VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで“光・音・AR”が体験できる「天空のクリスマス 2017」を11/25より開催

AR

「天空のクリスマス 2017」イメージ

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、明日11月25日(土)~12月25日(月)の期間、煌めく夜景とともに“光・音・AR”で華やかなクリスマスを演出する「天空のクリスマス 2017」が開催される。

「星空のイルミネーション@スカイデッキ」を初開催

今年は、海抜270mにある屋上スカイデッキで『星空のイルミネーション』が初開催される。

通常入ることの出来ないスカイデッキのヘリポートに立つと、まるで流れ星に包まれているかのように、5分に一度効果音に合わせてスカイデッキをぐるりと光が煌めく仕掛けがされているということだ。

都会の大パノラマ夜景の中で、大平貴之氏監修のイルミネーションや、上空などにタブレット(貸出)をかざすと「屋上に帰ってきた 星にタッチパネル劇場」を楽しむことができる。

おおぐま座、おうし座など、星座の動物たちが立体的に浮かび上がり、スカイデッキに招かれた動物たちと一緒に冬の星空の下を散歩したり、実際の観測データに即した天球を出現させたり、天動説と地動説を切り替えたり、“凝縮した宇宙空間”に入ったかのような感覚になれる、AR三兄弟による最新技術が施されたオリジナルの最新AR体験できるということだ。

『星空のイルミネーション』開催期間中は、スカイデッキの営業時間を22:00まで延長し、冬の煌めく夜景とイルミネーションを心ゆくまで堪能することができるということだ。

また、東京シティビュー52階の屋内展望回廊では、ローマから始まったブルガリの巡回展「ブルガリ セルペンティフォーム アート ジュエリー デザイン」も開催される。

ブルガリによるクリスマスツリーが登場し、天空のクリスマスに一層の輝きを添えてくれるということだ。

「屋上に帰ってきた 星にタッチパネル劇場」イメージ

イルミネーションとARのおおぐま座をタブレットで見ている様子

※画像はAR三兄弟の「凝縮現実」のイメージ。

ブルガリ巡回展「ブルガリ セルペンティフォーム アート ジュエリー デザイン」

ブルガリ セルペンティフォーム アート ジュエリー デザイン キービジュアル

星空のイルミネーション@スカイデッキ 開催概要

期間:2017年11月25日(土)~12月25日(月)

会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー 屋上「スカイデッキ」(六本木ヒルズ森タワー屋上)

営業時間:11:00~22:00(最終入場21:30。通常20:00までのところ期間限定で延長営業)

点灯/イベント時間:17:30~22:00(最終入場は21:30)

※六本木天文クラブ開催日[12/4(月)、12/14(木)、12/22(金)]は18:45まで

※雨天・強風等の荒天時はクローズ

タブレット貸出時間:17:30~21:30(スカイデッキにて貸出、数に限りがございます)

※六本木天文クラブ開催日[12/4(月)、12/14(木)、12/22(金)]は18:15まで

料金:スカイデッキまでの入場料(税込)
一般 2,300円、高校・大学生 1,700円、4歳~中学生 900円、シニア(65歳以上)2,000円

※52階・53階までの入館券をお持ちの場合、追加料金一般 500円、4歳~中学生 300円

主催:東京シティビュー

公式ウェブサイト:http://tcv.roppongihills.com/

参照元:六本木ヒルズの発表

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む