VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

恐怖!”VRお化け屋敷「呪刻列車」 松戸編 ”を松戸市が開催

松戸市は、360°で展開される恐怖体験イベント『VRお化け屋敷「呪刻列車」-松戸編-』を2月8日(水)~2月13日(月)まで開催する事を発表した。

本イベントは、伊勢丹松戸店にてバレンタインイベント「ショコラモード2017」とタイアップし開催されます。

main sub1

「呪刻列車(じゅこくれっしゃ)-松戸編-」開催概要

■日時      :平成29年2月8日(水)~13日(月)10:00~19:00
※最終日は17:00まで
■場所      :伊勢丹松戸店10階特設会場
■アクセス :〒271-0092 千葉県松戸市松戸1307-1 JR松戸駅西口徒歩5分
■料金       : 800円
■対象       : 15歳以上

「呪刻列車」内容

舞台の設定は、冬の松戸。 数年前に“ある事件”が起きた路線を走る電車の中です。
主人公が、事件が起きた時刻、車輛に乗り合わせてしまった時、そこに刻まれた呪いが乗客・主人公に襲いかかります。
参加者はヘッドギアを装着し、車掌に案内された電車を模したブースに乗客として座った状態で、360°車内で次々に展開される現象を仮想空間で体験します。

松戸市「コンテンツ産業振興事業」ページ

参照元:ニュースリリース


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む