VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

サービス産業の競争力向上へ!「サービスVR」の確立を目指す研究部門が東大VRセンターで始動!

東京⼤学 連携研究機構 バーチャルリアリティ教育研究センターは、2019年10⽉1⽇(火)付で「サービスVR寄付研究部⾨」を設置し、約3年間の計画で活動を開始したことを発表しました。


サービスVR寄付研究部⾨ について

「サービスVR寄付研究部⾨」は、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、東⽇本旅客鉄道株式会社、近畿⽇本鉄道株式会社、⼤⽇本印刷株式会社、株式会社ソリッドレイ研究所からの寄付を元に、2019年10⽉1⽇(火)から3年間の計画で設立されました。

これまでVRやARの研究開発は主として、ものづくりの分野への応⽤が中⼼になって進められてきましたが、現在では産業のサービス化やソフト化が⼤きなテーマとなりつつあります。

VRやARの技術をこうしたサービス業に対して活⽤しようという社会的要請が、今後ますます増加すると考えられます。

「サービスVR寄付研究部⾨」では、そのサービス産業において、必要とされるVR/AR技術を活⽤したシステムの開発を想定して、

・対⼈サービス

・空間サービス

の観点から研究を⾏うことを目的としています。

対⼈サービスに関しては、VR顧客アバターを含む接客サービスVRトレーナーの研究開発と、動機づけまでを含む新しい訓練⽅式の研究が行われます。

空間サービスに関しては、サービス空間における顧客の⾏動誘発のための基礎的な⽅式研究とAR 技術を⽤いた空間の⾼付加価値化に向けた研究開発が行われます。

研究の成果として

・新しいVR研究のジャンルを確⽴させること

・VR/AR技術を活⽤することで、重要性を増していくサービス産業の競争⼒向上に貢献すること

が期待されています。

「サービスVR寄付研究部⾨」概要

【設置先】: 東京⼤学 連携研究機構 バーチャルリアリティ教育研究センター

【寄付者】: 株式会社セブン&アイ・ホールディングス 東⽇本旅客鉄道株式会社 近畿⽇本鉄道株式会社 ⼤⽇本印刷株式会社 株式会社ソリッドレイ研究所

【設置期間】: 2019年10⽉1⽇〜 3年間

【担当教員】: 特任教授(兼務)/東京⼤学⼤学院情報理⼯学系研究科 教授 廣瀬 通孝(ひろせ みちたか)




バーチャルリアリティ教育研究センター とは

vr.u-tokyo.ac.jpより引用

近年急速な普及が進展しているVRは、人と情報世界を繋げる技術で、人間の感性や思考、社会の成り立ちにまで深く影響を与える技術ともいえます。

VRを教育に導入すれば、体験を伴う教育によってその効率を格段に高めることができ、日常生活や産業に導入されることで、幅広い世代・分野の人間の能力を大幅に拡張する可能性を秘めています。

バーチャルリアリティ教育研究センターでは、このようなVR研究における国際的なイニシアティブを確立するとともに、

・先端技術の普及

・VRを活用した先進的教育システムの導入

を推進することを目的に、研究が進められています。

vr.u-tokyo.ac.jpより引用

■ 公式サイト東京大学 バーチャルリアリティ教育研究センター

まとめ

VRの基盤研究を推進する「基盤研究部門」と、VRの社会実装と文化創造を推進する「応用展開部門」の2部門を置き、幅広くネットワークを形成しながらVR分野を担う人材の育成と、VRを活用した教育システムの普及を目指す東京大学 バーチャルリアリティ教育研究センターが、VRのサービス産業に関する研究を推進する新たな部門を設立しました。

3年間という限定された期間での活動によって、新しいVR研究のジャンルとなる「サービスVR」を確⽴させることでさらなる技術発展につなげ、また今後の日本において重要性を増していくサービス産業の競争⼒を向上させることで、学術的・社会的両面での貢献が期待されています。

ソース:「東京⼤学 連携研究機構 バーチャルリアリティ教育研究センター」プレスリリース









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む