VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > とらのあなグループのツクルノモリがVRchat対応オリジナル3Dモデル「if the ♭」12/20リリース!

とらのあなグループのツクルノモリがVRchat対応オリジナル3Dモデル「if the ♭」12/20リリース!

漫画・アニメ・同人誌やキャラクターグッズなどの流通・販売を手掛ける株式会社虎の穴のグループ会社ツクルノモリ株式会社はバーチャルコンテンツに本格参戦となる、豪華クリエイターとコラボした3Dモデルアバター「if the ♭(イフ・ザ・フラット)」を2019年12月20日(金)にリリースすることを発表しました。


ツクルノモリがバーチャルコンテンツに参戦!

ツクルノモリ社は、個人で活躍する人気クリエイター同士の新たな創作形態の場としてバーチャル市場に着目。

キャラクターデザイン/ゲームイラストなどマルチに活躍するクリエイターとVRの世界で活躍する新進気鋭クリエイターにツクルノモリ社が加わり、

オリジナルキャラ(絵師)

・オリジナルモデル(モデラー)

・コンテンツ力(企業)

の三布陣での製作が行われ、これまでにない豪華さを実現しています。

また、ツクルノモリ社は、3Dモデルでのアバターの販売、各種アイテム、グッズのプロデュースなど、VR業界でのハイブランドを目指していくとしています。

「if the ♭(イフ・ザ・フラット)」とは?


「if the ♭(イフ・ザ・フラット)」は、VRChat対応オリジナル3Dモデルアバターです。

キャラクターが固定されたアバターや企業のキャラクターとしてのVtuberではなく、ユーザーのコンテンツ発信をサポートすることを目的にデザインし、ユーザーの数だけ存在し、それぞれに成長していく、参加型コンテンツです。

利用者の数だけ存在する成長型コンテンツ

『if(イフ)は、利用者の数だけ存在する』

3Dモデルという用途の広さを活かし、キャラクターがユーザーと触れ合うことにより、学習し進化していくという設定。

ただ、可愛いキャラクターとして描かれたのではなく、その背景やテーマを作り込む事により、ユーザーは物語の紡ぎ手となり、参加型コンテンツとして展開していきます。

▲イフ・ザ・フラット表情パターン

発信者のためのツール

『何故、企業Vtuberではないのか』

「if」はユーザーのコンテンツ発信のサポートを目的としてデザインされ、利用規約内であればユーザーの自由が尊重され、モデルの改造、動画配信、ゲーム使用などが許可されています。

「誰でもダウンロードすれば利用できるからこそ、オリジナリティを大事にしたい。」

そんな開発者の思いから、人の数だけ姿形が存在する多面性を持つキャラクターだからこそ、発信する内容やモデルが変更(改造)されてもテーマのぶれないコンテンツとして成立するよう開発されています。

ツクルノモリ社では、今後、3Dモデルを利用した創作形態を構築し、プロデュースしていきたいとしています。

商品概要

商品内容:VRChatアバター用オリジナル3Dモデル

発売予定日:2019年12月20日

予価:5,000円(税込)

仕様:UnityのHumanoid形式に対応、VRChat用にセットアップ済み

販売場所:ファンティア[Fantia]、BOOTH「ツクルノモリ公式」ストア

販売元:ツクルノモリ株式会社

コピーライト:©Tsukurunomori

詳細:「if the ♭(イフ・ザ・フラット)」公式サイト



「if the ♭」キャラクター紹介

©Tsukurunomori

「if the ♭」は、人々の創作エネルギーから生まれた電子の妖精。

利用者の創作活動を応援し、電子の海からやってきました。

「if」は、利用者(パートナー)の数だけ存在します。

フラットで無垢な存在のイフは、パートナーの望む形(存在)に変化します。

「if」は存在を維持(更新=進化)するためにエネルギーを供給し続ける必要があります。

そのために本能的に創作物や創作を行う人々と仲良くなりたい、応援したいという気持ちであふれています。

「わたしの名前は、 イフ。 イフ・ザ・フラットです。 よろしくなのです♪」

「if」を特徴付けるこだわり機能

・髪のカラー

髪のカラー部分は、感情の起伏により長さが変わったり、発光するといったギミックが搭載されており、キャラクターの設定を忠実に再現しています。

これにより、内面の感情を視覚的に伝わりやすくしています。

・喉元のスピーカー

喉元のスピーカーには、自分の音声を持たない「if」が、ユーザーを媒介として言葉を伝える表現者となる(ユーザーによって声が変わる)という意図が込められています。

プロフィール

本名/ニックネーム:if the ♭(イフ・ザ・フラット) / イフ

年齢:16~18歳(外見年齢)

居住地:不明(電脳世界に住んでいる)

種族:電子妖精

※本モデルはUnityのHumanoid形式に対応したオリジナルモデルです。

※VRChatでの使用が想定されていますが、その他サービスや動画・ゲーム制作等でも利用可能です。

コラボクリエイター紹介

キャラクターデザイン

■LAM(@ramdayo1122)

主な代表作は、バーチャルタレント「九条林檎」、VRミステリーADV「東京クロノス」キャラクターデザイン、アーケードリズムゲーム「WACCA」メインビジュアル 等。

制作者コメント

イフは「VRの妖精」をイメージしてデザインしました。

白くて無垢な姿はフェアリーを意識し、髪の毛の差し色はどんなものにでもなれるVRの無限の可能性を込めています。

引用元:プレスリリース

3Dモデリング

■muta(@muta_shinki)

主な代表作は、オリジナル3Dモデル「キッシュ」、「リンツ」、「コルネット」 等。

制作者コメント

今回制作の依頼を頂いて、やはり企業発販売モデルが出始めるか!というのが第一印象でした。

VRChatは自身のアバターや販売用のアバターで初めてモデリングを始めた人が多く、隠れた才能が埋もれている場所です。

今後こういった取り組みが盛んになって彼らの活躍の場が広がり、企業や有名なクリエイターも巻き込んでこの界隈が大きく成長する事を願っています。

引用元:プレスリリース

VRChatとは

VRChatは、全世界で43万人が利用する世界最大のソーシャルVRプラットホーム。

ユーザーは思い思いの3Dアバターを纏い、3Dで表現されたVR空間で他者とコミュニケーションを取ることが可能です。

コミュニケーションサービスとしての自由度の高さが特徴で、ユーザーは自由にアバターやワールドをアップロードすることができます。

多数販売されているアバターの他に、自作のアバターを使用することも可能で、ユーザーは自分の好きな姿・なりたい自分になることができます。

ワールドの内容も多岐に渡り、ゲームワールドやホラーワールドのような「遊べる」ワールドから、美しい風景やマンションの一室を再現したワールドといった、くつろいで過ごせるワールドまで、様々なワールドが日々続々とアップロードされています。

「VRChat」ですが、ヘッドマウントディスプレイ等のVR機器が無くても、PCのみでも楽しむことができます。

さらにサービスの登録・利用ともに、無料で楽しむことができます。

詳細:VRChat公式ページ

まとめ

二次元キャラのイメージが強いとらのあなから3Dキャラクターがついに登場!

アバターなのに成長し、参加型コンテンツであるという設定がユニークであり、まさにクリエーターのために創造された3Dアバターですね。

これから「if」がどのように成長、発展するか楽しみです。

ソース:VRchat対応オリジナル3Dモデル「if the ♭」に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む