VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > Vket Cloudに「おはスタ&ガル学。バーチャルスタジオ」が登場!1/31まで

Vket Cloudに「おはスタ&ガル学。バーチャルスタジオ」が登場!1/31まで

イメージ

株式会社小学館集英社プロダクションは、「おはスタ&ガル学。バーチャルスタジオ」を、"Vket Cloud"にて2022年1月14日(金)~31日(月)にかけて開設することを発表しました。

この企画は、先月開催された"Virtual Market2021"において出展された「おはスタ&ガル学。」のブースで、PCやスマホからURLをクリックするだけで参加できます。



「おはスタ&ガル学。バーチャルスタジオ」Vket Cloudに開設

今回Vket Cloudに開設される「おはスタ&ガル学。バーチャルスタジオ」は、先月4日~19日に開催された"Virtual Market2021"に出展された同ブースを一部を変更して再登場させたもので、2022年1月14日(金)10時~31日(月)21時の18日間限定で開設されます。

・PC

・スマホ

・タブレット

からURLをクリックするだけで入場でき、さらに会場内ではボイスやチャットで他来場者と一緒に同じ空間で同じ物を見て、コミュニケーションを楽しむこともできます。

イメージ

特設サイト

ShoPro VRイベント情報発信局ツイッター(@ShoPro_VR)

おはガールアバターで回遊

ここでは"おはガール"のアバターで入場し、バーチャル空間内のコンテンツを楽しむことができます。

イメージ

このおはガールアバターは

・2009

・2013

・2020

に切り替えることが可能で、好きなおはガールアバターを選んで使用することができます。

なお、デフォルトでは"おはガール2020"になっており、設定からアバターを切り替えることが可能です。

イメージ



Vket2021のブースと同じ展開が再び蘇る

今回の会場では一部変更があるものの、先月開催された"Virtual Market2021"の「おはスタ&ガル学。」ブースと同じ内容を楽しむことができます。

主に1階フロアでは、25周年を記念して過去と未来のデザインで作られた最新のおはスタスタジオが忠実に再現されているほか、

・やまちゃん(山寺宏一さん)

・おのちゃん(小野友樹さん)

・はなちゃん(花江夏樹さん)

・スバにぃ(木村昴さん)

など歴代のメインMC4名の3Dアバターが勢揃いし、一緒におなじみの「おーはー!」が体験できるコーナーが設けられています。

イメージ

また"マイティコウZ"の3Dアバターによるおなじみの「Zポーズ」や歴代おはガール衣装展示(2009年、2013年、2020年)、怪人ゾナーの3Dモデルが展示されたり、現在放送中の“ナゾトキングダム”の体験をしたり、来場者限定プレゼントでスマホやPCの25周年記念壁紙がGETできる「25周年記念ボード」が登場します。

イメージ

イメージ

さらに2階フロアでは、2015年のおはスタスタジオと、アニメ・ドラマ「ガル学。」内で夢の舞台として描かれた「ガールズアリーナ」が再現されており、おはスタのスタジオではMCが、ガールズアリーナでは"ガル学。"のアニメキャラやドラマのキャスト・おはガール from Lucky²が出迎えます。

イメージ

イメージ

イメージ

販売おはガールアバターに「衣装データ」が追加

今回のバーチャルスタジオ開催と併せて、現在"Vket Store"にて販売中のおはガール3Dアバターに衣装データが追加予定となっています。

今販売中の各データは、VR空間で使用できるアバターデータとして着脱することができるもので、追加される衣装データによっては好きなアバターに衣装を着せ替えることが可能になります。

すでに購入済でもダウンロード可能で、衣装の一部は好きなカラーに変更することもできます。

・おはガール2009 販売価格3,000円(税込)

イメージ

・おはガール2013 販売価格3,000円(税込)

イメージ

・おはガール2020 販売価格3,000円(税込)

イメージ

おはガールアバター販売ページ

まとめ

2022年1月14日(金)~31日(月)の期間限定で、「おはスタ&ガル学。バーチャルスタジオ」がVket Cloudに開設されます。

先月開催されたバーチャルマーケット2021に出展された同ブースを再登場させたもので、ブースで展開されたコンテンツが楽しめるほか、おはガールのアバターになって会場内を回遊することができます。

URLのクリックだけで参加できるので、ぜひあの感動をもう1度体験してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む