VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > WebARカメラ「TOBIRA」がGPSに対応!スタンプラリーや聖地巡礼に活用可能に

WebARカメラ「TOBIRA」がGPSに対応!スタンプラリーや聖地巡礼に活用可能に

WebAR・WebVRのシステム開発を行う株式会社palan は、ブラウザで遊べるWebARカメラ「TOBIRA(トビラ)」がGPSに対応したことを発表しました。


「TOBIRA」のGPS機能とは?

Webブラウザだけで体験できるカメラサービス「TOBIRA(トビラ)」のGPS機能は、スマートフォンのGPS機能と連携し、指定した特定の場所に行くことで利用可能になるフレームやスタンプ等の提供が可能になる機能です。

本機能のリリースにより位置情報を基に、特定の場所に実際に行かないと表示されないスタンプ・フレームの制作ができます。

アニメやドラマの聖地巡礼旅行先での特別なフォトフレームや、イベント会場内の特別なコンテンツをGPS機能と組み合わせることで有効活用することが可能となりました。

活用例

ドラマロケ地・アニメの聖地巡礼

特定の施設に行ったときだけに利用できるフォトフレームを表示させる

イベント会場・街歩きスタンプラリー

回遊性促進のために特定のエリアに入った時だけに利用できるフォトスタンプを用意する

「TOBIRA」GPS機能概要

スマートフォンのGPS機能と「TOBIRA」が連携し位置情報に基づいた情報表示が可能となりました。

本機能では、事前に指定した位置から半径10〜30m程度の中に入るとコンテンツが利用可能になります。

・撮影可能な位置情報を指定できる

・指定場所で、エリア限定スタンプ・フレームでの撮影ができる

※利用可能な広さは指定場所や使用するスマートフォンにより多少の差異が生じます。



「TOBIRA」とは?

「TOBIRA(トビラ)」は、Webブラウザで体験できるARカメラサービスです。

『映える』写真をとるために、写真にスタンプやフレームを配置したり、フィルター機能でモノクロの世界観にできる写真加工アプリを利用する人が増えています。

「TOBIRA」は、アプリをダウンロードする必要がなく、「盛りたい」と思ったときに手軽にスタンプやフレームつきの映える写真を撮影することができ、SNSにシェアすることが可能です。



プロモーションや販促ツールとしての利用だけでなく、スタンプやフレームをユーザー向けん販売することも可能です。

活用例

現在、SNSアニメ「モモウメ」やバーチャルタレント・キズナアイ、「めんトリ」等とのスタンプコラボを開催中しています。

詳細は、「TOBIRA」公式サイト及びSNSアカウントを参照ください。

公式サイト

Twitter

Instagram

まとめ

これまでの機能では、商品パッケージのQRコードやWebサイトのリンクからの限定スタンプやフレームの取得が可能となるため、キャンペーンやプロモーションでの活用が行えました。

今回のGPS機能がリリースされたことで、「会場限定」のスタンプやフレームを提供可能となり、イベントなどへの活用の幅が広がりました。

QRコードを探さなくても「その場所」に行くことでスタンプがゲットできるのは、街歩きイベントや聖地巡礼では、ワクワクする仕掛けとなりそうですね。

ソース:WebARカメラ「TOBIRA」に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む