VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】 魔法をこの手で放つ感覚を味わえるVRアクション・アドベンチャー「The Wizards」が傑作! 他

2017/08/14 12:00

忙しいあなたのために、昨日(8月13日)の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「今週のVRニュース一気読み!」

昨日は注目の新作VRゲームのプレイレビューが人気でした。

ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

今週のTOP5記事はコチラ

1位:魔法をこの手で放つ感覚を味わえるVRアクション・アドベンチャー「The Wizards」が傑作!

魔法をこの手で放つ感覚を味わえるVRアクション・アドベンチャー「The Wizards」が傑作!

7月29日にリリースされた、魔法使いとなり、ハンドコントローラーのジェスチャーで呪文を唱えるのが楽しいアクション・アドベンチャー「The Wizards(ザ・ウィザーズ)」が滅法面白い。

価格は2,249円。

中世ヨーロッパを彷彿とさせるファンタジーな世界観、美麗グラフィック、VR酔いが極めて起こりづらいポイント移動など、アーリーアクセス版ながら注目すべき作品だ。

Carbon Studioが制作するアクションアドベンチャー。Oculus StoreとSteamにてダウンロード可能でHTC VIVEとOculus Riftに対応。

主人公は魔法使いとなってモーションコントローラーを駆使し、強力な魔法を使いながら、怪物の軍団と戦っていく。

ジェスチャー操作で魔法を繰り出す様は、まるで子供の頃、魔法使いになることを夢見ていた時に抱いた幻想が現実になったかのように感じられる。

この記事の詳細はコチラから

2位:VRで涼しい夏を!オススメVRホラーゲーム&ホラーVR動画まとめ

VRで涼しい夏を!オススメVRホラーゲーム&ホラーVR動画まとめ

夏といえば暑いもの!だから、クーラーの効いた部屋で、冷た~い飲み物や食べ物を食べる…なんてのがおいしい季節!

さらに、体の内外だけでなく、心からも涼みたい!という人にオススメなのが、ホラー。

ただ、今年は例年にも増して暑い…。

だからこそ、フツーのホラーではなく、VRによって臨場感が限界まで引き上げられたホラーで急速冷却するというのはどうだろう?

この記事では、あなたを一気にクールダウンさせる、オススメなVRコンテンツをご紹介しよう。

この記事の詳細はコチラから

3位:リアルタイムで会話が出来るVRアイドル「鈴木あんず・白藤環」がコミケで初公開

リアルタイムで会話が出来るVRアイドル「鈴木あんず・白藤環」がコミケで初公開

史上初のバーチャルアイドル事務所「岩本町芸能社」が、リアルタイムで会話が出来るVRアイドル「鈴木あんず(すずき あんず)・白藤環(しらふじ たまき)」をコミックマーケット92にて初公開されました。

岩本町芸能社から初発表されるアイドルは、リアルタイムで会話が出来るVRアイドル「鈴木あんず・白藤環」だ。

二人は2017年8月11日(金)、8月12日(土)、8月13日(日)の三日間で行われるコミックマーケット92にて初公開されたアイドルデビューを目指す女子高生。

当日はVRが用意され、ファンと一対一になる世界の中でリアルタイムでお話できる時間が設けられるとのこと。

この記事の詳細はコチラから

4位:ドローンを駆使するデスマッチゲーム「Arena」が登場

ドローンを駆使するデスマッチゲーム「Arena」が登場

バーチャル空間でドローンを操縦するゲーム「Arena」がSurreal Gamesよりリリースされた。

本作はドローンを駆使してしてデスマッチ戦をプレイするゲームで、シングル・マルチプレイ両方に対応している他、ドローンのカスタマイズ機能が使用できる。

「Arena」では、プレイヤーはバーチャル空間でドローンを駆使してデスマッチ戦を戦うアクション/シミュレーションゲームで、ジャングルや森林などを舞台にしたアリーナでプレイする。

本作を製作したSurreal Gamesはこれまでにもドローンをテーマにしたゲーム「Drone Fighters」をリリースしており、「Arena」でカスタマイズしたドローンやプレイヤーのアバターは、そのまま「Drone Fighers」で流用することもできる。

また、本作はクロスプラットフォームに対応しており、PCでのプレイやHTC Vive、Oculus Riftを使用するプレイヤー同士でも問題なくプレイできる。

この記事の詳細はコチラから

5位:米陸軍、ARを活用した訓練方法を開発中

米陸軍、ARを活用した訓練方法を開発中

現在、米国陸軍は兵士の訓練システムにARを含めたバーチャル技術を取り入れた訓練システムを開発している。

「STE」と呼ばれる訓練システムは、バーチャル技術を用いることによって従来の訓練方法に大幅なコストカットをもたらし、かつ様々な場所で手軽に使用できるなど、兵士の効率的な訓練においてメリットをもたらすものだ。

STE(Synthetic Training Enviroment)とは、米軍が現在実験を行なっている訓練方法で、これはゲーミングやAR(拡張現実)、クラウドでのデータのやりとりなどの最新技術を活用して、できるだけ実際の環境に近い状況をバーチャルに再現して、兵士の訓練に取り入れるものだ。

STEはおもに都市部での戦闘訓練に用いられ、複数の部隊による共同作戦などの複雑な状況をバーチャルでシミュレートすることができる。

この記事の詳細はコチラから


「昨日のVRニュース一気読み!」は毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。

VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む