VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「バーチャル沖縄」で首里城プロジェクションマッピングイベントが開催!

「バーチャル沖縄」で首里城プロジェクションマッピングイベントが開催!

イメージ

沖縄発メタバースのバーチャル沖縄にて、首里城を彩る「首里城プロジェクションマッピングイベント」が、2022年8月27日(土)22:00より開催されます。

このイベントはVRChat版のバーチャル沖縄限定で、その様子はYoutubeでの配信も予定されています。



バーチャル沖縄でプロジェクションマッピング開催

今月27日(土)の開催が発表された「首里城プロジェクションマッピングイベント」は、あしびかんぱにーが運営する"バーチャル沖縄"で行われるイベントで、その名の通り首里城エリア歓会門にて上映される首里城プロジェクションマッピングを、バーチャル上で体験できます。

開始は当日の22時からで、VRChat版のみで開催。

当日はバーチャル沖縄のスタッフによる、紹介や誘導など行うインスタンス(部屋)も展開される予定で、この部屋は公式Twitterにて随時発信されていきます。

なお、本イベントは写真・動画撮影が可能で、イベント後の毎週土曜日00:00~23:59の間は城郭ライトアップ(首里城夜Ver.)仕様となり、プロジェクションマッピングについても22:00より毎週上映されるようになります。

イベントの様子はYoutubeで配信も

今回イベントの様子は、YouTubeでの配信も予定されており、VRChatへの入場が難しいユーザーでも配信でプロジェクションマッピングを楽しむことができます。

イメージ



首里城を国内外へアピール

リアルでの首里城プロジェクションマッピングは、2019年に焼失した首里城の復興イベントとして開催されており、毎年多くの観光客がライトアップされた首里城を一目見ようと訪れています。

その一方で昨今のコロナ禍もあってリアルでの開催が困難となり、昨年はオンライン上の開催など規模が限られたもので開催されました。

今回バーチャル空間上で首里城プロジェクションマッピングを開催することで、コロナ禍の感染拡大を避けるだけでなく、県外や海外にも首里城の魅力発信と復興への想いを広げ、沖縄観光産業の促進に繋げたいとの考えから企画されています。

イメージ

バーチャル沖縄のロゴも一新

また、今月23日(火)にバーチャル沖縄のロゴがリニューアルされており、正式名称の「バーチャルOKINAWA」から、

・日本向けには「バーチャル沖縄」

・海外向けには「Virtual Okinawa」

として名称が変更され、新たに情報が発信されていきます。

イメージ

まとめ

沖縄発のメタバース"バーチャル沖縄"で、「首里城プロジェクションマッピングイベント」が今月27日(土)22時から開催されます。

ここではその名の通り、首里城エリア歓会門にて上映される首里城プロジェクションマッピングがバーチャル上で楽しめます。

本イベントはVRChatだけになっているものの、Youtubeでの配信も予定されているので、VRChatに入れなくてもぜひ見てみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む