VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ジョリーグッド「多接続リモートVR臨床システム」開発!VR臨床セミナーも8/27に開催

ジョリーグッド「多接続リモートVR臨床システム」開発!VR臨床セミナーも8/27に開催

イメージ

株式会社ジョリーグッドは2020年8月17日(月)、複数の遠隔地から1か所集まらずにできるVR臨床実習を可能にする、「多接続リモートVR臨床システム」の開発を発表しました。

今月27日(木)には、全国7拠点の病院と会場を同システムで繋いだ医療業界初の"遠隔VR医療セミナー"が、日本臨床救急医学会との共同で開催されます。


複数拠点からVRで臨床実習が可能に

今回ジョリーグッドが開発した「多接続リモートVR臨床システム」は、物理的に一つの場所に集まらずとも"一対多"のVR臨床実習を可能にする次世代型医療教育システムです。

講師となる医師と臨床体験を積みたい医療従事者が、研修室など1か所に集まることなく、治療スタッフそれぞれの360°視野をVRで一斉に臨床学習することができます。

このシステムは、VRによる臨床実習をオンライン講義中に一斉に提供することで、手術室などの治療現場に全員で立ち会っているかのような臨床体験を、講義に参加している全員ができるようにします。

講師のタブレットアプリと受講者のVRゴーグルはインターネット経由で接続されており、例えば

・体験させたい症例のVRをタブレットから一斉に提供

・注視してほしいポイントをタブレット上に描画することで、VR受講者の視線を誘導

といったことが可能です。

これにより、スムーズなリモートVR授業を実現しています。

イメージ

近年は全国各地の医療施設で高度な医療技術が求められてきていますが、その医療技術を学ぶための医療学会も、昨今のコロナ禍で医師を集めてのリアルな開催ができなくなっているというのが現状です。

中でもコロナ重症患者向けの人工肺"ECMO"や救命救急の治療は必要性が高まっており、これらの習熟度を上げるために、より効率的な臨床教育のニーズが全国各地で高まっています。

このシステムは、そんな課題の解決を目指して開発されています。

医学生向けのリモートVR授業を先行実施

また今回の発表に先立って、コロナ禍の影響で大学や病院に通うことができない自宅にいる医学生向けに、本VRシステムを使った「オンラインリモートVR臨床授業」が、日本医科大学との共同で実施されています。

イメージ

このリモートVR授業を受けた受講生と、講師からのコメントが公開されています。

<受講した医学生>

日本医科大学5年生 郷野瑞希さん

イメージ

「VR臨床実習は臨場感があり、自分が見たいものが見られる。」
臨場感があり360度見えることによって、病院にどんな機械があるのか、患者さんの状態、どこに先生が配置されているのか、自分の見たいように見られる。教科書を読むよりは、VRで見た方が手っ取り早いし、頭にも残る。予習復習にも是非有効活用したいです。

<監修・講師>

日本医科大学大学院医学研究科 救急医学分野 教授

横堀 將司先生

イメージ

「希少な症例をいつでも臨床体験できるのは大きい」
学生だけではなく、若手医師もコロナ禍で経験が足りなくなってきています。先にVRを見た方が手技がスムーズになるというデータがもう出ている。また実際の臨床実習中に体験できない症例というのが結構ある。そういう症例をもっとアーカイブ化しクラウドに置くことで、いつでも臨床経験を共有することができるのはすごく大きい。

遠隔多拠点VR医療セミナーが8月27日に開催

今月27日(木)には、日本臨床救急医学会との共同で、医療業界初の「遠隔多拠点VR医療セミナー」が開催されます。

このセミナーは、会場の国士舘大学キャンパスと愛知・大阪・京都・福岡・茨城・富山の6つの病院を本VRシステムで繋いで実施されるもので、医療VRの共同開発者である日本医科大学の横堀將司教授と、"ECMO"の第一人者である済生会宇都宮病院・救命救急センター長の小倉崇以先生らが講師を務め、各病院の医師・看護師らがオンラインとVRで臨床実習する、新しい医療セミナーのカタチが実証されます。

イメージ

<VR医療セミナー概要>

【タイトル】

VR臨床実習で変わる!コロナ禍時代の救命・ECMO教育最前線(第23回日本臨床救急医学会総会・学術集会)

【日時】

2020年8月27日(木)14時~15時30分

【会場】

国士舘大学世田谷キャンパス

【ウェビナー配信】

本セミナーの内容と遠隔地の様子がウェビナー配信されます。

【登壇者】

横堀 將司(日本医科大学大学院医学研究科 救急医学分野 教授)

小倉崇以(済生会宇都宮病院 救命救急センター長、日本COVID-19対策ECMOnet)

上路 健介(株式会社ジョリーグッド 代表取締役CEO)

【主催】

日本臨床救急医学会、株式会社ジョリーグッド

【参加対象】

学会、セミナーにて多接続リモートVR臨床システムの導入を検討している方

参加申し込みサイト

セミナーついての問い合わせ

イメージ

まとめ

ジョリーグッドが今回、医療教育用のVR臨床学習システム「多接続リモートVR臨床システム」を開発・発表しました。

このシステムは1か所に集まらずとも複数の遠隔地から臨床学習をすることが可能で、体験者らはVRゴーグルを通じて手術中の医師の視点などを体験することができます。

より高度な知識・技術を必要とする医療ですが、このコロナ禍ではなかなか臨床実習を行うことができません。

VRはそんな課題を解決してくれるもので、日本でも始まったばかりの5G技術と合わせると、多人数の同時接続も可能なので益々の発展が期待されますね。

VR技術・通信技術の進歩によって、医療界はこれからどんな進化を遂げていくのでしょうか。

ソース:「多接続リモートVR臨床システム」プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む