VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR人狼ゲーム「ANSUZ -アンスズ-」Oculus Questでリリース!

VR人狼ゲーム「ANSUZ -アンスズ-」Oculus Questでリリース!

イメージ

VR/ARを含むXRゲームの企画・開発・運営を手がける株式会社CharacterBankは、VR人狼ゲーム「ANSUZ -アンスズ-」を2021年2月5日(金)より、Oculus Quest向けにリリースしたことを発表しました。

VIVEPORT、Oculus Rift、SteamVRへのリリースは、順次対応が予定されています。



「ANSUZ -アンスズ-」とは

今回リリースされた「ANSUZ -アンスズ-」は、CharacterBankが開発・提供するVR人狼ゲームで、Oculus Quest・Oculus Quest 2向けに提供されています。

価格は基本無料で言語は日本語・英語どちらにも対応しており、今後は

VIVEPORT

Oculus Rift

SteamVR

といった他プラットフォームへの対応も予定されています。

イメージ

2チームに分かれてトークバトル

本作は4名のプレイヤーまで参加することが可能で、参加プレイヤーは

・善

・悪

の2チームに分かれてプレイします。

「善」が割り振られたプレイヤーは「悪」のプレイヤーを見つけ出すことがミッションとなり、「悪」を引き当てたプレイヤーは「善」のプレイヤーに見つからないようにゲームを進めていくというゲーム内容になっています。

それぞれのプレイヤーは自分の言葉で巧みに論議を展開し、勝利を目指してトークバトルを繰り広げます。

イメージ

最終的に「善」が勝てば世界に平穏が訪れ、「悪」が勝てば世界が破滅するルールになっており、トークだけでなく身振り手振りなどの非言語コミュニケーション要素をゲームに取り入れるというVRならではのプレイスタイルで、より複雑な心理戦が可能になっています。

イメージ

ダウンロード(Oculus Store)



キャラの3Dモデルも販売

また今回のリリースを記念して、ピクシブの運営する創作物の総合マーケット「Booth」にて、ゲーム内に登場するキャラの3Dモデルが販売されています。

この3Dモデルは"VRChat"などで使用することができるもので、商品名は「ANSUZ【風】アバター」、価格は980円となっています。

イメージ

販売サイト(Booth)

VRChatで専用ワールドも公開

さらに「ANSUZ -アンスズ-」のゲーム空間を再現したオリジナルワールドが、ソーシャルVRプラットフォームの「VRChat」にて公開されています。

イメージ

このワールドでは、"ANSUZ"の世界観やアバターなどの体験が可能で、ワールド内でアバターの試着もできるため、「ANSUZ -アンスズ-」の雰囲気をたっぷり感じることができます。

イメージ

まとめ

基本無料のVR人狼ゲーム「ANSUZ -アンスズ-」が、Oculus QuestとQuest 2 向けに配信開始されました。

このゲームでは4名のプレイヤーが2手に分かれ、それぞれが勝利となるようにトークバトルを繰り広げます。

従来の人狼ゲームとは違って、身振り手振りなどVRならではのプレイスタイルも、ますます心理戦を熱くしますね。

他のプラットフォームにも順次対応予定とのことなので、これもまた世界的なヒット作となりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む