VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRニュースイッキ見!【後編】「『マリオカート VR』を家族で!対象年齢を7歳以上に引き下げ」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見!【後編】「『マリオカート VR』を家族で!対象年齢を7歳以上に引き下げ」など注目記事を振り返り!!

VRニュースイッキ見_1月5日_後編

週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(2019年12月27日〜2020年1月2日) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-173040/


①服にスマホをかざすと動物が出現!アプリ不要でARが楽しめるTシャツ&ポンチョ登場

VRニュースイッキ見_アプリ不要でARが楽しめるTシャツ&ポンチョ登場

服に表示されたQRコードをスマホで読み込むことによって、服からARの動物が飛び出す演出を楽しめるTシャツとポンチョが登場しました。

恵比寿のアパレルショップADDLUXが発表した新作Tシャツとポンチョは特別なアプリをインストールしなくてもARを楽しむことができます。

今後は様々な動物が現れる、Tシャツ以外の様々なアイテムを発売していく予定とのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-172828/

②iiyama PC「LEVEL∞」より最新鋭VRデバイス『VALVE INDEX』セットモデルを発売

VRニュースイッキ見_「LEVEL∞」より最新鋭VRデバイス『VALVE INDEX』セットモデルを発売

パソコン工房・グッドウィルを運営するユニットコムは、VRヘッドマウントディスプレイ『VALVE INDEX』がセットになったBTOパソコンの販売を開始しました。

『VALVE INDEX』は世界最大級のゲーミングプラットフォーム「Steam」で有名なVALVE社が開発したVRヘッドセットで、「SteamVR」に最適化されている性能が特徴です。

『VALVE INDEX』がセットになるのはiiyamaPCの「LEVEL∞」シリーズで、動作確認済みのPCとセットになることですぐにVRを楽しむことができるようになります。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-172902/

③体育の授業でARシューティングバトル!クラーク記念国際高等学校で「HoloBreak」を体験

VRニュースイッキ見_クラーク記念国際高等学校で「HoloBreak」を体育で体験

Graffity社は、実際に動き回りながら遊ぶARシューティングゲーム「HoloBreak」を活用した体育の特別授業が実施されたことを発表しました。

特別授業が行われたのは「ゲーム・プログラミング専攻」があるクラーク記念国際高等学 秋葉原ITキャンパスで、筑波大学附属高等学校での試験導入に続く導入事例となります。

同校では今年度より「スポーツコース・eスポーツ専攻」が新たに開講されることになっており、ARゲームなどを活用してスポーツに親しめる環境づくりに貢献していくことが期待されます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-172854/



④既存のエアロバイクにセンサー装着だけ!3面シアターや大画面でサイクリングVRが楽しめる「ヘルスケアVR」開発

VRニュースイッキ見_3面シアターや大画面でサイクリングVRが楽しめる「ヘルスケアVR」開発

VRゴーグルを装着しなくてもサイクリングVRを楽しむことができる「ヘルスケアVR」が登場しました。

「ヘルスケアVR」は従来のサイクリングVRに追加されるサービスとして開発され、専用PCを付けたエアロバイクとVRゴーグルを使わず、既存のエアロバイクと3面シアターや大画面を利用することでサイクリングVRを楽しめるものです。

導入ハードルが大幅に下がったことで、今後さらにフィットネスやリハビリ施設などでサイクリングVRの設置の増加につながることが期待されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-172921/

⑤「マリオカート VR」を家族で楽しもう!体験対象年齢を7歳以上に引き下げ

VRニュースイッキ見_「マリオカート VR」対象年齢を7歳以上に引き下げ

バンダイナムコアミューズメントは、大人気VRアクティビティ「マリオカート アーケードグランプリVR」の体験対象年齢を13歳から7歳以上に引き下げることを発表しました。

『マリオカート』ゲームの世界に入り込める「マリオカートVR」は今秋よりシートベルトの設置や小学生にもわかりやすい操作方法の追加など、対象年齢引き下げのための取り組みを進めてきました。

現在低年齢層でも楽しめるVRアクティビティが少ないことから、「マリオカートVR」の対象年齢引き下げはファミリー層にアピールできるVRアクティビティとして今後期待が高まりそうです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-172912/

まとめ

今週後半はVR/ARに関して、アミューズメント分野や教育分野など若い世代に親しめるようにする取り組みの話題が中心になりました。

現在のxRテクノロジーは知育分野でも利用例が増えてきたものの大人が楽しむものというイメージが強いようです。

そんな中で、さらなる普及を目指す上では低年齢層へのアピールが欠かせません。

その意味では、新しい年になって様々な分野で児童向けのxRコンテンツが増えてくるのは歓迎すべきことだと思います。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む