VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR教育ツールで切創災害対策を!新コンテンツ「ナイフの使い方」を共同開発

VR教育ツールで切創災害対策を!新コンテンツ「ナイフの使い方」を共同開発

株式会社クリーク・アンド・リバー社は2021年3月15日(月)、株式会社きんでんと共同で、ナイフ使用時の危険性や誤った使い方による災害リスクをVR空間内で体験できる「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」を開発した事を発表しました。



「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」とは?

「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」は、クリーク・アンド・リバー社がVRアプリケーションシステムの開発を、きんでん社が教育シナリオの構築・監修を担当して共同開発された、VR技術を用いた教育ツールです。

開発の背景

きんでん社では、

・社内の労働災害の防止

・高品質な工事施工の実施

という、重要な課題を解決するため、社員教育の拡充を図るべく、一昨年よりクリーク・アンド・リバー社と共同で、VR技術を用いた教育ツールの開発を進めてきました。

経験の浅い施工系社員の危険感受性を向上させることを目標に、受講者が容易に利用可能な可搬型のVR技術を用いた教育ツールとして、

「VR電力量計アーク災害体感教育ツール」

「VR高所作業車逸走災害体感教育ツール」

が開発されています。

これらのVR教育ツールにおける教育効果が確認されたために、第3弾のコンテンツ開発が検討されており、その流れでナイフの使い方および切創災害に関して、特に若年層において災害が多く発生しているという課題があることから、今回の"ナイフ使用時の危険性や誤った使い方による災害リスクを体感できる"コンテンツが開発されています。



「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」の特徴

「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」は、従来のコンテンツと異なり、コントローラーが不要となっています。

特殊なグローブも不要で、素手でVR空間にあるものを操作することができるハンドトラッキング機能(ジェスチャーコントロール機能)が採用されています。

受講者はリアルな作業同様に、VR空間上でも自身の手先を細やかに動かすことが可能です。

VR空間に再現される画像では、正しいナイフの角度でのみ電線が剥ける設計になっており、ナイフが手に当たると切創災害が発生する仕組みです。

指先の感覚や力の加減をよりリアルに感じる為に、ダミーナイフと電線を持ちながら体験することも可能です。

そのほかにも、

・利き腕ならびにナイフの持ち方が選択可能

・機器の設置・設定作業が容易

・運搬が容易

・新規コンテンツの追加が容易

といった、VR教育ツールならではの利点があります。

ハードウェア仕様

・VRゴーグル:Oculus Quest

・ディスプレイ:縦1440×横1600ドット、有機ELディスプレイ

・メモリ容量:64GB

・トラッキング:6DoF

・本体重量:571g

・利用者が見ている映像をディスプレイなどで映すことが可能(ミラーリング機能)

なお、Oculus Quest2でも動作することが確認されています。

まとめ

クリーク・アンド・リバー社がVRアプリケーションシステム、きんでん社が教育シナリオの構築・監修を担当し、「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」を共同開発した事が発表されました。

「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」の安全教育への活用は、ナイフ使用時の危険性や誤った使い方による災害リスクを体感し、危険感受性を高めるための有効なツールの一つとなることが期待されています。

VR技術を用いた教育ツールの普及で、「経験を積むには実践あるのみ!」という時代は終わりを告げるかもしれませんね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む