VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > WiFi6が遂に登場!次世代WiFiでVRはどうなる?

WiFi6が遂に登場!次世代WiFiでVRはどうなる?

2019年に開催された世界最大級の家電見本市CES2019では新しい無線LAN規格に注目が集まり、同年9月には「WiFi6」として正式にスタートしました。

多数接続・大容量・高速化を実現したWiFi6は「WiFi20年の歴史の中で最大の進歩」とされ、私たちの生活を大きく変えると言われています。

2020年には本格的に対応機器が登場し各分野からますます注目が集まっているWiFi6。

ここではWiFi6とは何か、どのように私たちの生活を変えるのか、VR体験にどのような影響を与えるかについてご紹介していきます。


次世代WiFi「WiFi6」とは?

「WiFi6」は無線LAN規格の「IEEE 802.11ax」のことです。

そのままだとわかりにくいことから、業界団体のWi-Fi Allianceが、一般消費者向けにもイメージしやすくするために第6世代のWiFi規格を意味する「WiFi6」という呼び方を正式に採用しました。

それに伴うかたちで過去の規格名も

IEEE 802.11nがWiFi4

IEEE 802.11acがWiFi5

と改められました。

WiFi6と混同されやすいものに「5G」がありますが、WiFi6はインターネットとデバイスを接続する無線LANの新しい規格であるのに対し、

5Gは携帯電話やスマホなどのモバイル通信で用いられる次世代通信の規格であるという違いがあります。

ただし、WiFi6と5Gはまったく関係ないというものではなく、主に

屋外ネットワークは5G中心になり、

屋内ネットワークはWiFi6中心になる

というようなお互いを補完する関係になるとされています。

WiFi6は今までのWiFiどう違う?

これまでのWiFi5では5GHzの周波数帯しか使っていないのに対して、WiFi6では2.4GHz・5GHzの2つの周波数を使うことができるという違いがあります。

それ以外にも、WiFi6にはこれまでのWiFiと比べて

・超高速・大容量
・多数接続
・省電力化

という特徴的な違いがあります。

通信が大幅スピードアップ

WiFi5は理論上の最高速度が6.9Gbpsと言われていましたが、WiFi6では9.6Gbpsとなり約1.4倍速くなっています。

また、データ転送量に関してもWiFi5の800Mbpsに対して、WiFi6では1Gbps以上とされ1.2倍以上の転送量です。

このように、WiFi6ではこれまでよりも大容量のデータも高速で通信できるようになります。

多数のデバイスに接続できる

WiFi6では、複数のデバイスが同時に接続しても通信を高速で安定してできるように設計されています。

2.4GHz帯と5GHz帯を最大限活用できるように、1つのチャネルを複数のユーザーに分割して割り当てるOFDMA(直交周波数分割多重方式)という技術を使っているので、干渉が少なくスムーズに通信ができます。

また、電波干渉が起きないようデバイスごとに異なる複数の信号波をビームフォーミングで送信するMU-MIMO(マルチ・ユーザー・マイモ)技術によって、複数のデバイスと同時に通信を行うことが可能です。

*MIMO:複数のアンテナを使って通信を高速化する技術。

そのため、WiFi5では4台だった最大接続数がWiFi6では8台にまで増えています。

・接続するデバイスの省エネ化ができる

WiFi6では接続するデバイスの消費電力を抑えるために、「ターゲット・ウェイク・タイム(TWT)」という新技術が追加されています。

TWTはデバイスと通信を行うタイミングを調整し必要な時だけ通信することで、デバイスのバッテリー消費を軽減する技術です。

バッテリーを長持ちさせ、省エネになると期待されています。



WiFi6によって私達の生活はどう変わる?

では、WiFi6によって私たちの生活はどのように変わるのでしょうか?

わかりやすいところでは、WiFi6が通信の大容量・高速化を特徴とするため、4K・8Kの動画をストリーミングでもサクサク視聴できたり、オンラインゲームをラグ無くプレイできるようになるとされています。

そのほか、WiFi6が私たちの生活に及ぼす変化には以下のようなものが挙げられています。

IoT(モノのインターネット)化が進む

WiFi6によって大きく進むとされているのが、色々なものがインターネットに接続しモノ同士で情報の交換を行うIoTです。

多くのデバイスを同時に多数接続することができるWiFi6は、特にスマートスピーカー、スマート家電やセキュリティカメラを中心とするスマートハウスの展開に大きな役割を果たすと言われています。。

また、家以外でもオートメーション化が進む製造業やIT化が進んでいる医療現場などが、WiFi6の多数同時接続・高速通信の活用が期待されています。

公共の場所でも安定した接続

カフェや駅など混雑した場所でWiFiに接続すると、接続が遅かったり、途切れたりとイライラする経験があるのではないでしょうか。

しかし、WiFi6なら混み合った場所でも安定してスムーズに接続されるので、イライラを感じることがなくなります。

現在日本では公共のフリーWiFiの整備が遅れていることが指摘されていますが、WiFi6の登場で公共スペースでもWiFi環境が良くなっていくと予想されています。

WiFi6によってVRはより快適に?

WiFi6の活用が特に期待されるのがVRです。

大容量・高速通信ができるためVRストリーミングをタイムラグなしに楽しむことができるようになると思われます。

そのため、動画やゲームをより楽しめるようになるだけでなく、VRソーシャルで他の人とコミュニケーションを円滑に取れるようになるのではないでしょうか。

また、現在ではVR動画をストリーミング視聴しているときに別のデバイスで動画を見ている人がいる場合すぐにVR動画が止まってしまいますが、

多数同時接続に向いているWiFi6を利用することで、より快適に家庭でVRコンテンツを視聴することができるようになると思われます。

また、大人数に向けてVRを使ったプレゼンテーションがやりやすくなるため、家庭だけでなくビジネスや教育現場でもVR利用が促進されていくことも考えられます。

まとめ

新たに登場したWiFi6によって大量のデータのやり取りができるようになると言われています。

様々な分野での活用が期待されており、特に注目されているのがIoT分野でスマートハウスのコンセプトが一気に普及していくのではないかと見られています。

もちろん、大容量データを扱うVRやARもこれまで以上に利用しやすくなるはずです。

5Gが本格スタートする2020年は通信の高速化・大容量化が一気に進むと言われているので、VR/ARにとっても普及に向けた転機の年になるのではないでしょうか。

関連記事:5GでVRがより快適に!?5GがもたらすVRへの恩恵とは?








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む