VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRライブシステム「Omnipresence Live」が登場!5/30に全世界同時ライブも開催

VRライブシステム「Omnipresence Live」が登場!5/30に全世界同時ライブも開催

イメージ

VR空間で音楽活動を行う2人組のバーチャルアーティスト"memex"さんが2020年5月16日(土)、存在や演出・音声を同時に複数の空間に配信することができるVRライブシステム「Omnipresence Live」の開発を、公式サイトで発表しました。


「Omnipresence Live」とは

今回発表された「Omnipresence Live」は、アーティストの存在やライブの演出・音声を同時に複数の空間に配信可能なVRライブシステムで、リアルタイムに動くアーティストや生演奏・空間演出が施されているVRライブを、数百万人規模の視聴者が同時に体験することができます。

2020年5月30日にはこのシステムを使った、memexさんのVRライブが予定されていますが、システム自体は技術的な活用ハードルが高いため、現時点で一般公開は予定していないということです。

「Omnipresence Live」には4つの特徴があり、これらを用いて全世界同時配信ライブなど可能にしています。

特徴の1つ目は、理論上の同時接続数が映像配信プラットフォームの最高同時接続数と同値以上になることで、数百万人規模の同時接続が可能になります。

2つ目は、モーションや音声・演出のタイミングが一致したリアルタイムVRライブを配信することが可能になることです。

3つ目は、VRライブを構成する情報を汎用的な映像フォーマットとして扱うことができるため、既存の映像配信サーバーを構成する技術を流用することが可能な点です。

そして4つ目は、配信映像のアーカイブ映像を用いることで、VRライブをいつでも体験することができるということです。

2つのシステムでVR生ライブの体験を可能に

「Omnipresence Live」は

イベントビジュアライザ

・リコンストラクタ

の2つのシステムから構成されています。

「イベントビジュアライザ」はVRライブの構成情報を映像に変換するシステムで、アーティストの動きの情報と演奏情報をデータビジュアライズの要領で映像に変換します。

この映像にライブの音声を乗せることで、ライブを生配信することができます。

イメージ

meme-x.jp/より

「リコンストラクタ」は映像からVRライブを再構成するシステムで、配信された映像から元の情報を復元して、アーティストの動きやライブ音声・演奏情報に合わせた演出を再生することが可能です。

この復元された情報を、リアルタイムに映像として配信することによって、VR空間上で生演奏に反応する演出が表現できます。

イメージ

meme-x.jp/より

以上のことから「Omnipresence Live」は、「イベントビジュアライザ→配信プラットフォーム→リコンストラクタ→VR空間」という流れになっています。

イメージ

meme-x.jp/より

公式によれば、このシステムは現在、3Dアバターの全頂点群を配信する方式のイベントビジュアライザを実装しているものの、現状の映像配信サービスでは必要な情報量を安定して配信・視聴することが難しいため、アーティストの姿はノイズを含む状態になっているということです。

またリコンストラクタは、Windows上・VRChat(Windows版)上で動作するように実装されています。



「Omnipresence Live」を用いたライブがVRChatで開催

2020年5月30日には、「Omnipresence Live」を用いた全世界同時ワンマンライブ「#解釈不一致」が、15:00からVRChat上で開催されます。

このライブは、memexさんの存在と演奏、Mikipomさん制作のワールド・オーディオリアクティブ演出を体験することができます。

アクセス方法

1:VRChatにログイン

2:メニュー > Settings > Other Options > SHOW COMMUNITY LABSをオンに変更

3:メニュー > World > Search より「fuitch」を検索

4:ワールド「fuitch – memex existence streaming」を選択し「Go」ボタンで入場

「memex」とは

「memex」は、ぴぼさん・アランさんの2人で構成されたバーチャルオルタナアーティストで、2019年1月1日に活動を開始しています。

彼らはソーシャルVR空間でのライブ活動や、音に重点を置いたVRワールド制作・楽曲発表などの、「技術で音楽活動をハックする」をテーマにした音楽活動を行っています。

公式YouTubeチャンネル

公式Twitter

まとめ

今回、VRライブシステム「Omnipresence Live」の開発が発表されました。

このシステムは同時に複数の空間にライブ配信を可能にしており、数百万人規模のVR生ライブもできるようになっています。

「Omnipresence Live」は、技術的な理由でまだ一般公開の予定はされていませんが、このシステムを使った全世界同時ワンマンライブが、5月30日にVRChatで開かれます。

まだ誰も体験したことのないこのシステムを、いち早く体験できるチャンスです。

ぜひ参加してみてください。

参考:「memex」公式サイト








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む