VRアニメーション「ASTEROIDS!」が12月にリリース予定、Google Daydreamで視聴可能 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRアニメーション「ASTEROIDS!」が12月にリリース予定、Google Daydreamで視聴可能

VRアニメーション作品「ASTEROIDS!」が12月にリリースされる。本作は地球を侵略するエイリアンをコミカルに描く作品で、VRアニメーションスタジオBaobao Studiosによる制作だ。同スタジオは過去にもVRアニメーション「INVASION!」を制作しており、「ASTEROIDS!」はその続編となる。

VRアニメーションスタジオのBaobao Studiosは、同社が制作するVRアニメーション作品の最新作「INVASION!」を12月に公開するとアナウンスした。現在、公開に先立ち本作のトレイラーが公開されており、作品の内容や世界観を垣間見ることができる。

概要

VRアニメーション「ASTEROIDS!」とは

「ASTEROIDS!」は今年1月に開催されたインディー映画祭、サンダンス映画祭にて発表された作品だ。

本作はBaobab Studiosが過去にリリースしたヒット作VRアニメ「INVASION!」の続編であり、二人のエイリアンをコミカルに描く内容となっている。ポップな作風と万人向けするファンタジー感に溢れる作品だ。

「INVASION!」の続編

1作目である「INVASION!」では主人公は白いうさぎであり、サブキャラクターとして地球に侵略したエイリアンであるMacとCheezが登場するが、「ASTEROIDS!」ではこの二人のエイリアンが主人公となる。

また、本作では新たなキャラクターとしてPeasというロボットが登場する。ヘルパーロボットであるPeasは自らの存在価値を示すために危険な宇宙でのミッションへの参加を望んでいるという設定だ。

前作の「INVASION!」が受動的にストーリーを鑑賞するコンテンツであったのに対して、「ASTEROIDS!」ではより視聴者とのインタラクティブ性を重視したコンテンツになるという。視聴者にコンテンツを楽しんでもらうだけでなく、コンテンツを通してキャラクターに思いやりを持ってもらうことが目的とのことだ。

「INVASION!」について

「INVASION!」は数々の賞を受賞したVRアニメーションであり、これまでに100万回以上のダウンロード数を記録している。無料で視聴することが可能だ。

制作にはドリームワークスの映画「マダガスカル」の監督として知られるEric Darnell氏と、「トイストーリー3」やZynga社でゲーム開発などに携わっていたMaureen Fan氏が参加している。

アニメーションの動きはダイナミックかつ滑らかで、ストーリーはシンプルでありながら面白いアイデアが沢山盛り込まれている。約6分の間に繰り広げられる白いうさぎと、地球を侵略するエイリアンとのドタバタ喜劇を描いた作品だ。

参考:人気VRタイトル『Invasion!』が100万ダウンロードを突破

2017年12月にリリース予定

「ASTEROIDS!」は12月月のリリースを予定しており、Google DaydreamとGear VRで視聴可能になる予定だ。

VRで視聴可能な新感覚アニメーションが続々登場

「Raising A Rukus」

「Raising A Rukus」はファミリー向けのアクション、アドベンチャー作品だ。

主人公である双子の兄弟、AmyとJonas、そして彼らのペットであるやんちゃな性格の犬、Rukusが有史以前の恐竜時代にタイムスリップする。

本作には"Branching Narrative"という、ユーザーの選択によって物語の進行が変化するシステムが採用されている。

物語の特定の部分において、AmyもしくはJonas、どちらかのキャラクターの冒険を選ぶことが可能で、視聴者がコンテンツの進行を操作することが可能だ。

参考:VRアニメ「Raising A Rukus」、Gear VRで視聴可能に

「Project LUX」

「Project LUX」はマルチエンド型のVRアニメーションであり、総尺65分越えという本格長編VRアニメーションだ。

本作はライトノベル「狼と香辛料」シリーズの原作者である支倉凍砂氏が主催する同人ゲーム制作サークル「SpicyTails」によって制作され、今年8月より全国131店舗のインターネットカフェに設置されたVRコンテンツプラットフォーム「VIRTUAL GATE」で販売を開始した。

「アニメの中に入るという体験」というコンセプトの本作は、作品の世界観だけでなく、登場するキャラクターとのコミュニケーションを通して、キャラクターをよりリアルに感じることが可能だ。

同作品のヒロイン「ルクス」のモーションは声優の田中あいみによる実演であり、動きの一つ一つがアニメーションの流れに逆らうことなく、自然に目を奪われてしまうほどリアルな動作を実現している。

参考:テクノブラッド、VIRTUAL GATEにて長編VRアニメーション「Project LUX」の販売開始

「SKYOVER VRアニメーション」

「SKYOVER VRアニメーション」は、複数のキャラクターから選択して、そのキャラクターの目線で物語を体験できる短編VRアニメーションだ。

主人公のトットとチビナスが、魔物のケットシーやファフニールと旅をしている最中に、魔物ニーズヘッグの襲撃を受けるハプニングを描いている。

展開されるアニメーションが同一でありながら、それぞれのキャラクターによって役割が異なるため、動きの激しさや戦闘への参加など、選択したキャラクターごとに異なった体験をすることができる。

参考:Exysが東京ゲームショウにキャラ目線での体験が可能な『SKYOVER VRアニメーション』を出展

参照元:VRFocus Baobab Studios’ ASTEROIDS! Launching This December, New Trailer Available

daisuke


ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。

最新ニュースを読む