VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】映像制作の作業効率化に貢献するARアプリ「Blocker」がリリース! 他

2017/09/27 11:55

    忙しいあなたのために、9月26日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

    最も読まれていた記事は、映像制作の作業効率化に貢献するARアプリ「Blocker」がリリースされた情報を報じた記事でした。

    ニュースの詳細が気になる方は、記事の詳細をクリックして記事をチェックしてください。

    映像制作の作業効率化に貢献するARアプリ「Blocker」がリリース!


    ARやMRの開発を専門的におこなっている企業AfterNowは、映画製作者の作業サポートを目的としたARアプリ「Blocker」をリリースした。

    「Blocker」を使うことで、スマートフォンを通じて現実空間をAR空間として取り込み、空間上に3Dモデルを自在に配置することなどが可能だ。

    この記事の詳細はコチラから

    【2位】PS StoreにてPSVR専用「JAPAN Studio VR音楽祭」会員向けに先行配信!通常配信情報も

    VR

    PS Storeにて9月20日(水)にPSVR専用コンテンツ「JAPAN Studio VR音楽祭」がPlayStation®Plus会員向けに2017年9月20日(水)~2017年10月19日(木)の期間で先行配信されている。

    通常の配信は2017年10月20日(金)が予定されている。

    この記事の詳細はコチラから

    【3位】手軽かつ高精度な測定が可能!ARメジャーアプリ「PLNAR」がリリース


    SmartPictureは2017年9月23日、スマートフォンのAR機能による住宅環境の測定を可能にするアプリ「PLNAR」をリリースした。

    ユーザーはスマートフォンの画面上で、バーチャルなメジャーを使うことにより部屋の各箇所のサイズを調べることが可能となる。

    この記事の詳細はコチラから

    【4位】ソニックムーブが身長など水平面以外でも長さを測定可能なARアプリ「measuAR」をリリース

    「measuAR(メジャー)」利用イメージ株式会社ソニックムーブは、Apple「ARKit」で開発した2点間の長さが測定できるアプリ「measuAR(メジャー)」の配信を2017年9月20日よりApp Storeで開始した。

    「measuAR(メジャー)」は、「手元に定規が無いけれど、対象物の長さが知りたい」といったシーンで活用できるiOS専用アプリケーションだ。

    この記事の詳細はコチラから

    【5位】モバイル版Google ChromeにDaydreamユーザのためのVRブラウジング機能が追加

    Daydream View

    Daydream Viewを用いたウェブの閲覧が容易になる

    Google Chrome、Firefox、Operaといったメジャーなブラウザはいずれもウェブブラウザ上で実行可能なVRプラットフォームWebVRへの対応や、VRヘッドセットを使うユーザへの対応を行っている。Googleがモバイル版のChromeにVRでのウェブ閲覧機能を追加しようとしていることも、昨年から知られている。

    この記事の詳細はコチラから

    総括

    日本でもARKitアプリがどんどんとリリースされております。
    さらに、ゲームなどではなく便利系と呼ばれそうなジャンルアプリに関しては、先行者配信が進み始めて入る傾向にあります。
    昨日ですが、海外企業がARメジャーアプリ「PLNAR」のリリースをした記事が報じられました。
    同日に日本でもソニックムーブ社が身長など水平面以外でも長さを測定可能なARアプリ「measuAR」のリリースを行いました。
    どちらもいわゆる測定するメジャーがいらなくなるARアプリになります。

    ARKitなどで便利になるものはある程度想定でき、利用シーンから逆算して準備されるかと思います。
    そこに関しては、万国共通なので、先行して世界に向けて配信していく事で、そのジャンルのNo.1を獲得できる可能性がある新しいマーケット市場であると言うことになります。

    ゲームなどは既存ゲームや新規ゲーム共に、独自の面白さや世界観がありHITにつながっていきますが、非エンタメ(AR)に関しては、日々の生活環境に密着した考え方から考案すれば、このレッドオーシャンなスマホアプリ業界でも戦える可能性があるのではないでしょうか?
    もちろん、星の数程あるアプリの中からユーザーに見つけてもらうのはハードルは高く、まず使ってもらえるようプロモーション戦略も重要にはなると思います。

    ただ、新しい機能を利用してユーザーが困っている事、不便に思っている事を唯一解決できる事ができるなら、それは自然派生で浸透する可能性はあると考えます。

    今後、Apple「ARKit」/Google「ARCore」をどう捉えるか・・・各企業の動向は追って行きたいと思います。
    関連記事:どうなるARビジネス!話題のApple「ARKit」とGoogle「ARCore」コンテンツまとめて紹介


    いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

    「VRニュース一気読み!」は、毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。

    アバター


    モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

    最新ニュースを読む