VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

US版PSVR公式ブログ、2017年末から2018年初頭にリリース予定の60タイトルを一挙紹介

2017/10/24 21:15

US版PSVR公式ブログにおいて、2017年末から2018年初頭にかけてリリースされる60以上のPSVRタイトルが紹介された。とくに2017年末には、以前からリリースが予告されていた「Doom VFR」「Gran Turismo Sport」「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」といったビックタイトルがリリースされる。以下では、その60以上のタイトルを紹介する。なお、紹介するタイトルが日本でもリリースされるかどうかは、各タイトルによって異なり詳細は不明である。また、紹介タイトルのなかには以前に本メディアで報じたものも含まれる。

2017年末までにリリースされるタイトル

2017年年末までにリリースされる予定のPSVRのタイトルのうち、特に注目すべきものを以下に11タイトル紹介する。

Bravo Team

「Bravo Team(ブラボーチーム)」は、PlayStation®VR シューティングコントローラー対応のVRシューティングゲーム。

PSVRシューティングコントローラーを使用することでリアルかつ直感的な戦いが体感可能となり、自分が戦闘の最前線にいるような興奮が味わえる。

同タイトルの詳細は、こちらを参照。

Doom VFR

「Doom VFR」とは、FPSの草分けとなったタイトル「Doom」をPSVRタイトルとして再構築したタイトル。

同タイトルの詳細は、こちらを参照。

Gran Turismo Sport

「Gran Turismo Sport」は、人気レーシングゲームの最新版。リリースされるまでに何度かの延期があったのだが、最終的にはPSVRでプレイできるのは「1vs1のレースモード」のみとなった。

同タイトルの詳細は、こちらを参照。

Megaton Rainfall

「Megaton Rainfall」は、巨人が主人公という異色のFPS。細密な都市の描写も大きな特色である。

同タイトルの詳細は、こちらを参照。

Moss

「Moss」は、ネズミが主人公の幻想的な世界が印象的なパズル・アドベンチャーゲームである。

V!勇者のくせになまいきだR

「V!勇者のくせになまいきだR」は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから発売されているPSP®「プレイステーション・ポータブル」用ソフトウェアのダンジョン・マネージメントゲーム「勇者のくせになまいきだ。」がPSVR専用ソフトとして登場したもの。

プレイヤーは破壊神となり、魔物の力を利用して地上から攻め込んでくる勇者を倒していくという内容だ。

同タイトルの詳細は、こちらを参照。

Obduction

「Obduction」はSF世界を舞台にしたアドベンチャーゲームで、製作はアドベンチャータイトルの傑作「Myst」を製作したCyanによるものだ。

本作も同スタジオの「Myst」や「Riven」などの流れを汲んでおり、プレイヤーはエイリアンが支配する謎の土地から脱出すべく様々なパズルを解いたり、冒険をしながらゲームを進めていく。

本タイトルの詳細は、こちらを参照。

Pixeljunk VR: Dead Hungry

「Pixeljunk VR: Dead Hungry」はメタルサウンドと、古き良きアーケードゲームにインスピレーションを受けたアクションゲーム。プレイヤーは、襲い来るゾンビ達に人間の心を取り戻させるため、伝説のタイガーグローブを手に、荒れ果てた町を救う旅に出る。

登場するゾンビは3タイプ、全30ステージでステージ毎に設定された「グリルマスター」の称号を獲得することで様々なアイテムがアンロックされ戦略性もアップする。

Stifled

「Stifled」は、プレイヤーがマイクに向かって発する音を使って、探索を進めていくという独創的システムのホラーゲームである。プレイヤーは、探索する建物をまるでコウモリが暗闇の中を飛ぶように声の反響によって明らかにしていくのだ。

しかし、この探索を進める声は諸刃の剣でもある。というのも、プレイヤーの声は、物陰に潜むモンスターにプレイヤーの存在を知らせるものでもあるからだ。それゆえ、プレイヤーは無闇に声を出し続けるわけにはいかない。

また、線画のようなグラフィックは、以上のようなゲームシステムから感じられる恐怖を増幅する演出効果を発揮している。

The Elder Scrolls V: Skyrim VR

「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」は、「Fallout 4 VR」を開発しているBaethesda社が手がけたオープンワールド・タイプのファンタジー・アクションゲームである。

