VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 熟練の技を記録・活用できる技術伝承MRトレーニングツール「TechniCapture」登場

熟練の技を記録・活用できる技術伝承MRトレーニングツール「TechniCapture」登場

株式会社ホロラボは熟練の職人技を記録し、初学者の手業の修練に役立つアプリ「TechniCapture」の提供を開始したことを発表しました。


「TechniCapture」とは?


「TechniCapture」は、MRデバイス「HoloLens 2」を利用して視線と手技(動作)を記録することができるアプリです。

手技を覚えるには、「見て真似る」ことが必要とされていました。

「TechniCapture」ではプロの技を3D空間に記録することで、自分の動きと比較しズレを視覚化することが可能となります。

また記録した手技はデータ化されるため、同時に複数人で再現することが可能となり、物理的に会う必要もなく、プロの技術をなぞるように学習することができます。

環境音などの音声も同時に録音できるため、記録中に補足説明を話すことでより分かりやすいデジタル指南書を作成できます。

「TechniCapture」の特徴


・3D空間に手・指・頭の動き、目線を映像で記録することができます

・記録する空間の基準点を設定できるので同じ機器の操作を遠隔で習得できます

・素早い熟練技など身につけることが難しい技術の習得や初心者の手技の修練に役立ちます

・職人技を記録することで技術伝承に貢献することができます

・HoloLens 2のみで完結できるため、操作も容易で、記録・利用の場所も選びません。




提供プランについて

基本セット

価格:¥900,000(税別)

セット内容:システムに必要な以下の一式

・HoloLens 2用アプリケーション

・アプリケーションマニュアル

・ライセンス(5台までインストール可能)

※HoloLens 2は含まれていません。

オプション

■サポート

価格:¥600,000(税別)

内容:現地での操作説明+作業支援(訪問2回程度を想定)

■追加ライセンス料

価格:¥50,000(税別)

内容:追加ライセンス(HoloLens 2:1台分)

詳細:TechniCapture

「HoloLens 2」について

「HoloLens 2」は、3Dグラフィックなどで作られた映像や画像(ホログラム)を、現実世界に重ね合わせて表示することで、目の前に実物があるかのように見たり、動かしたりできる技術「MR:MixedReality」(複合現実)を実現する、マイクロソフト社のMRヘッドセットの第2世代製品です。

参考:Hololens2情報まとめ!特徴や価格など最新MRデバイス「ホロレンズ2」のあらゆる情報を紹介!

まとめ

伝統文化の継承や次世代の学びをサポートするアプリ「TechniCapture」がリリースされました。

「HoloLens 2」を利用したサービスは次々と誕生しています。

「TechniCapture」は、「HoloLens 2」だけで完結できる点など利便性が高く、今後様々な分野で活用されそうですね。

「HoloLens 2」などMRデバイスはVRゴーグルに比べまだ高額ですが、このような技術の伝承にはなくてはならないデバイスとなりそうです。

ソース:「TechniCapture」に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む