VRプロフェッショナルアカデミーにてUnity認定試験を10月14日に開催決定!対策講座も実施 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRプロフェッショナルアカデミーにてUnity認定試験を10月14日に開催決定!対策講座も実施

2017/07/26 11:48

2017年4月に開校した日本初のバーチャルリアリティ(Virtual Reality、以下VR)専門の教育機関『VRプロフェッショナルアカデミー』は、日本でいち早くUnity公式認定試験を10月14日にお茶の水にて開催すると発表した。

Unity認定試験を10月14日に開催決定

2017年4月に開校した日本初のバーチャルリアリティ(Virtual Reality、以下VR)専門の教育機関『VRプロフェッショナルアカデミー』は、日本でいち早くUnity公式認定試験を10月14日にお茶の水にて開催すると発表した。

そこで、VRアカデミーではUnity認定試験の問題を分析し、問題の傾向や出題範囲、そして学習方法などをまとめた『Unity試験合格対策講座』を実施するということだ。

Unity認定試験とは

Unityはゲーム開発における世界標準のメジャーな開発ツールである。

ゲームのみならず、VR/ARコンテンツなどのソフト開発に幅広く利用されているということだ。

特にゲーム開発の現場において必要とされるUnityに関する知識と技能が一定水準に達している事を米国Unity Technologies本部が認定するUnity社公式の認定試験である。

イメージ

© Unity Technologies Japan

試験内容について

本試験はゲーム開発におけるプロフェッショナルスキルのグローバル標準であるということだ。

認定試験は業界で必要なスキルを基準に作られているので、認定取得者は単なるUnityオペレータではなくゲームデザインや業界に関する基礎知識を持ち、現場で活躍出来るだけのポテンシャルを持った存在として認められる内容になっているという。

<Unity認定試験内容>

試験時間:90分

問題数 : 100問

合格基準:正答数が70%以上

出題形式:選択問題・マッチング問題・カーソル問題

試験価格:2万4千円(消費税別途)

試験合格対策講座概要

VRアカデミーではいち早くUnity認定試験の問題を分析し、問題の傾向や出題範囲、そして学習方法などをまとめた対策講座を実施するということだ。

『Unityを使った開発は経験があるけど、ゲーム業界の知識や用語は知らない。』

といった人はまず認定試験対策講座を受けてから試験に挑むのをおススメするとのことである。

【日時】

<第1回>

【対策講座】2017年10月 7日(土) 10:00~12:00

【認定試験】2017年10月14日(土) 9:00~12:00

<第2回>

【対策講座】2017年10月21日(土)10:00~12:00

【認定試験】2017年10月28日(土) 9:00~12:00

【定員】各回30名

【講座受講料】1,000円(税抜)

【Unity認定試験料】24,000円(税抜)

【オンライン教材】認定試験コースウェア(希望者のみ,、Unity公式オンライン教材):18,000円(税抜)

【申込方法】詳しくはWEBサイトにて⇒https://vracademy.jp/unity.html

【支払方法】Peatixにて⇒http://unitycertification1.peatix.com/

【試験会場】VRプロフェッショナルアカデミー・お茶の水校

※会場は、変更する場合あり。

イメージ

※VRプロフェッショナルアカデミーは、Unity社公認のトレーニングセンターである。

© Unity Technologies Japan

【こんな方にオススメです(リリース原文まま)】

◆自分のUnityの技術を証明するために

Unity認定試験合格者にはダウンロード可能な電子証明書が発行されます。

それでご自身のUnityスキルを証明する証書を手にすることが出来ます。

◆コンテンツ開発企業に就職したい方

ゲーム開発会社を含め、今では多くの企業がUnityを利用しています。

Unityの技術力を証明出来る資格を取得すれば憧れの企業への道が開けます。

◆ゲーム以外の分野の開発者の方にも

Unityはゲーム以外の分野にも幅広く使われています。

VRコンテンツ制作、スマホアプリの開発、CGアニメーションの作成など、より速くよりクオリティの高いコンテンツを制作するための強力なツールとして世界レベルで普及が加速しています。

認定試験コースウェアについて

認定試験コースウェアとはUnity認定試験のための公式オンライン学習教材である。

コースウェアは試験で出題される20のトピックに分かれ、14時間のビデオとゲームのプロジェクトで構成されているとのことだ。

それらは効率的にUnityを学べるよう設計されているということで、コースウェアは日本語で作成されているということである。

イメージ

© Unity Technologies Japan

​Unityとは?

ロゴ

​Unityとは、世界100万人以上の開発者が利用しているマルチプラットフォーム対応のゲームエンジンである。

Unityは、ゲームのみならず、VR/ARコンテンツ開発からスマホアプリ開発などに幅広く利用され、中国からインドまで世界レベルで普及が加速しているということである。

対応機種は、iOS、Android、Windowsアプリ、macOS、Linux、ウェブブラウザ 、PlayStation 4、Xbox 、Wii UそしてVR/AR向けの開発に対応している。

基本のライセンスは無料。Unity Assetストアには3Dモデル、テクスチャ、マテリアル、音楽、効果音等4,400以上のアセットパッケージがあるのも大きな魅力の1つであるということだ。

イメージ

会社概要

商 号:株式会社VRデザイン研究所

代表者:代表取締役所長 勝野明彦

所在地:〒153-0051東京都目黒区上目黒1丁目26-1

設 立:2003年8月

資本金:11,000,000円

【主事業】

1. VRエンジニアの人材育成事業・・・・VRプロフェッショナルアカデミー

2. VRコンテンツの受託開発・・・・・・VRエクスペリエンスラボ

3. VR企業向け研究会の企画・運営・・・VRビジネスフォーラム

4. VRイベントの企画・運営・・・・・・VRコンテンツフェス

URL:https://vracademy.jp/

参照元:ニュースリリース

     

     

integralkk


【VR Inside】日本ニュース担当