VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

家もスマホで買う時代!バーチャル住宅展示場のジブンハウスが創業3年で販売棟数300棟を達成!

ジブンハウスが創業3年で契約棟数300棟達成

2019年6月26日、VR・ARなどの最新テクノロジーを活用した規格住宅の販売を手がけている株式会社ジブンハウスは、創業から3年4ヶ月で累計契約棟数300棟を達成したことを発表しました。

また、住宅購入者だけではなく工務店の支持も集めており、昨年末にはFC/VC加盟店数が100店舗を突破したことも判明しました。

バーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」が成長を続け、グローバル展開も視野に入れるなど、今後も住宅業界のイノベーションにつながる活動を続けていきたいとしています。


ジブンハウスとは?

ジブンハウスとは

画像は株式会社ジブンハウスの公式サイトのものです

株式会社ジブンハウスとは、VRなどの最新技術で豊かなライフスタイルを実現するため、「スマホで家を買う」という新しい住宅購入・販売手法を展開するホーム・テックラボ企業です。

これまでは家を購入するまでに、モデルハウスで営業担当者の説明を聞いた後、何度も何度もやり取りをする必要がありました。

ジブンハウスのサービスを使えば、スマホやタブレットで高精細のVRで完成イメージを見ながら内覧し、希望するオプションを画面上で選択して見積りすることによって、自宅にいながら理想の家づくりを進めることができます。

スマホを使いこなす若いミレニアル世代を中心に支持を集め、創業から3年4ヶ月で累計契約棟数300棟を達成しています。また、家を提供する工務店側から支持する声も多く、昨年末にはFC/VC加盟店数が100店舗を突破しました。

ジブンハウスの急成長の要因とは?

ジブンハウスが急成長できたのはなぜ

ジブンハウスのビジネスモデルが急成長を続ける背景には、「スマホで家を買う」という最新の販売手法が購入者と工務店の両者から支持を受けたことにあります。

モデルハウスにいく必要がなく自宅で内覧から見積りまで済ませることができるジブンハウスのサービスは、対面の営業よりもスマホで検索して比較検討する購買を好む若い世代、いわゆるミレニアル世代のライフスタイルにピッタリ合うと言えます。

また、住宅展示場を必要とせず、成約までの時間を大幅に短くできるジブンハウスのサービスは、慢性的な人手不足や展示場への来場者減に悩んできた全国の工務店にとっても効果的な販売ソリューションということができます。

以上のように、購入者にも工務店にも大きなメリットを提供できるものであったことが、ジブンハウスの成長の要因ということができます。

VRだけではなく、ARやAIを利用した住宅販売も

AR住宅販売システムAiR

ジブンハウスでは、ARを活用した住宅販売サービスも展開しています。

2018年11月に東京大学生産技術研究所と東大発のベンチャー株式会社アスカラボと共同で開発した住宅購入サービス「AiR」を利用したものです。

住宅を建てたいと思っている土地に行けば、ARでその土地に住宅を建てて、内覧できるというサービスで、AIがライフスタイルに合った土地やプランを紹介することもできます。

住宅建築予定地で「AiR」のAR内覧機能を実際に使い、住宅の購入に至ったというケースも続々と出てきており、ジブンハウスのテクノロジーを活用した住宅販売というビジネスモデルがさらなる成長を遂げようとしています。

ジブンハウスのバーチャル住宅展示場に大手住宅メーカーも続々参入

バーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」

画像はMY HOME MARKETの公式サイトのものです。

ジブンハウスは、日本ユニシス株式会社とともにバーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」を展開しています。

VR内覧やスマホ見積というジブンハウスによる新しい住宅販売手法を、住宅展示場として応用して多くの住宅メーカーに展開するものです。

住宅展示場に足を運ばない若いデジタル世代への販売ソリューションとして、大手住宅メーカーからの注目度も高く、続々とバーチャル住宅展示場に参入する企業が増えています。

→MY HOME MARKET




「スマホで家を買う」体験はグローバルな展開へ

ジブンハウスはグローバルな展開へ

ジブンハウスは、国内で創業から3年で契約棟数300棟を達成した実績をもとに、VR・ARを利用した住宅販売手法を世界で展開していく展望を明らかにしました。

VR・ARでユーザーの体験と購買行動を変えるサービスを、没入型デザインソリューションとして国外向けサイトを通じて発信し、世界でさらに広めたいとしています。

株式会社 ジブンハウスの基本情報

社名:株式会社 ジブンハウス

代表者名:内堀 孝史

所在地:〒106-0031 東京都港区西麻布2-20-16

TEL:03-5774-6660

WEB:ジブンハウス公式サイト

問い合わせ先:info@jibunhouse.jp

まとめ

VR・ARなどを活用して家を販売するジブンハウスが、創業から3年余りで販売棟数300棟を超えたことがわかりました。

「スマホで家を買う」というと「現物を見なくて本当に大丈夫かな?」なんて思ってしまいますが、ジブンハウスのVR住宅展示場を体験してみたところ住宅が高品質のVRで再現されており、本当にモデルルームを見ているように感じるほどです。

「若者のマイホーム離れ」という言葉がある通り、若い世代に住宅を販売するのに各社悩んでいるようです。

そんな現状で若い世代のライフスタイルに沿った住宅の販売方法として、VRやARを使ったことがジブンハウスの強みと言われています。

今後は世界も見据えた活動も展開していくということですので、ジブンハウスのさらなる活躍に期待したいですね。

ソース:ジブンハウスが販売棟数300棟を達成[PRTimes]









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む