VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR学会「Japan XR Science Forum」が開催!研究者の家族も参加可能

VR学会「Japan XR Science Forum」が開催!研究者の家族も参加可能

イメージ

株式会社メディプロデュースは2020年6月15日(月)、一般社団法人/米国NPO法人 海外日本人研究者ネットワークとNPO法人ケイロン・イニシアチブが、研究者とその家族が参加するバーチャルリアリティ学会「Japan XR Science Forum 2020 in US Midwest」の開催を発表しました。

2020年7月12日(日)日本時間7:00~12:00に開催予定で、学会WEBサイトで参加を受け付けています。


「Japan XR Science Forum 2020 in US Midwest」とは

「Japan XR Science Forum 2020 in US Midwest」は、一般社団法人/米国NPO法人 海外日本人研究者ネットワーク(UJA)とNPO法人ケイロン・イニシアチブが主催する、VR空間で行われるサイエンスフォーラムです。

現実世界と仮想世界・研究者と家族・国と国の垣根を超えてつながり、"COVID-19"いわゆる新型コロナ下の新しい学術集会のあり方の提案と、仮想現実の世界で日本の科学技術を世界に向けてアピールすることで、日本の科学技術プレゼンス向上を目指しています。

このフォーラムは、ノースウェスタン大学日本人研究者の会(NUJRA)やEureka Science School、日本医療研究開発機構(AMED)が共催しており、MPUF(Microsoft Project Users Forum)や免疫アレルギー疾患研究10か年戦略次世代タスクフォースENGAGE、東京大学バーチャルリアリティ教育研究センターなど、日米の名だたる機関が運営に関わっています。

また在シカゴ日本国総領事館やアメリカ大使館、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が後援に就いています。

イメージ

VRを使った新しい学会の試み!最新の研究も発表へ

この学会は、UJAのミッションである"世界各地の日本人研究者を国と分野の壁を超えて繋ぐこと"を目的にしており、共同主催者のケイロン・イニシアチブの理念である"研究者とその家族、サイエンスと社会を繋ぐこと"を目指しています。

"COVID-19"の世界的大流行によって、直接のコミュニケーションが難しくなっている今、様々な垣根を超える活動を継続してきたメンバーが目指すのは、

With-COVID-19時代のサイエンスフォーラムの新機軸

であり、それを可能にしたのがVRを含めたXR技術だということです。

今回のフォーラムでは、以下の発表がされます。

米国を含む海外で世界最先端の研究を推進する若手日本人研究者による発表

Cheiron-GIFTS(研究者家族留学支援イニシアチブ)採択者のVR贈呈式

"COVID-19"の影響で科学に触れる機会が少ない米国と日本在住の子どもたちのための夏の科学教室

開催は時差により日本・欧州・米国とで異なる!参加登録も受付中

今回の学会の開催日時は視聴各国の時差により異なっています。

日本が7月12日(日)の7:00~12:00、欧州中央では同日0:00~5:00となっており、米国東部では11日(土)18:00~23:00となっています。

また参加には登録が必要で、学会ウェブサイトで受け付けられています。



VRでの開催になったことで仮想現実空間が体感できるサイエンスフォーラムに

学会では、参加者がアバターを介して時空を超えた交流を行うことができ、

細胞 X 最新技術

免疫・アレルギー X 皮膚

留学のすゝめ

異分野交流

親子科学教室

などの通常では混ざり合わないテーマと参加者の組み合わせから、新たな知の閃き(セレンディピティ)が生み出されることが期待されています。

本フォーラムは当初、"在シカゴ日本国総領事館"で開催することを目指して、米中西部を中心に企画されていましたが、"COVID-19"の影響下でオンラインでの開催を余儀なくされました。

しかし今回XR技術を活用したことで、世界で初めて研究者の家族が仮想現実空間を体感するサイエンスフォーラムの開催が可能になっています。

この取り組みは、これまで研究に興味のなかった人や他分野の話を聞くのが億劫だった研究者もサイエンスの楽しさに触れる機会となるように、新たなアプローチを模索しているということです。

イメージ

海外日本人研究者ネットワーク(UJA)とは

UJAは、海外で活躍する日本人研究者6000人のネットワークのもとに、「信頼の見える化によって研究者のWellbeingを育み、すべての日本人研究者が安心して、国際的に活躍するサイエンスの未来を創る」をビジョンとしており、

留学を考える人へ情報・支援を提供する窓口の整備

日本・国際舞台において活躍し続けるための相互支援とキャリアパスの透明化

教育・科学技術行政機関との情報交換および連携

の3つのミッションを遂行しています。

NPO法人 ケイロン・イニシアチブとは

ケイロン・イニシアチブは、研究者と家族・サイエンスと社会を繋ぐことを目指しており、

新しい国に挑戦する研究者と家族が直面する様々な問題に対して、実体験に基づく解決策を紹介する

フェローシップ、研究費では賄い切れない家族のライフをサポートし、研究者の家族自身が応募できる助成金制度

教育やキャリア推進など家族に関連する既存の取り組み、民間の奨学金や企業のサポートなど研究者に対する既存の取り組み、それらの仲介及び連携

など「研究者と家族」の支援を通じて、産官学「民」連携による科学とイノベーションの推進に貢献しています。

まとめ

バーチャルリアリティ学会「Japan XR Science Forum 2020 in US Midwest」が、今年7月12日(日本時間)に開催されます。

この学会はVR空間で行われるもので、世界で初めて研究者とその家族が参加できるフォーラムになっています。

最先端の研究発表の他に、"COVID-19"の影響で科学に触れる機会が少ない子どもたちのための"夏の科学教室"が開かれるなど、VRならではのフォーラムになっています。

学会というと堅苦しいイメージがありますが、VR技術を使えばVRならではの演出が可能になるなど、子どもたちの興味を引く催しもできるようになりますね。

まさしくVR時代のフォーラムと言ったところでしょうか。

ソース:「Japan XR Science Forum 2020 in US Midwest」プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む