VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「VIVE Pro EYE」ヘッドセット単体の予約受付を11/12より開始!販売は12/3開始

「VIVE Pro EYE」ヘッドセット単体の予約受付を11/12より開始!販売は12/3開始

HTC NIPPON株式会社は、2020年11月12日(木)より、『VIVE Pro Eye HMD』の予約を開始し、12月3日(木)10時より販売を開始することを発表しました。


アップグレードに!『VIVE Pro EYE HMD(単体)』販売開始

『VIVE Pro』ユーザーや『Cosmos Elite』ユーザーからのアップグレード用に、待望のEYEトラッキングが標準装備の『VIVE Pro EYE HMD』(ヘッドセット単体)が販売されます。

これまではコントローラーやベースステーションが同梱されたフルセットのみで販売されていました。

VTuber達に人気のアイトラッキング機能が標準で装備されているヘッドセットへのアップグレードのために、ヘッドセット単体での販売希望の要望が多く寄せられ、ユーザーの要望を叶える形で今回、ヘッドセット単体の販売が開始されることになったということです。


希望小売価格:¥94,000(税抜)

VIVE公式サイト

「VIVE Pro Eye」とは?

「VIVE Pro Eye」は、プロレベルのサウンドとグラフィック、高精度なアイトラッキングを兼ね備えた、VIVE製品のフラッグシップモデル。

「VIVE Pro Eye」では、まばたき・ウィンクなどの表現が可能で、VR空間でのコミュニケーションがより感情豊かに表現できるようになります。

高精度なアイトラッキング

両眼の動きを追跡・解析することにより、現実世界と同様のインタラクション、最適なGPU負荷割り当て、シンプルな入力とナビゲーションが可能になります。

最大100㎡のルームスケール・トラッキング

SteamVR™ Tracking 2.0により、比類ないトラッキング精度で広々としたVR空間での体験を創造します。

プロレベルの「サウンド」と「グラフィック」

サウンド

JAS(日本オーディオ協会)認定Hi-Resヘッドフォンが搭載され、3D空間オーディオにより真に迫るサウンド没入感が実現されてます。

グラフィック

合計解像度2880 x 1600ピクセル(615 PPI)のデュアルOLEDディスプレイに表示される、スーパーリッチな色再現とコントラストが楽しめます。



独自のアイトラッキングキャリブレーション機能

「VIVE Pro Eye」独自のアイトラッキングキャリブレーション機能が搭載され、IPD(瞳孔間距離)を自動的に検知することで、ユーザーごとに正確に目の中心および瞳孔間距離が設定され、より快適なVR体験が可能となっています。

視線追跡に対応したVRコンテンツでより表情豊かに

「VIVE Pro Eye」のアイトラッキング機能では、両眼の動きに正確に追従します。

VR空間でバーチャルキャラクターに変身して誰でも気軽に参加できるSNS型VRコンテンツの中でも、自分の視線や目の動きをそのままアバターで表現できる「バーチャルキャスト」等をプレイする際の表現力が一段とアップしています。

詳細:VIVE公式サイト

まとめ

『VIVE Pro』、『Cosmos Elite』ユーザー待望のHMD単体販売が開始されます。

単体でも販売価格は103,400円(税込)となりますが、フルセットで購入し直すより、ありがたいですよね。

人気の高まっているVtuberにとって、嬉しいニュースです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む