VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > レノボ「ThinkReality」シリーズよりA3を発表!2モデルリリースへ

レノボ「ThinkReality」シリーズよりA3を発表!2モデルリリースへ

レノボ・ジャパン合同会社は2022年4月13日(水)、エンタープライズ向けAR/VRソリューションブランド「ThinkReality」シリーズから、CPUにQualcomm Snapdragon XR1を搭載したARスマートグラス「ThinkReality A3」を発表しました。

この製品はARスマートグラス単体の「ThinkReality A3 PC Edition」と、ハードウェアとソフトウェア・サービスを1つのパッケージとして提供するARソリューションセット「ThinkReality A3 Industrial Edition」の2モデルで展開されます。



ARスマートグラス「ThinkReality A3」とは?

イメージ

ThinkReality A3

今回発表された「ThinkReality A3」は、CPUに”Qualcomm Snapdragon XR1”を搭載したARスマートグラスです。

・片眼1080p高解像度ディスプレイ

・トラッキング用デュアルフィッシュアイ

・8MPカメラ

・ステレオスピーカー

・3つのマイク

が採用されており、快適なコミュニケーションを実現しています。

また、”6DoF”に対応しているため、”ルームサイズの空間トラッキング”が可能となっています。

高性能でありながら重量はわずか”130g”の軽量設計で、さらに折りたたむこともできるため、持ち運びにも便利な仕様となっています。

ラインナップは2モデル!

「ThinkReality A3」は、2022年4月13日に発売が予定されており、利用シーンに応じ選択できるよう2モデルがラインナップされています。

1つ目のモデルは、ARスマートグラス単体の「ThinkReality A3 PC Edition」で、価格は192,500円(税込)となっています。

もう1つのモデルは、ハードウェア・ソフトウェア・サービスを1つのパッケージとして提供するARソリューションセット「ThinkReality A3 Industrial Edition」で、価格は544,500円(税込)となっています。

「ThinkReality A3 PC Edition」について

「ThinkReality A3 PC Edition」の利用条件は

・無償提供される「Virtual Display Manager」をインストールすること

・ノートPCにグラフィックチップを搭載したハイエンドモデルを使用すること

となっています。

「ThinkReality A3」は最大5つの画面を表示させる”バーチャルモニター"として活用することができ、バーチャルモニターの追加や管理を「Virtual Display Manager」で実行します。

このバーチャルモニターのメリットとして

・スペースが限られた場所でも広い画面領域で作業が可能

・周囲の人に画面を見られることがないため、秘匿性が高いデータを取り扱やすい

といった点が挙げられます。



「ThinkReality A3 Industrial Edition」について

「ThinkReality A3 Industrial Edition」は、ハードウェアに加えて、購入後即業務で利用できるソフトウェア・サービスが1つのパッケージとして提供されます。

主な利用シーンとしては生産現場が想定されており、作業支援やリモートアシストとして活用することで、フロントラインワーカーをサポートできるよう開発されています。

ハードウェアとしては、

・ARスマートグラス「ThinkReality A3」

・スマートフォン「motorola edge30 PRO」

・アタッチメントパーツ「Industrial Kit」および「Industrial Frame」

が、またソフトウェアソリューションとして

・「ThinkReality Cloud Portal」

・「holo one sphere」

がセットになっており、そこにオンラインサポートも入ってパッケージが構成されています。

なお、ソフトウェアとオンラインサポートは年間ライセンスとなっており、2年目以降は更新料が必要となります。

さらに「ThinkReality A3」は、現場に持ち込んで作業することが想定されているため、”防水規格のIP54に準拠”した設計となっています。

同梱のスマートフォン「motorola edge30 PRO」と接続することで、場所を選ばずネットワークにアクセスすることができ、またソフトウェア「ThinkReality Cloud Portal」では、デバイス・ユーザー・アプリを一括管理することができるため、各拠点にある「ThinkReality A3」を回収することなく、システムアップデートやユーザー情報の更新といったメンテナンスをすることが可能となります。

もう1つのソフトウェア「holo one sphere」は、クラウドサービスがセットになった、ワークフローやリモート支援用のツールで、ユーザーが独自に作業手順を作成することや、「ThinkReality A3」で表示したいPDFや3Dモデルの登録を行うことができます。

これにより

・作業手順をAR表示して作業品質の維持やトレーニングに活用する

・作業員目線の映像を共有してエキスパートが遠隔地から指示を出す

といった利用法が期待できます。

さらに一般的なAndroidアプリも利用可能なため、オンライン会議アプリや動画アプリなども「ThinkReality A3」のディスプレイに表示させることができます。

まとめ

レノボ・ジャパン社は、「ThinkReality」シリーズの新製品としてARスマートグラス「ThinkReality A3」を2022年4月13日よりリリースすることを発表しました。

ARスマートグラス単体の「ThinkReality A3 PC Edition」と、ハードウェア・ソフトウェア・サービスが1つのパッケージとなったARソリューションセット「ThinkReality A3 Industrial Edition」の2モデルがラインナップされており、利用シーンに合わせて選択することができます。

より軽量かつ高性能な機種の発売は、目の前に広がる”バーチャルディスプレイ"を見ながら現場で作業するという新しい作業フローの浸透に貢献しそうなニュースですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む