VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRを活用した「自動車事故VR動画」公開!理経と東京海上日動火災が共同開発

VRを活用した「自動車事故VR動画」公開!理経と東京海上日動火災が共同開発

株式会社理経は2021年10月14日(木)、自動車運転中の事故状況をVRを活用して体験可能なコンテンツを開発したことを発表しました。



「自動車事故VR動画」とは?

今回制作された「自動車事故VR動画」は、東京海上日動火災保険株式会社がもつ過去の事故事例の中で、発生頻度の高い

「歩道からの飛び出し」

「右左折時の巻き込み事故」

をVRで再現したものです。

東京海上日動のディーラー代理店において、ドライバーへの安全運転啓発のために活用される予定で、また事故発生時に自動的にコールセンターと繋がる新型ドライブレコーダ(ドライブエージェントパーソナル)の動作も本コンテンツに反映されています。

ドライブエージェントパーソナル

VR動画に登場する新型ドライブレコーダー「ドライブエージェントパーソナル」は、東京海上日動社が貸与している通信機能付きオリジナルドライブレコーダーを活用したテレマティクスサービスです。

詳細:ドライブエージェント パーソナルについて

「自動車事故VR動画」の特徴

本VR動画では事故をVRで体験できるだけでなく、

・PC、タブレット、スマートフォンなどの多様なデバイスで視聴できる

・360度VR映像なっており、運転席から見えるサイド・バックミラーも再現されている

・事故が発生した原因と注意点について、主観・客観視点の両面から理解できる

といった特徴もあり、事故発生の原因や運転時の注意点についても分かりやすく解説されています。

事故原因を客観的に理解できる構成

視聴方法について

この動画は、東京海上日動社の公式サイトとYouTubeチャンネルで公開されています。

公式サイト

YouTube



開発背景

交通事故の発生件数は年々減少しているものの、年間3万人近い人が事故に見舞われている状況があります。

運転時の事故発生状況を体験することで、ドライバーに対して「安心・安全」な運転への意識を高めてもらうことをを目的としてこの動画は開発されています。

まとめ

建設現場や防災に関するVR安全教育動画を多く手掛けている理経社が、東京海上日動社から受託した「自動車事故VR動画」を開発しました。

東京海上日動社が所有する過去の事故事例の中で、発生頻度の高い「歩道からの飛び出し」や「右左折時の巻き込み事故」の状況がVRでリアルに再現されています。

開発された「自動車事故VR動画」は、東京海上日動社のディーラー代理店にて、利用者の安全運転啓発のために活用されるということです。

YouTubeでも公開されているので、ドライバーにはぜひ活用いただきたいコンテンツとなっています。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む