VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 浦和レッズファンワールドをメタバース上にオープン!浦和レッズと凸版印刷

浦和レッズファンワールドをメタバース上にオープン!浦和レッズと凸版印刷

浦和レッドダイヤモンズ株式会社と凸版印刷株式会社が、浦和レッズのクラブ設立30周年を記念したファンワールド「REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPAN」を、2022年7月29日(金)よりメタバース上に開設することを発表しました。

ここでは浦和レッズの歴代ユニフォームやトロフィーの3DCG、30年間の浦和レッズの歴史を振り返ることができる写真展や軌跡映像などの展示が体験でき、浦和レッズのユニフォームを着た3Dアバターを介してファン同士の交流も可能になっています。



浦和レッズファンワールドがclusterにオープン

今回発表された「REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPAN」は、浦和レッズと同チームの2022シーズントップパートナーである凸版印刷が開設する、メタバース上のファンワールドで、今月29日(金)にメタバースプラットフォームのcluster内へオープンします。

このワールドは、当日の0時よりアクセスとワールド検索が可能になり、検索の場合はclusterで「REDS 030th 」と入力すると参加できます。

また入場料は無料で、VRデバイスやスマホ・PCからアクセスすることができます。

ワールドへのアクセス

今後はイベントの開催も

今回のワールドは、凸版印刷の持つデジタル空間構築のノウハウと浦和レッズの持つ写真や映像・記念グッズなど様々なコンテンツを掛け合わせて開発されたもので、時勢や時間・場所に左右されない新たなスポーツの楽しみ方を提供することを目的に構築されています。

ここでは今後、現実空間と連携し、メタバース空間を活用したイベントなどの実施が予定されており、クラブとファン・サポーターとのエンゲージメントの向上を目指しています。

イメージ

© URAWA RED DIAMONDS

VRならではの展示や交流を実施

「REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPAN」では、メタバース上だからこそ実現可能な展示や交流の場が提供されていきます。

クラブ設立30年のヒストリーを体感

今年は浦和レッズクラブ設立30周年にあたっており、ワールド内では過去の大会で獲得したトロフィーや歴代ユニフォームなどが3Dで再現され、これらのオブジェクトを間近で見ることができます。

時間や場所の制約なく浦和レッズ30年分の歴史を堪能することが可能で、また展示されている選手のアバターの生成には、凸版印刷が提供する1枚の写真からフォトリアルな3Dアバターを自動生成できるサービス「MetaCloneアバター」が使用されています。

さらに着用ユニフォームも忠実にCGで再現されていて、コート上の選手を普段見ることのできない等身大で体感することもできます。

イメージ

© URAWA RED DIAMONDS




現役選手が3Dアバターで登場

またワールド内には 浦和レッズの現役選手が3Dアバターを介してメタバース空間内に登場し、参加者は選手やチームを身近に感じることができます。

さらに、今後は音声によるアバターコミュニケーションを楽しめるイベントなども予定されており、メタバース空間ならではの貴重な体験が提供されていきます。

イメージ

© URAWA RED DIAMONDS

ユニフォームを着たアバター同士で交流可能

ワールド内では、参加者へ浦和レッズのユニフォームがアバターアイテムとして用意されており、参加者はそれを着てメタバース空間内に入ることができます。

同じ空間内にいるファン同士でコミュニケーションをとることができ、遠く離れた所に住むファン同士でもクラブに対する熱量を隣で共有し合うことが可能です。

イメージ

© URAWA RED DIAMONDS

まとめ

浦和レッズのファンワールド「REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPAN」が、今月29日(金)にオープンします。

ここは、浦和レッズ設立30周年を記念したファンのためのバーチャル空間となっており、選手やトロフィーなどの3DCG展示、それにファンイベントも開催されていきます。

同クラブのファン垂涎ものの空間に、ぜひ遊びに行ってみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む