VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

刑務所内で成り上がれ!Prison Boss VRがまもなく発売 - VR Inside

刑務所内で成り上がれ!Prison Boss VRがまもなく発売

        2017/08/31

Prison Boss VR

刑務所でもお金は大切だ

VRでは、現実ではできないことや実行すれば問題になるようなことを試せる。『Job Simulator』などはその最たる例だろう。実際に職場でやれば大問題になることでも、コミカルなゲームの世界では笑いのきっかけにできてしまう。

『Prison Boss VR』の舞台は、誰もが知っている「職場」ではなく刑務所の中だ。プレイヤーは刑務所内でこっそりとタバコや酒を作って販売し、お金を稼いでさらに多くの製品を作れる設備や材料を揃えていかなければならない。

最終的に目指すのは刑務所内のボスだ。

Prison Boss VR

Prison Boss VR

コミカルなタッチで描かれるキャラクター

Prison Boss VRの舞台は刑務所で、プレイヤー自身も捕まった囚人の一人となる。おまけに本来は禁止されているタバコや酒を自作して所内で売り捌くという、正面から違法行為を行うゲームだ。

だが、キャラクターは上画像のようにコミカルなタッチで描かれているためシリアス感は無い。見つからないようにこっそり何かをするという緊張感を楽しめる作品だ。

アイテムクラフト

Prison Boss VRのメインとなる要素はアイテムのクラフティングだ。他の囚人との取引で入手して隠しておいた道具や材料のアイテムを使って、様々な別のアイテムを作ることができる。

果物からお酒を作るのも、ちぎった便箋でタバコの葉を巻いて紙巻タバコを作るのも自由だ。ただし、当然ながら見つかってはいけない。

夜間でも警備員が巡回しているので、プレイヤーがやっていることを見咎められればせっかく手に入れたアイテムを失うことになってしまう。巡回の警備員がプレイヤーの房を覗きに来たら、アイテムは家具の中に隠さなくてはならない。

取引と仕事

クラフトは夜間にこっそり行うが、このゲームでは昼にもやることがある。プレイヤーの評判を高めるためには、夜中に作成したアイテムを納品しなければならない。

評判が高まれば材料購入の上限が増えたり、新しい家具が購入可能になったりとできることが広がっていく。

アイテムの納品で完了できるジョブの総数は80に上る。

また、アイテムを納品するのではなく販売して現金を獲得することもできる。お金を集めればさらにクラフトの材料を購入したり、家具によって独房をアップグレードしたりもできる。

豊富なアイテムとレベル

少なくともタバコ、酒、クッキーを作ることができるようだが、他にも作成可能なアイテムはある。

クラフトの材料となるアイテムは全11種類が登場し、全てのレシピを学ぶには4つの刑務所でボスになる必要があるという。

また、最初から全てのアイテムがアンロックされているアーケードモードも用意されている。このモードでは、限られた時間にいかに多くのアイテムを作れるかに挑戦することが可能だ。

プレイ動画

発売予定日は8月29日(日本時間では29日の深夜)だ。

まだ未発売で価格も発表されていない作品だが、YouTubeでゲーム動画を公開しているCtopがプレイ動画を公開している。

Ctop自身が人気の動画投稿者ということもあって、投稿から4日で既に15万回以上、続編は20万回以上も再生されている。

アイテムクラフト

アイテムを作るだけならば簡単だが、巡回する警備員の目をくぐって作業を進めなくてはならない。

Ctopは6分のあたりからタバコを作り始めるが、7分手前で警備員が近づいてきたことに気づいて作業を中断し、材料を机の引き出しに隠している。

このときは間に合ったが、見つかれば没収されてしまっただろう。

アイテムを隠さなかった場合の様子は14分のあたりで見ることができる。どうやら、家具の中に隠されていないアイテムを全て持って行かれて強制的に朝になってしまうようだ。

高価なアイテムや大量のアイテムを没収されると、貴重な道具を一旦売って安価な材料を購入する羽目になるかもしれない。

アイテムの使いみち

VR空間で決められた作業手順をこなしていくゲームではあるが、シンプルな中にも材料や作ったアイテムをどのようにやりくりしていくか(自分の評判を高めるために使うのか、現金をより多く獲得するのか?)を考える要素がある。

評判を得るにしても、アイテムを贈る相手によって得られる報酬のタイプが異なるようだ。動画では、7分50秒あたりで二日目の朝になり、昨夜作ったタバコと引き換えに評判を高めて報酬を受け取っている。

 

基本的には見つからないようにアイテムを作り、アイテムと引き換えに評判を高めたり道具を揃えることでより効率的に稼げる手段を得ていくゲームだ。同じアイテムを作るには同じ操作をしなくてはならないので繰り返しの多いゲームだが、ハマる人はかなりハマるかもしれない。

言語は英語のみの予定だが、言語への依存度も低そうだ。Viveを持っているならプレイしてみるのも良いだろう。

 

参照元サイト名:Steam
URL:http://store.steampowered.com/app/673600/Prison_Boss_VR/

参照元サイト名:YouTube
URL:https://www.youtube.com/watch?v=FSpnPpQu2Wo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。