できるアプリケーションを開発し、2019年4月9日(火)より公開開始したことを発表しました。


「バーチャル内覧アプリケーション」について

「バーチャル内覧アプリケーション」とは、アジア太平洋地域に特化した先進的物流施設の開発とソリューションを行なう物流不動産会社 ESR社が、人の体験やサービスをデザインし、マーケティング支援や事業効率化支援など社会の様々な課題解決を目指すSOOTH社の技術協力を得て開発したアプリケーションです。

ESR社は、

・働く人と環境に考慮した物流施設

・快適で美しく新しい価値を体験できる物流施設

・先進的で持続可能な物流施設

の創出を目標に、人を中心に考えたデザイン『HUMAN CENTRIC DESIGN. 』という理念から各施設に併設されたラウンジや託児所を、手軽にバーチャルで内覧してもらいたいとの考えからアプリケーションが開発されました。

現地に足を運ばずとも、その理念が詰まった施設ごとに全く異なるデザインのラウンジや託児所を見て体感してもらうことで、想いや物流施設の魅力について理解が進むことを目指しています。

「バーチャル内覧アプリケーション」の特長

アプリケーションは、Webブラウザを利用しているため、PC・スマートフォン・タブレットなどのデバイスやOSに依存せず、専用機器がなくても手軽も利用できるところが最大の特長です。

指で画面をピンチイン/アウトすることで、対象物の全体から細部まで確認することができ、まるで実際に施設内に入り込んだような体験をすることができます。

また以下のような機能が装備されているのも特長です。

◆スマートフォンでの起動時は自動でスマートフォンモードとして動作

◆端末を動かすとジャイロセンサーで視点が追随する「ジャイロ機能」により360度見回すことが可能

◆クリップオン(スマートフォンのフレームにクリップでレンズを留める方式の眼鏡)による簡易VRレンズでVR表示を楽しめる2眼VRモード





「バーチャル内覧アプリケーション」の利用方法

「バーチャル内覧アプリケーション」は以下の手順で利用できます。

1.スマートフォンでQRコードを読み込みます。

2.ESR社の物流施設一覧から閲覧したい施設を選択します。

3.「ラウンジ」が映し出されます。視点を変えることで「ラウンジ」内部を移動したり「託児所」に移動することができます。

サービスサイトESR ラウンジ&託児所ビューワー

まとめ

施設で働く人に誇りを持って快適に過ごしてもらえる環境づくりを目指すなど、物流施設の新しい在り方を探求しているESR社。

高級感とぬくもりを意識した「ラウンジ」や、子供の好奇心をくすぐるようなデザインの「託児所」を物流施設に併設することで想いをカタチにしており、今回はそれらを公開するためのアプリが開発されました。

このような取り組みは物流施設の新たな付加価値となり、また労働力不足や子育て中の女性の社会参画推進という課題の解決施策のひとつにもなるのではないでしょうか。

ソース:「ESR ラウンジ&託児所バーチャル内覧アプリケーション」プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む