VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARで遊びながら外国語を学べる!AR動物カード「Miaotu World」がクラウドファンディング初日で目標金額達成!

三星サポート株式会社(ブランド名:island banana)が、2019年9月3日よりクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)にて公開した、遊びながら学べる多言語対応AR動物カード「Miaotu World」が開始初日で目標金額を達成したことが明らかになりました。

なお、目標金額は達成しましたが、引き続きクラウドファンディングの支援募集は締め切り日まで継続していくとのことです。


AR動物カード「Miaotu World」とは?

AR動物カード「Miaotu World」とは

「Miaotu World」は他言語の学習に抵抗感が少ない幼少期に、遊びの中で触れて学ぶことができるAR動物カードです。

カメラでARカードを写すと立体的に動物が現れ、日本語、英語のほか、中国語やドイツ語など16か国語での動物の名前を調べることができます。

「Miaotu World」はすべてのカードがネイティブの発音で聞くことができるので、最初から「正しい発音がわからない」と迷うことなく正しい発音で学ぶことができます。

スマホやタブレットに専用アプリをインストールすることにより、家でも外出先でも手軽に楽しく学ぶことができ、海外でも多くの子どもたちに親しまれてきました。

Miaotu Worldの動画

カードを組み合わせて無限に楽しめる!

Miaotu-Worldの様々な機能

「Miaotu World」はカメラでARカードを写すと立体的に動物が現れ、360度様々な角度から観察が出来るだけでなく、

VRモードや動物を好きな場所に配置して撮影できるモードなどの機能もあり飽きずに遊び学ぶことができるのが特徴です。

また、付属の

・動物に合わせた背景のカード

・季節別の背景カード

・動物が遊ぶためのおもちゃのカード

を組み合わせることでサファリパーク気分な遊び方もできるので、動物の生態などを考えることによって想像力も育むことができます。



クラウドファンディング開始初日に目標達成

クラウドファンディング開始初日に目標達成

「Miaotu World」は、今回のマクアケ(Makuake)でのクラウドファンディングにて、開始初日に目標金額を達成しました。

幼児からの外国語教育に関心が高まる今、言語習得を楽しく学ぶことができる「Miaotu World」は多くの支持を集めています。

また、目標金額は達成しましたが、クラウドファンディングは締め切り日の11月29日まで継続していくとのことです。

まとめ

AR動物カードを使って外国語を学習できる「Miaotu World」について行われたクラウドファンディングが、開始初日に目標金額を達成しました。

日本でもグローバル化が進んでおり、小学校の英語教育も文法や「書く」から「話す」へ変化していて、幼いうちから遊びの中で英語や中国語などの他の言語に耳を慣らすことの重要性が注目されています。

そんな中、ARを使って子供だけではなく、家族全員で楽しく外国語を学べる「Miaotu World」は幼児の言語学習には打って付けです。

また、クラウドファンディングは締め切り日の11月29日まで継続していくとのことなので、今後支援がさらに受けられればより多くの楽しい機能が追加されるかもしれません。

ソース:光星サポート株式会社プレスリリース[@Press]









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む