VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRで計測データを可視化!劇場などの設計をサポートする手法を確立

VRで計測データを可視化!劇場などの設計をサポートする手法を確立

イメージ

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は2021年1月18日(月)、株式会社ラムサ代表取締役の西 豊彦氏と東京都市大学建築都市デザイン学部建築学科教授の勝又 英明氏と共同で、劇場・観覧施設の最適な計画・運用を支援する設計評価手法「View-esT」を確立したことを発表しました。

この手法は、現在特許が申請されています。


「View-esT」とは

今回確率された「View-esT(ビューエスト)」は、劇場や観覧施設を設計する際に、VR技術を活用して最適な計画・運用ができるようにサポートする設計評価手法で、パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社と西 豊彦氏・勝又 英明氏によって特許が申請されています。

イメージ

設計段階からより良い劇場作りを

劇場やホールなどの観覧施設では、計画・設計段階で客席から舞台が見えやすいかを判別することが難しい場合があり、完成後に利用者からのクレームなどといった形で顕在化する例が見受けられる現状にあります。

この手法では、従来の評価手法ではできなかった評価基準を可視化し、これらの課題を計画・設計段階から解決する支援をします。

各座席から舞台がどのように見えるかなどを、独自の評価・VRによる可視化を通じて事前に把握し、竣工後の運用イメージも含めて計画段階から評価を行います。

これによって、より良い新設施設の設計がスムーズにできたり、既設施設の現状把握や改修計画を練ることが可能になります。

VRを含めた4つプログラム

この手法は、

・劇場等計画支援VRシステム

・見え方総合評価プログラム

・一体感および親密性の計測・数値化・評価プログラム

・照明配置評価プログラム

の4つで構成されています。



劇場等計画支援VRシステム

「View-esT」の評価・計測データを、パナソニックが都市計画やホール・アリーナ・スタジアムなどへの活用で多くの実績を残しているVR技術を利用して、分かりやすく可視化するシステムです。

劇場や観覧施設だけでなく、スタジアム・アリーナ施設などの設計前段階に重要な要素の検討・判断・共有もでき、VRによって可視化されたデータを客観的な視点でチケッティングやマーケティングに応用することもできます。

イメージ

さらに鑑賞側(観客側)としても活用でき、事前に購入予定の座席の見え方をスマホやPCなどからVRイメージで確認することもできます。

そのため、客観的な評価をもとに検討した上でチケットを購入することが可能になります。

イメージ

見え方総合評価プログラム

従来の設計計画には存在しなかった「舞台の見え方」に関する明確な評価手法です。

多様化時代に合った、観客側の様々な身長の視点に対応しており、また複数の目標を多数の視点で同時に検証することも可能です。

そのため座席配列は格子状・千鳥状の2種類に対応することが可能で、舞台からだけでなく、観客からの舞台の見え方も数値化するため、どんな身長の人でも見やすい設計法を実現しています。

一体感及び親密性の計測、数値化、評価プログラム

抽象的で理解しづらい一体感や親密性を数値で具体化することで、良質な劇場の設計に活用できます。

"一体感"とは同じ空間にいて包まれている感覚のことを指しており、それを数値化することで複数計画案について一体性の比較が可能になります。

一方で"親密性"とは近く感じるということを指し、実際の観客同士の距離を近づけるものではなく、観客の距離を詰めずに親密性を増す劇場の設計ができるようになります。

親密性が高ければ高いほど舞台の演者からは観客が近く詰まって見え、観客は舞台をより近く感じることができるため、臨場感をより一層高めることができます。

照明配置評価プログラム

照射対象と光源位置を立体的に計算し、図上で評価を可能にするもので、より効果的な照明配置が実現できます。

まとめ

パナソニックなどが、VRを活用した劇場などの観覧施設設計支援の手法を確立し、特許を申請しています。

この手法では、観客からの舞台の見え方や照明配置、一体感などを数値化し、それらをVRによって可視化するもので、より質の高い劇場づくりをサポートします。

普段数値などでデータを示されても具体的には分かりづらいですが、それらを"見える"化して分かりやすくしてくれるのもVRのメリットですね。

都市計画に携わっているパナソニックならではの活用法とも言えそうです。

参考:パナソニック公式サイト








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

↓こちらも読まれています↓

最新ニュースを読む