VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > エレコムが新型VRゴーグル2種発売へ!スマホでシアター気分を体験

エレコムが新型VRゴーグル2種発売へ!スマホでシアター気分を体験

イメージ

エレコム株式会社は2022年5月11日(水)、スマホで臨場感あふれるVR体験ができる新型VRゴーグルを、5月中旬に発売することを発表しました。

今回登場するのは、2D3D両用VRゴーグルとヘッドホン一体型VRゴーグルの2種類になっています。



エレコムが新型VRゴーグル発売へ

イメージ

これまでにも様々なスマホ専用VRゴーグルを手掛けてきたエレコムから、今月中旬に新たなVRゴーグルが発売されます。

今回登場するのは、

・ヘッドホン一体型タイプ

・2D3D両用VRゴーグル

の2種類で、そのうち2D3D両用VRゴーグルは、1台で「VR動画」と「2D映像」の両方を楽しむことができます。

両方とも新規設計により、4.8~7.0インチの幅広いサイズの機種に対応しており、また広い開口部設計によって眼鏡をかけたままでも使用可能な製品になっています。

なお、型番は2D3D両用VRゴーグルが「VRG-2D3D02BK」、ヘッドホン一体型VRゴーグルが「VRG-EH03BK」で、価格は両方ともオープン価格。

Amazonなどで予約が開始されています。

>>VRG-2D3D02BK[Amazon]

>>VRG-EH03BK(ヘッドホン一体)[Amazon]

1台で「VR動画」と「2D映像」の両方が楽しめる

2D3D両用VRゴーグル(VRG-2D3D02BK)には、付け替え可能なVR動画用と2D映像用の2種のレンズが付属しており、そのうち2D用レンズはスマホの画像を2.5倍に拡大して視聴することができるため、VRに限らず様々な映像コンテンツを大画面で楽しむことができます。

イメージ

もう一方のVR用レンズは歪みが少なく視野角が広いVR専用設計の非球面光学レンズが採用されており、左右の目の幅に合わせて見やすい位置に調節ができる超ワイド目幅調節機構が搭載されています。

イメージ

より頭にフィットするように、本体にはアジャスター付きの調節可能なヘッドバンドが採用されていて、スマホを置いて蓋を閉じるだけで簡単に利用することができます。

イメージ

搭載のサイズ切り替えアダプターでVRゴーグル開口部を小さくすることも可能で、小型サイズのスマホでも快適に視聴でき、また柔らかく通気性に優れたパンチングソフトレザー仕様のフェイスパッドが採用されています。

イメージ



大型スマホにも対応したヘッドホン一体型VRゴーグル

ヘッドホン⼀体型VRゴーグル(VRG-EH03BK)に搭載されているヘッドホンは、煩わしいケーブルがなく遮音性が高いため、圧倒的な没入感を実現しています。

VR体験ではコンテンツ再生中に周囲を見渡すと、頭の動きに合わせて視界が360度動くため、まるで自分がコンテンツの中にいるかのような臨場感が楽しめます。

本体には3.5φオーディオミニプラグが搭載されており、スマホと接続するだけで臨場感ある音が体験でき、接続コードはコンパクトにまとまるカールコードが採用されています。

イメージ

長時間でも疲れにくい

本体には、VRゴーグルをしっかりとフィットさせることができる調節可能なヘッドバンドとヘッドホンが採用されていて、ハンズフリーでの使用が可能な上に、長時間の使用でも疲れにくい、柔らかなクッション素材のイヤーパッドも採用されています。

本体上部のダイヤルで、左右の目の幅に合わせて見やすい位置に調節することもでき、視界距離ダイヤルを回して焦点距離の調節ができるピント調節ダイヤルも搭載。

内蔵された簡易操作ボタンで、VRゴーグルを装着したままでの映像の再生/一時停止・音量調節もできます。

レンズは、大画面で鮮明な映像を楽しめる非球面光学レンズが採用されていて、サイズ切り替えアダプターでVRゴーグル開口部を小さくできるため、小型サイズの機種でも快適に視聴することができます。

イメージ

まとめ

エレコムが今回、2D3D両用VRゴーグルとヘッドホン一体型VRゴーグルの2種を新たに発売することを発表しました。

発売は今月中旬が予定されており、一部通販サイトでは予約も受け付けられています。

ぜひ購入して快適で圧倒的な没入感を体験してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む