VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

自動走行カートでMR体験!ソニーとヤマハが自動走行カート「SC-1」を共同開発!

MRによる新しい低速移動体験を提供する自動走行カート「SC-1」

8月21日、ヤマハ発動機株式会社とソニー株式会社はMR技術と自動走行技術を活用したソーシャブルカート「SC-1」を共同開発したことを発表しました。

また、「SC-1」を使った新たな低速の移動体験を提供するサービスを2019年以内に開始する予定であることも発表されています。


ソーシャブルカート「SC-1」とは

ソーシャブルカート「SC-1」とは

SC-1は、ヤマハ発動機の自動運転技術とソニーのエンターテインメント映像技術を融合させた小型車両です。

自動で走行する車両の室内や車体側面に搭載されている高精細ディスプレイに、カメラで捉えた車両の前後左右の様子や走行場所に応じた様々な映像、MR映像を映し出すことができます。

例えば、リゾートホテルで敷地内を移動する際に、現実の映像と実際にはいない動物たちの映像を組み合わせたり、咲いている花の名前を画面に表示させることが可能です。

もちろん、道案内や店舗情報、エンターテイメント情報、配信ニュース、広告など、人の性別・年齢などの属性に基づいた最適な情報を表示させることもできます。

従来の自動車やカートでは提供できなかったエンターテインメント空間をつくりだすことによって、乗客や車両の周囲の人々により楽しい低速移動を提供できるのが特徴です。

SC-1の動画

約10年の開発期間

SC-1の開発について

「SC-1」のプロジェクトは、ソニーとヤマハ発動機が「Xperiaバイク」の開発を共同で進めていたところから始まります。

その後、「自動車にスマホの技術を搭載するのではなく、スマホ自体が人を乗せて走れるようにしよう」というアイデアから、

ヤマハ発動機の電動ゴルフカート、ソニーのスマートフォンの技術を融合させるプロジェクトとして、プロジェクトは発展していきました。

10年近くにも及ぶ試行錯誤と開発の結果、

・電動のゴルフカーをベースとした試作モデルの発表

・コンセプトモデル「New Concept Cart SC-1」の車両開発

・カヌチャリゾート(沖縄県名護市)での夜間のゴルフ場における乗車体験サービス「Moonlight Cruise」の期間限定実施

を経て、今回の共同発表を迎えることとなりました。



SC-1の主な仕様

サイズ:3135mmx1306mmx1830mm(全長x全幅x全高)

乗車定員:5名

走行速度:0~19km/h

搭載モニター
車内:49インチ4K液晶モニター 1台、

車外:55インチ4K液晶モニター 4台

駆動方式:DCモーター

バッテリータイプ:リチウムイオンポリマー電池

ブレーキ方式:油圧式四輪ディスクおよびモーター回生ブレーキ

サスペンション:前・ダブルウィッシュボーン式/後・リンク式

自動運転方式:電磁誘導

まとめ

ヤマハ発動機とソニーが、MR技術が搭載された自動走行カート「SC-1」を共同開発したことが明らかになりました。

自動走行車両というだけでも未来を感じますが、MR技術も搭載されることでさらにSFの世界観が実現したという印象を持ってしまいます。

今後は国内の商業施設を中心に、実際の風景とMR映像を融合させた体験を楽しめるサービスが提供される予定です。

個人的には、ホラーアトラクションなどでは大活躍するのではないかと思います。

こうなると個人でも購入できないかきになるところですが、SC-1は体験を提供するサービスとして開発されたので、残念ながら車両としての販売は予定されていないということです。

参考:ヤマハ発動機ニュース[ヤマハ発動機株式会社公式サイト]

参考:New Concept Cart SC-1[ソニー株式会社公式サイト]









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む