VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR空間で遊べるゲームが製作可能に!バーチャルSNS「cluster」大型アップデート

VR空間で遊べるゲームが製作可能に!バーチャルSNS「cluster」大型アップデート

イメージ

バーチャルSNS「cluster」を運営するクラスター株式会社は2020年6月11日(木)、同プラットフォームの大型アップデートを実施したと発表しました。

今回のアップデートで、全てのユーザーが自作したマルチプレイゲームをcluster上で公開できるようになっています。

また、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン協賛のゲームワールドコンテストも同時開催されています。


大型アップデートでゲームの製作・公開が可能に

今回大型アップデートが実施された「cluster」は、VR空間上で⾳楽ライブやカンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことができる"バーチャルSNS"です。

VRデバイスだけでなく、スマホやPCなど様々なデバイスから数万人が同時に接続することが可能で、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化ができます。

今回のアップデートでは、全てのユーザーがトリガー・ギミックの機能を利用することが可能になっており、今まで以上に複雑でゲーム性のあるコンテンツをcluster上で作ることができるようになっています。

これによって、どこでも手軽に友達とマルチプレイゲームを楽しめるようになり、"バーチャルSNS"としての新たな側面が付加されることになります。

イメージ

複雑なゲームの製作も可能に

現在は

謎解きやシューティングゲーム

アクションゲーム

といったものが制作可能になっており、今夏~秋頃まで継続的に行われるアップデートによって、より複雑性の高いゲームの制作もできるようになる予定ということです。

ゲーム制作者向けドキュメント例



ワールドコンテストが開催!

今回のアップデートと併せて、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン協賛のゲームワールドコンテストが、2020年7月12日(日)まで開催されています。

このコンテストは、ゲームワールドを投稿してユーザー自身のアイデアと技術力を競い合うもので、ゲームワールドコンテストとして

創造力

何度でも楽しめる

熱量

の3つの観点から審査されます。

コンテストでの豪華賞品の他、本コンテストに関するツイートやエントリーだけでもらえる特典も用意されています。

イメージ

clusterゲームワールドコンテスト2020詳細

今後はクリエイターのための機能も追加に

今後のアップデートを通じて、年内にはclusterで活動するゲームクリエイターへの還元施策や課金機能の追加も予定されており、同プラットフォームがビジョンに掲げるバーチャル経済圏のインフラとなるべく、開発が進められているということです。

まとめ

バーチャルSNSの「cluster」が大型アップデートされ、空間内でゲームを作って公開できる機能が追加されました。

現在はシューティングやアクションゲームが製作できるようですが、今後は複雑なゲームも作れるようになるということです。

自分の作ったゲームで友達と遊べるとなると、ますますVR空間での活動がにぎやかになりそうですね。

"未来のSNS"とも言えるこのプラットフォームは、いったいどこまで進化していくのでしょうか。

ソース:「cluster」プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む