同タイトルは、PSVRのほかにVIVE版もリリースされることが発表された。

同タイトルの詳細は、こちらを参照。

The Inpatient

「The Inpatient」は、病院が舞台となったVRホラーアドベンチャー。プレイヤーは、「ブラックウッド療養所」で記憶を無くしたまま目覚めた主人公となり、手遅れになる前に自分自身が何者なのか、なぜこの場所にいるのかを突き止めていく。

プレイヤーの選択次第でストーリーは分岐し、まったく異なるエンディングが用意されている。

以上の11タイトルのほかには、以下のようなタイトルが2017年内にリリース予定である。

  • ・Anamorphine
  • ・Ark Park
  • ・Brain Voyagers
  • ・Chernobyl
  • ・CoolpaintVR
  • ・CubeWorks
  • ・Discovery
  • ・DragonBlast VR
  • ・Dream Angling
  • ・Drunkn Bar Fight
  • ・DWVR
  • ・End Space
  • ・Everest VR
  • ・Fishing Master
  • ・Flatline: Experience the Other Side
  • ・Ghosts in the Toybox
  • ・Hex Tunnel
  • ・Honor & Duty
  • ・Hopalong: The Badlands
  • ・Justice League VR
  • ・Light Tracer
  • ・Monster of the Deep: Final Fantasy XV
  • ・Nothin’ But Net
  • ・Prana
  • ・Quar Infernal Machines
  • ・Radial-G: Racing Revolved
  • ・RadianVR
  • ・Rec Room
  • ・Run Dorothy Run
  • ・Sculptrvr
  • ・Serious Soccer
  • ・Shooty Fruitie
  • ・Snow Fortress
  • ・Stardrone VR
  • ・Super Amazeballs
  • ・The Rabbit Hole
  • ・The Solus Project
  • ・Virtual Engagement Confronting Fears
  • ・VirtuGO
  • ・VR Apocalypse

2018年初頭にリリースされるタイトル

2018年初頭にリリースされる予定のPSVRのタイトルのうち、特に注目すべきものを以下に4タイトル紹介する。

Golem

「Golem」は、ファンタジー的な世界観のアクションゲーム。

プレイヤーは石でできたゴーレムを操って、自分の家族にまつわる秘密をめぐる旅に出る。

The American Dream

VR

TheAmericanDream

「The American Dream」は、1959年代風の世界でただただ二つの銃を撃ちまくるという異色のシューティングゲーム。

シューティングゲームにもかかわらず、ゾンビなどの悪役は一切出てこない。その代わりに数学の答えを答えるのも、ドーナツを拾うのも、車を運転するのも全てこの二つの銃で行うのだ。

同タイトルは、すでにOculus RiftコンテンツとしてリリースされているものをPSVRに移植してリリースされる。

Torn

「Torn」は、アメリカで放送されていたテレビシリーズ「トワイライト・ゾーン」にインスパイアされたホラーゲーム。

プレイヤーは、64年前に多くのヒトが失踪したアメリカ・バーモンド州の森にある古城を探索する。その古城を探すと、ある医師が残したと思われる実験器具や資料が見つかるのだ。

Xing: The Land Beyond

「Xing: The Land Beyond」は、死後の世界が舞台となるパズル・アドベンチャーゲームである。

各パズル・ステージは、幻想的かつ美麗なグラフィックで構築されている。

以上の4タイトルのほかには、以下のようなタイトルが2018年初頭にリリース予定である。

  • ・Alvo
  • ・Ariel
  • ・Blasters of the Universe
  • ・Chainman
  • ・Cold Iron
  • ・Dead Secret
  • ・Dragonflight VR
  • ・Drone Fighters
  • ・Dungeon Chess
  • ・End of the Beginning
  • ・Knockout League
  • ・Penn & Teller VR: Frankly Unfair, Unkind, Unnecessary and Underhanded (including Desert Bus)
  • ・Pixel Ripped 1989

PSVRもタイトルが充実してきて、次第に「メインストリーム」のゲームデバイスに近づきつつあるようだ。

ソース:US版PSVR公式ブログ
https://blog.us.playstation.com/2017/10/13/all-60-games-coming-to-playstation-vr-through-early-2018/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む