VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

圧倒的な没入感のVRリズムゲームがPSVRに登場!「BEATS FEVER VRリズムステージ」発売

イメージ

2019年8月19日(月)、PSVR専用のVRリズムアクションゲーム「BEATS FEVER VRリズムステージ」が、サン電子株式会社の運営するサンソフト プロジェクト・インディより発売されました。


「BEATS FEVER VRリズムステージ」とは

今回発売された「BEATS FEVER VRリズムステージ」は、上海の開発会社Arrowizが2017年にPC版を、2018年に海外でPSVR版を発売したVRリズムゲーム「BEATS FEVER」の日本版です。

サン電子社が展開するローカライズブランド「サンソフト プロジェクト・インディ」から、ダウンロード専用としてPS Storeにて販売されています。

価格は税込み2,400円です。

圧倒的な没入感のVRリズムゲーム

本作の特徴は

美しいビジュアル

あざやかで挑戦的な色彩

直感的で簡単なルールと操作

計算されたコントローラーの振動

綿密なレベルデザイン

の5つで、これらの要素によって非常に高い没入感を実現しており、まるで音楽に溶け込んだかのような他には無い没入感でプレイできます。

イメージ

販売サイト[PS Store]

公式サイト

様々な楽曲とステージ

ゲーム内に用意されているステージ(背景)は全部で4種類存在しており、楽曲も

エレクトロニック

ロック

ダンス

ポップ

さらにはカントリーからタンゴまでと、幅広いジャンルの曲が全33曲が収録されています。

ステージは

TOKYO

NEW YORK

RIO

LONDON

の各国主要都市をイメージしたステージが用意されており、各ステージで光の洪水が押し寄せてくるような、あざやかで幻想的なビジュアルを体験することができます。

イメージ

TOKYOステージ(www.sun-denshi.co.jp/soft/beatsfever/より)

イメージ

LONDONステージ(www.sun-denshi.co.jp/soft/beatsfever/より)

イメージ

NEWYORKステージ(www.sun-denshi.co.jp/soft/beatsfever/より)

イメージ

RIOステージ(www.sun-denshi.co.jp/soft/beatsfever/より)

日本版独自の機能も

また今回の日本市場に向けたPSVR版では、日本ユーザーのために新しい機能がいくつか実装されています。

その一例として、座る位置や立ち位置といった、足元に適切な居場所を示すサークルが表示されるようになっています。

ヒットエリアまでの距離やヒットエリアの大きさを変更することも可能で、より安全に・快適にプレイできるようになっています。



ゲーム概要

名称:BEATS FEVER VRリズムステージ

販売開始日:2019年8月19日

販売料金:2,400円(税込)

販売形態:PS4向け PS VR必須 ダウンロード専用

販売サイト[PS Store]

公式サイト

権利表記:© 2016-2019 Arrowiz. All Rights Reserved.

まとめ

サンソフトから、PSVR専用リズムアクション「BEATS FEVER VRリズムステージ」が販売開始されました。

このゲームは2017年・2018年に上海のメーカーから発売されたリズムゲーム「BEATS FEVER」を、日本向けにローカライズされたもので、従来の圧倒的な没入感に加えて新機能が実装されています。

光の洪水が押し寄せてくるような、あざやかで幻想的なビジュアルで音楽の世界を体験できるこのゲーム。

とてつもない爽快感でプレイできそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む