VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR空間で24時間接客可能!チャットボット「ObotAI VR」実証実験参加企業を募集

VR空間で24時間接客可能!チャットボット「ObotAI VR」実証実験参加企業を募集

株式会社ObotAIは、24時間365日VR空間で業務サポートをする次世代チャットボット「ObotAI VR」の実証実験に、参加可能な企業の募集を開始したことを発表しました。



「ObotAI VR」とは?

「ObotAI VR」はVR空間で生まれた「知りたいこと」に対して、多言語AIチャットボットが24時間365日回答をしてくれる、新しい体験型サービスです。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による、密や接触を避け、移動を制限する生活の中でも、オンライン上で効果的なPR・マーケティング活動ができるようにとの思いから生まれました。

「ObotAI VR」の特徴

このサービスには、豊富な言語(8言語)でテンポの良いWeb接客を実現できることのほか、

・VR空間上でスムーズなアンケート記入や会員連携ができる

・視覚的訴求力でコンバージョンアップ(CVR)が期待できる

・24時間、365日対応ができる

・切り替え機能で有人対応への切り替えができる

といった特徴があります。

詳細:「ObotAI VR」の公式ホームページ

活用例

不動産業~モデルルームなどの内覧に

VR空間をタッチすることで、壁紙の質や色味を確認したり、床面積のサイズを知ることなどが可能になります。

また内見の際に実施されるアンケートを、VR空間を歩き周りながらチャット上で収集することが可能になり、対面せずに顧客のニーズを把握することができます。

アパレル業~VRショップでの接客に

欲しい商品についてチャット上で質問すると、チャットボットが回答。

リアルに近い接客を可能にします。

また見込み客に対してはLINE連携等を促し、個別にセールのお知らせ・クーポンの配布などを行うことも可能です。



実証実験の実施について

背景

「ObotAI VR」は、移動や接触が不要なニューノーマルな体験型サービスとして、今後の活用が期待されています。

サービスの特徴である、視覚的訴求力のあるリアルな映像の中で行われる、有人対応と変わりないスムーズで自然なWeb接客でのリード獲得は、様々な業界で効果が発揮できると見込まれています。

今回の実証実験は、より多くのユーザーに実感してもらうことを目的としており、自社の製品やサービスのPR・マーケティング方法を模索している企業・団体の参加を募集しています。

応募概要

・募集期間:2021年12月末まで

・実証実験の期間と費用:一定期間無償提供

詳細の問合せはObotAI社まで。

応募方法:問合せページより応募

多言語AIチャットボット「ObotAI」問合せページ

まとめ

AI技術を活用して社会の課題を解決するサービスを提供しているObotAI社が、VR空間で業務サポートをする次世代チャットボット「ObotAI VR」の実証実験を開始するとともに、参加企業の募集を開始しました。

マーケティングやオンラインショッピングなどでVRの活用が増えてきましたが、「ObotAI VR」は、これまで難しかったリアルタイムに接客・コミュニケーションをとることを可能にするサービスです。

VR市場初となる集客ツール「ObotAI VR」での新たな体験型サービスで、コンバージョンアップ(CVR)に繋げることが期待されています。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む